プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nrabsmuyhkvghn
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
デル、世界市場におけるPC出荷台数で第2位の座を回復 / 2010年07月16日(金)
 米国Dellは、今年第2四半期の世界PC市場で、台湾のAcerを抜いて出荷台数第2位の座を回復した。これは、米国の調査会社IDCが7月14日に発表したもので、企業向けPCの販売が伸びているためとされている。

 IDCの調査アナリスト、ジェイ・チョウ(Jay Chou)氏によると、Acerはコンシューマー向けノートPCとネットブックの需要が堅調だった昨年第3四半期にDellを抜いて世界第2位となったが、Dellは企業向けPCの需要が拡大し、アジア太平洋およびラテンアメリカ地域での出荷台数が伸びたことなどから、今度はDellがAcerを抜き返したという。

 ただし、チョウ氏は、Dellが短期間で2位の座を明け渡す可能性もあると指摘している。Acerは、今年第2四半期に在庫面で問題を抱えていたが、夏が終わって新学期が始まり、その後年末商戦に突入すれば、コンシューマー向けノートPCに対する需要が戻り、再びDellを抜き返す可能性もあるからだ。

 一方、Dellの会長兼CEO、マイケル・デル(Michael Dell)氏は今年6月末、景気後退期に停滞していたPC製品ラインの刷新に着手する意向を示している。

 IDCによると、今年第2四半期の世界市場におけるPCの出荷台数は、8,150万台であり、2009年第2四半期に比べ22.4%増加したという。

 今年第2四半期の出荷台数が最も多かったのは、1,480万台の米国Hewlett-Packard(HP)で、前年同期と比べた出荷台数の伸び率は12.2%、市場シェアは18.1%だった。

 Dellの出荷台数は、1,060万台であり、前年同期と比べた伸び率は19.1%、市場シェアは13%だった。Acerの出荷台数は、Dellをわずかに下回る1,024万台で、市場シェアは12.6%だった。

 第2四半期に出荷台数を大きく伸ばしたのは中国Lenovoで、前年同期比47.3%アップの834万台で4位となり、市場シェアは10.2%となった。以下、日本の東芝と台湾のASUSTeK Computerが続いている。

(Agam Shah/IDG News Serviceニューヨーク支局)

【7月15日16時10分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100715-00000004-cwj-sci
 
   
Posted at 03:48/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!