新保とマミジロ

June 02 [Thu], 2016, 11:23
妊娠した女性にとって胎児の順調な発育のため欠かせない栄養素が「葉酸」でしょう。



「葉」がつくくらいですから、キャベツやレタスなどの葉物野菜にたくさん含まれるというイメージがありますが、本当は果物からもたくさん摂取できるもので、100gのイチゴを食べると、90μgも葉酸を摂れるのです。

葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないためどんな食材に多く含まれているかを知って、日々の食事の中で、欠かさず摂れるようにしましょう。
黒豆茶をご存知ですか?黒豆茶を妊活中に飲むことは賢い選択だと言えるでしょう。なぜかというと、黒豆茶はカフェインが入っていないので、妊活にも安心な飲み物ですし、イソフラボンという黒豆の成分が女性ホルモンに近い働きをするからです。

女性ホルモンは不足しがちな成分で、豊富に分泌されると体や精神のバランス調整に役立ちますから、日々の生活の中であたたかい黒豆茶を飲むようにしましょう。近い将来、妊活を始める女性に勧めたいのが、まず初めに、体の調子を整えて母となる準備をすることですね。


日頃の体の動き方の繰り返しで体の中でも、特に骨盤がゆがみ始めます。



その歪みが不妊の原因となることもあります。不妊やマタニティに関しての整体治療院が多くなってきています。赤ちゃんが安心して過ごせるようにするためにも骨盤矯正を受けてください。不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて造血作用を高める効果があります。

この効果は不妊改善にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすい状態を作り出すことが期待できます。葉酸で血液が増産されると、新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能が正常化して活発になり、不妊治療に役立つのです。

妊娠中の女の人はとにかく葉酸を意識して摂ることが必要です。なるべく自然に食事から栄養が摂れることがベストですよね。
手軽に食べられる果物でいうと、イチゴとかキウイといったものは葉酸が多く含まれているので、普段からできるだけ食べるようにすると良いでしょう。
一体いつの時点で妊活を始めるのが正しいのか考えている女の人もたくさんいるでしょう。大変難しい質問ではありますが、あえて答えるとすれば結婚しているしていないにかかわらず、そのうち出産をしたい女性であれば、いつでも行ってよいものと言えると思います。

一般的には、妊活イコールすぐに妊娠するためのものと思われがちですが、体をより妊娠しやすい状態に近づけるために行う活動を言うのです。

ですから、たとえいつ始めたとしても、早いということはないと思います。葉酸が妊娠初期に不足した場合、胎児の発育が阻害される可能性を高めます。代表的なのは神経管閉鎖障害と言われる先天性異常ですが、そうした神経系の障害を引き起こすことがあって、重篤なケースでは無脳症になり最終的には流産や死産になるのです。
こうした神経系障害を少しでも防ぐために妊娠初期のうちに葉酸を必要とされるだけ摂るように努めましょう。
マカというサプリメントは、特に男性のスタミナアップを目的として使われますが、効果はこれだけではないんです。

妊活中の女性の、血行促進作用があるため、妊娠しやすい体を作るためには有用です。
さらに、乱れがちなホルモンバランスを安定させる作用もあるので、基礎体温も正常な変化を示すようになり、体内環境を改善することに有用であると言えるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kanata
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/npkriein5dwted/index1_0.rdf