吉野の東錦

May 17 [Tue], 2016, 18:02
日本人の3大死因の1つでもある心筋梗塞は…。,医者にメタボリックシンドロームとはまだ言われなくても、内臓脂肪が付着する特質の悪質な肥満症になる事によって、いろんな生活習慣病を招く割合が高くなると言われています。決まって横になって片手で頭を支えた姿勢でTVを眺めていたり、机の上で頬杖をついたり、かかとの高い靴などを日常的に履いたりという習慣は、身体の均衡が乱れる元凶になります。吐血と喀血、2つとも口から血を吐くことですが、出血源が異なります。喀血というのは喉から肺へと至る気道(きどう、呼吸器のひとつ)から出血する症状で、吐血は、食道、胃、十二指腸などの上部消化管から血が出る症状を表しているのです。ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの仲間であるスルフォラファンというブロッコリー新芽に多く含まれている有機硫黄化合物が、肝臓の解毒酵素そのものの製造活動を後押ししているみたいだということが判明してきたのです。腰痛症状を引き起こす原因のヘルニアというものは、正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の間に位置して、クッションのような作用をする椎間板(ついかんばん)という名称の層状に重なる構造の柔らかい円形の繊維軟骨が、突き出たものを称しています。脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは、皮脂の多い部位( 脂漏しろう部位)に引き起こされる発疹で、分泌が活発になる要素として、男性ホルモンと女性ホルモンの均衡の崩れ、ビタミンBコンプレックスの不足等が列挙されます。日本人の3大死因の1つでもある心筋梗塞は、冠動脈の中が動脈硬化を起こして血管の中の空間が細くなってしまい、血液の流量が下がり、酸素や大事な栄養を心筋に送ることができず、筋肉細胞が死ぬという危険な病気です。再発しやすいという特徴があるクモ膜下出血(SAH)とは、9割弱が「脳動脈りゅう」という脳の血管が変形してできたコブが、破れてしまうことにより起こってしまう、大変恐ろしい病気だと大多数の人が知っています。現在のオペ室には、御手洗や器械室、準備室を用意し、外科手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を設置するか、はたまた付近にX線用の専門部屋を作るのが通例なのです。音楽会やライブなどがおこなわれる会場やいわゆるディスコ等でお目にかかる特大スピーカーのすぐ近くで、爆音を浴びたせいでキーンという耳鳴りを感じるようになることを「急性音響性障害」と呼ぶそうです。マスクが欠かせない花粉症とは、山の杉やヒノキ、マツ等の大量に舞い飛ぶ花粉が要因となり、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・鼻づまり・鼻みず等の苦しいアレルギー反応を生ずる疾患として認識されています。耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森林のスギやヒノキ、マツ等の木や草の花粉が元凶となり、クシャミ・目の痒み・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水等の酷いアレルギー反応を招く疾患として認識されています。国民病ともいわれる花粉症とは、多く植えられているスギやヒノキ、ブタクサ等の大量に飛散する花粉が因子となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻づまり・鼻みず等の色々なアレルギー反応を誘発する疾患として広く認知されています。ヒトの耳の仕組みは、簡単に言うと「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類のパーツに大別できますが、この中耳のところに様々な細菌やウィルスが侵入して痛みや腫れが起きたり、体液が溜まる症状を中耳炎と称しています。胃液などの逆流によって起こる逆流性食道炎は、食事内容の欧米化、並びに喫煙・アルコールの飲み過ぎ・脂肪過多食摂取による肥満、ストレスなどを理由に、現在日本人に患者が多い疾患だといえます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Fuuma
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nprn1aaecdisok/index1_0.rdf