TOEICの子供版

August 31 [Sat], 2013, 13:36
TOEICの子供版「JET」は、TOEICに準ずる英語検定試験であるとは言え、対象が子供であることからテスト構成やその判定についてもそれに合わせた工夫がなされています。
その大きな特徴は、テストレベルを5段階に分け各2級ずつの合否判定がなされるということ。
スコアによる評価のみで合否の判定がないTOEICとの大きな違いはここです。

詳しく説明しましょう。
まず最も難易度の低い「Starter」は、日常生活のごく基本的な英単語を聞き取って理解できるかどうかが判定されます。
10級合格は50点以上、9級合格は80点以上が条件となります。
「Starter Plus」は、日常生活で使われる簡単な文章を聞き取ってりかいできるかどうかが判定されます。
これも50点以上で8級合格、80点以上で7級合格となります。

「Basic」は基本的な語彙で構成された短文会話を聞き、また読んで理解できるかどうかが判定されます。
105点以上で6級合格、145点以上で5級合格です。
「Intermediate」は簡単な対話を聞いて理解できること、また多様なテーマの短文を読んで理解できることが求められます。
105点以上で4級、145点以上で3級合格となります。

最も難易度の高いのが「Advanced」で、日常生活で使われる様々な会話を理解し、多様なテーマの長文を読んで主旨を理解することができなければなりません。
105点以上で2級合格、145点以上で1級合格です。
このレベルはTOEIC Bridgeのスコア110〜130レベルに相当します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:やまとw3x9
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nq33eys8/index1_0.rdf