感情という名の体 

2004年12月04日(土) 7時15分

人間の脳には大きく別けて〔右脳〕と〔左脳〕と称されるものがある

最近異様にその〔脳〕と名乗るモノを不思議に思うことが多い

…潜在意識…

それは何処に存在するんだろう

人は潜在意識の元に無意識に行動することが多いと思う

それは記憶の延長線上なのか

…記憶のリファレンスか…

定説が無いと言う事が生きる意味と死ぬ意味を与えてくれているのだろけど

じゃあ〔心〕って何ぞや

喜怒哀楽…その度に心は反応する

…興奮すれば心臓の鼓動は激しくなる…

医学的には説明はつくだろうケドさぁ一つだけ解らない事があるのよね

胸が…心が…息が

詰まりそうになる事って誰しもが経験してるけど

そんな〔感情〕や〔痛み〕は何ぞや

心の風邪には脳に作用するワクチンが投与される

…結局は…

人間って基本的にはブラウンだけで成り立っているマネキンなのでしょうか

そんなのはやだなって最近思うのは僕だけだろうか

やっぱり人間というマネキンならば全てのパーツがそろってるんだから

そして〔感情〕を全ての〔パーツ〕から感じたい

最近は〔感情〕は〔脳〕にあるといわれてるけどさ

僕は頭のつむじのてっぺんから足の親指の爪までの

全てにそれぞれの感情が存在すると感じる

実際にこの文章は〔脳〕で思考し書かれているのだろうケド

この十本の指の〔感情〕から生まれてる〔言葉〕があるって思うな

コミニケーションノカタチ 

2004年11月23日(火) 4時36分

(。_ _。)久々のRYO日記の執筆でごじゃります(。_ _。)

NETの世界って僕の主観だけど…リアルに近い事もあるけど

…決定的に違うことがあると思う…

表面的な事よりも精神的な繋がりが〔先に強くなる〕って事だと思う

…だから…

いろいろな人と仲良くなって出遭う事の嬉しさをノンリアルで感じ

いろにろな人と些細なことで別れてしまう苦しさをリアルで感じる

これって結構辛い別れだなーって思う

過去に大事な人を失った時…数ヶ月間イヤ今でもソイツを思う

ソンナコンナのNETの世界

今まで文字だけの世界が多かったけど今では便利な音声ツールもある

…でもね…

やっぱりこの二つの世界は共存は出来ないと思います

〜いつだったかな〜

NETで文字という派生で喧嘩して…僕の今一番大切な人

そんな相手と文字で誤解に誤解を重ね相手を苦しめちゃった

でも其の後お互いに電話をしました

最初は上手くお互いの気持ちを僕が変な意地をはってしまい通じ合えなかったけど

やっぱさぁ…今の時代

NETでナイスなツールはあれども…生の声を聴いて言葉で話し合う事で

一歩お互いに近づく事が出来て心も苦しまなくて前進できると思いました

かといってNETのすべてのコミニケーションツールを否定してるわけではありません

離れていても声を聴ける時代に生きる僕たち
離れていたら声を聴けなかった過去に生きた人達

其の時代其の時代で きっと 最良の人と人との繋がりはあるはず

僕たちは ソンナ 時代に 落ちている

〔コミニケーションをジョウズニ使って生きていきたいな〕



(^^本日より藍色蝶々の二人は長崎に行ってまいります^^)

涙腺の蓋を開けましょう 

2004年11月12日(金) 18時22分

お久しぶりです…RYOで御座います

このHPをご覧になって下さってる中にはご存知の方も居るかもしれません

僕はPNこそ違いますがコラム集に近いエッセイ本を出す事になっています

誰しもが思っていることだけどうまく言葉にできない事ってあると思う

誰しもが言葉にしているけどうまく心で整理できない事ってあると思う

…そんな些細な事をまとめた本を出版する事になったわけです…
(詳細は逐一この場を借りてご報告できればと思います)

この本の出版に際しては一年ほど前から七女にも手伝ってもらいました

表紙の写真等は有名なKINGさんの写真を使わせて頂く予定です

先週もラフ稿を七女に見せてその直観力で感想を聞かせてもらったり

…そんな原稿の一部…

↓こういうくだりがあるのです↓

〔涙は流すもんじゃないでしょ・涙は自然に流れちゃうもんだよ〕

何故この様な宣伝まがいな事を書いたかと言うと

(^^;ゞ昨日RYOはこの一文通りになっちまったわけですよ(^^;ゞ

色々な事が色々なベクトルから心に突き刺さって多分そうとう一人で

もがいて もがいて もがいて

…苦しかったんでしょう…

何が苦しみの原因かなんて分かりません

些細な悩みです

…だけど…

人の悩みは比べちゃいけないと思ってるから逆に誰にも言えずにいた感じ

…そんな中…

事務所のAMPで傍観者のKちゃんと九州のロケスケの打ち合わせ中に

…ある人から電話があったのです…

何をしてくれた訳でもないんだけど声聴いた瞬間に号泣

〔男は泣くな…女の前で泣くな〕

そんなの嘘っぱちの意地だって気がついた感じです

相手も慰めようとしてるわけでもなく…すごく不思議な温度感でした

誰からの電話で女々しいRYOが泣いたか察しがついた人は

…答えを電脳板の方へ書き込んでください…

w〔正解者には藍色サイン入りステッカーを差し上げます〕w

すごいまとめになるけど…これなら藍色蝶々はマジで

改めていい音を産み落とせそうな気がしました

んでさぁ…さなぎになって…孵化して

^^CDという名の羽をはばたかせて皆さんの所に届きますように^^



(↑男か女か反響が強すぎるんで補足…以前のジャケ写のメイク版の僕↑)

復活の呪文 

2004年11月06日(土) 16時56分

半年間の休養の後…久々に二人は再会

不思議と時の経過を感じる空気は全く無かった

…むしろ…

藍色としてのユニットよりも人間としての繋がり

ソレを強く感じました

〔コレならもう一度藍色がやれる〕

^^そう確信しました^^

っちゅう事で心も体も洗浄されたのを機に一つの変化をつけました

wRYO(あ〜るわいおぅ)として出直したりしちゃったり何かしますw

〔日々のコヱ〕で七女が書いてる様に藍色スタジオも改装

12個のスピーカーに沢山の楽器やエフェクターやミキサーやマイク

プラス

〔5万5千円のヘッドフォンを配線〕

〜さあ行こう何処までも〜よりよい藍色を目指して〜

^^そんなコンナで今月末には曲のヒントを探しに長崎に行ってきます^^

〔w大好きな飛行機君達が見れるだけでなくソレに乗るのですw〕

実はぶっちゃけるとOO事変の刃田君並に飛行機好きなRYOです

…フライトシュミレーターをこよなく愛す音楽好きであります…

最後にわめきたい事が一つ

七女から借りたテレキャスで東京事変の遭難を耳コピしようとした瞬間

!!…5万5千円のヘッドフォンのジャックが曲がりました…!!

(TωT)(TωT)(TωT)(TωT)(TωT)(TωT)

^^そんなRYOと七女の藍色蝶々の再出発を温かく見守って頂きたい^^

〔行き着く先は何処だろう〕


(↑^^FSは面白かっさ…みんなやってみんば^^↑)
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nrcontrol
読者になる
Yapme!一覧
読者になる