なぜか出生届けで涙がこぼれた

April 13 [Sun], 2014, 17:19
日本では昔から、赤ちゃんが生まれてからその健やかな成長を願って行う祝い事がいくつかあります。
出生届は赤ちゃんが生まれてから14日以内に届けることと定められていますが、出産育児一時金の手続きには、必要な書類を整えるために種算する病院の証明なども必要になるので、妊娠8ヶ月くらいを目処に申請書を用意しておきます。
そのほかに届出人の印鑑と身分証明書があれば、手続きは完了します。
そして会社でさらに必要事項を記入して社会保険事務所で手続きを行ないます。
大切に保存しやすいように色紙や掛け軸になったものも市販されており、利用する人が多いようです。
提出にあたっては健康手帳や印鑑、国民健康保険に加入している場合には保険証も必要です。
出生届けナビとしても届出をする前に、自分が住んでいる地域の情報を調べておきたいところです。
これは婚姻関係がない間柄で生まれた子どもであるという意味であり、法律上はお父さんとの親子関係がないということになります。
本来内祝いとは、内輪の親しい人たちでお祝いすることを言います。
身近な緑を増やして「みどり」を大切にする心を育てたいという願いから、このプレゼントが選ばれているのです。
それまでに、子どもの名前を正式に決めなければならないということになります。
お宮参りでは父方の祖母が華やかなお祝い着をつけた子どもを抱っこし、両親はその後についてお参りをすることが通常です。
あらかじめ、最寄りに産婦人科があるかどうかは確認しておく必要があります。
出生届けを探求するブログ
出生届けあるある?
出生届けThinking
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nq0yjouu
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nq0yjouu/index1_0.rdf