大聴くなってきたお腹を見ると最近まで不妊治療

March 01 [Wed], 2017, 22:20
大聴くなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。



結婚して3年目くらいまでは、タイミングがわかるよう基礎体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)アプリを使ってみましたが、出来ない時は出来ないのだと感じました。


義妹や姉のところにコドモができると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。
産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに二周期ほどで妊娠できました。


病院に根拠のない抵抗感を持っていたのはミスでした。



もっと早く来たかったですね。私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けについてママ友から教えて貰い、本で詳細を知りました。一人目に男の子を産んでいたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分け法を実践しました。

妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。
主人も待望の女の子という事で大喜びでした。



卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、オナカの中で体の器官を創り上げていくのですが、この時に葉酸が大変重要な働きをするのですね。
今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。ですから、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。


しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに一体どの成分に注目すればよいのか分からないでしょうね。

そうした場合、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、サプリを選んでみて下さい。

粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選択すれば安全です。
二人目が欲しかったのですが、中々授からないので産婦人科に行きました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、とりあえず自分のみで、タイミング療法に取り組みました。1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、そう簡単には妊娠できず、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(まあまあ高いらしいです)。幸い、それからしばらくしたら、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。

様々な食品に「葉酸」はふくまれていますよね。果物に限った話では、代表的なものにイチゴやライチがあると知られていますね。


または、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多くふくまれています。


元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。


簡単に葉酸を摂取したい場合は、オレンジジュースを飲むのも良いと思います。妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。実際にはそのような事はありません。

胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目してた場合、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大変重要な期間という事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。

普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。


こうしたお茶の特性は、カフェインゼロだという事です。


ですから妊娠する可能性の高い女性にとっても、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにちょうどだと言えますね。

特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になるという話ですから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにして下さい。友達と話していたら、葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。友達はベルタから出ているサプリが良いんじゃないかと考えているようでした。



葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いとテレビで見たことがありましたから、妊活中の彼女に勧めておきました。友達には悲しんでほしくないですし、ゲンキで健康的な赤ちゃんを授かって欲しいと願っています。妊娠する前の段階で葉酸を適切に摂取した方が良いと雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。どうやら、葉酸は赤ちゃんが大聴くなるために重要な成分らしいです。


妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。
野菜を十分に摂れない時は、サプリを使うのも良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。
調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。安全性が高くて自分に適したサプリを見つけて、妊活を続けていきたいと思っています。

葉酸が多くふくまれている野菜についてですが、モロヘイヤ・コマツナ・菜の花といった青菜系の葉菜が多いみたいです。赤ちゃんを授かったアト、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するそうです。

十分な葉酸摂取のために、毎日数多くの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆や貝類を食べるのを勧めたいものです。葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事で摂る事です。



葉酸が多くふくまれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花やコマツナなどにも多くふくまれています。
あるいは枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。



このように葉酸を多くふくむ食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは難しいと言う事もあるでしょう。特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。

そうした時にはサプリを飲向こともミスではありません。サプリなんて、と感じる方も居るかも知れませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に摂取できます。

妊娠を計画している、妊活中の方にとって、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。
葉酸の成分には、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することができるのです。
それに、胎児の正常な細胞分裂に働聴かけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。

他には、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。



赤ちゃんを望む夫婦どちらにも是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、男性側にも実践していただきたい妊活があります。


それが葉酸の摂取です。ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体にあるばかりでなく、意外にも男性にあるというケースもあるわけです。中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を作るという働きがあります。



そのため、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてちょうだい。

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は必要不可欠な栄養素であることはミスありません。

では、もし葉酸が不足してしまった場合、どのようなリスクがあるんでしょうか。

葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。
これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害を発症する要因になると報告されています。また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を心がけてちょうだい。



流産を経験しています。


ずっと欲しかったコドモでしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、1年くらい経ってやっぱりコドモが欲しいと思い、妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。

妊娠に適した体になるように、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動を始めてみました。

大変な時もありましたが、新陳代謝が上がっ立ために、基礎体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)を上げることができ、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rina
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる