象印 NP-WB10の価格情報

March 25 [Wed], 2015, 21:20
いろんなショップで
象印 NP-WB10の価格を見比べて、
どこが最安値なのかを調べてみました。


調べた結果、
本体の色は2色ありますが、
最安値はそれぞれ下記のショップでした。


・NP-WB10-TZ(プライムブラウン)
見てね価格BAMBOO(楽天市場)⇒NP-WB10-TZ 象印 圧力IH炊飯ジャー 極め炊き【送料無料!(沖縄・離島は除く)】

・NP-WB10-WZ(プライムホワイト)
アイウィル イズミヤ(楽天市場)⇒象印 圧力IH炊飯ジャー 極め羽釜(5.5合炊) NP-WB10-WZ【在庫あります!/送料無料(北海道・沖縄・離島は別途500円加算)/極め羽釜/5.5合炊き/内釜3年保証】

どちらも「送料無料」です。


プライムホワイトと
プライムブラウンでは価格に差があって、
ブラウンの方がちょっとだけ安かったです。


本体のカラーは
・プライムホワイト
・プライムブラウン
の2色あって、
プライムブラウンの方が
少しだけ安かったです。


せっかくいろんなショップを見てみたので、
価格の参考用に他のショップも
ご紹介しておきたいと思います。

たとえば通販大手のアマゾンだと、

NP-WB10

という感じになっています。

象印 NP-WB10のレビュー

March 25 [Wed], 2015, 21:50
炊飯器は味が一番重要ですよね。

でも、
実際に試食できるチャンスは
なかなかないですね……。

そこで、
象印 NP-WB10を愛用してる方々の
レビューをご紹介します。


「3年くらい使った、
象印の定価25000円くらいの機種から買換え。

◆炊き上がり
いくつかのメニューを比べてみました。
お米は、新米のコシヒカリです。

『ふつう』
前の炊飯器とは比べ物にならないくらい、
米の白さとモチモチ感が際立っています。
甘みも強く、粒もしっかりしています。

『ややしゃっきり』
『ふつう』より一粒一粒がしっかりしている感じ。
甘さは同じくらい。

『ややもちもち』
『ふつう』より柔らかく、もちもち。
もち米を混ぜて炊いたのに似てるかも。

『もちもち』
かなり、もちもち。

『急速』
なんだか、ぬか臭い感じがしました。


◆保温
保温は40時間できるそうですが、
10時間くらいまでしか試していません。
10時間だと保温特有のニオイも少なかったです。

保温状態から再加熱が出来、
長時間保温を感じない状態になります。


◆使いやすさ
ボタンは上部にあるので、
見下ろせる場所に置くのが良さそう」


購入・詳細はこちらからどうぞ

NP-WB10(楽天市場)

NP-WB10(アマゾン)

象印 NP-WB10のレビュー(Part2)

March 25 [Wed], 2015, 21:50
ひき続き、
象印 NP-WB10のレビューをご紹介します。


「約15年ぶりの買換え。
じっくりと品定めしてこれに決めましたが、
使ってみた感想は
”期待を超えるものではなく、普通”
でした」


「炊き上がりの美味しさには、
とても満足しています。
デザインも高級感があって美しい。
しいて言えば、
炊飯音がちょっとうるさいのと、
消費電力が高いことくらいでしょうか」


ちなみに、電気代については

年間消費電力量:75.7kWh/年
炊飯時消費電力:1360W
1回あたりの炊飯時消費電力量:148Wh
1時間あたりの保温時消費電力量:15.0Wh

となっています。
圧力IHとしては、
普通の数字だと思います。


購入・詳細はこちらからどうぞ

NP-WB10(楽天市場)

NP-WB10(アマゾン)