金融機関や社債などを発行する企業

January 02 [Thu], 2014, 9:06
一般的に金融機関の格付け(信用格付け)とは→格付機関によって金融機関や社債などを発行する企業などについて、真の債務の支払能力などを一定の基準に基づき評価しているということ。
金融庁の管轄下にある日本証券業協会、ここでは協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の有価証券(株券など)の取引(売買等)を公正、さらには円滑にし、金融商品取引業が健全なますますの発展を図り、投資者を守ることを協会の目的としている。
結論として、第二種(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が新たにファンドを発売し、運営するには、本当に想像できないほど量の、業者が「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が事細かに規定されているのだ。
聞きなれたバンクという単語は実という単語はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉に由来すると言われている。ヨーロッパ最古とされている銀行。西暦1400年頃(日本は室町時代)に富にあふれていたジェノヴァで誕生し、政治的にも重要だったサン・ジョルジョ銀行というのが定説。
「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月11日、日本振興銀行が破綻(民事再生手続開始)せざるを得なくなった。この破綻の影響で、これまで発動したことのないペイオフ(預金保護)が発動することになった。これにより3%(全預金者に対する割合)程度とはいうものの数千人を超える預金者が、適用対象になったとみられている。
ポイント。株式とは?⇒社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、出資を受けても企業は当該株主への出資金等の返済の義務は発生しないから注意を。かつ、株式は売却によって換金するものである。
【用語】FX:証拠金をもとに外国の通貨を売買して補償金の何倍もの利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引である。ほかの外貨預金や外貨MMFと比較してみても利回りが良く、また手数料等も安いというのがポイントである。FXをはじめたい人は証券会社またはFX会社へ。
覚えておこう、外貨預金はどんな仕組み?銀行で扱うことができる資金運用商品。日本円以外で預金をする商品。為替レートの変動によって発生する利益を得られる可能性があるが、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。
多くの自社株を公開している上場企業の場合は、企業の運営のためのものとして、株式だけではなく、さらに社債も発行するもの。株式と社債の最大の違いとは、返済義務に関することなのである。
重い言葉「銀行の運営がどうなるかはその銀行に信頼があってうまくいくか、そうでなければ融資するほど値打ちがない銀行だと理解されて失敗する、二つに一つだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
知っておきたい用語であるFXは、最近利用者が多い、外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引です。外貨預金または外貨MMFなどに並べても利回りが高いうえ、手数料等も安いのが魅力である。始めるには証券会社やFX会社で相談を。
【解説】FX:証拠金をもとに外国の通貨をインターネットなどを利用して売買した差額によって利益を出す比較的はじめやすい取引。FXはほかの外貨取引(外貨預金や外貨MMFなど)よりも利回りが高く、また手数料等も安いのが魅力である。FXに興味があれば証券会社またはFX会社へどうぞ。
いわゆる外貨両替について。海外を旅行するときであったり手元に外貨が必要な、そんなときに利用することが多い。ここ数年、日本円に不安を感じているのか、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
最近では日本の金融・資本市場の競争力等を強化する為に行われる規制緩和のほか、金融システムの更なる質的向上を目標にした取組や業務を積極的にすすめる等、市場環境や規制環境に関する整備が推進されています。
きちんと理解が必要。株式の内容⇒債権ではなく出資証券(有価証券)なので、企業は出資されても法律上は出資した者への返済に関する義務は発生しないとされているのだ。それから、株式は売却によって換金するものである。

金融庁の管轄下にある日本証券業協会
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nqjxmpku
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nqjxmpku/index1_0.rdf