引っ越しをして一人暮らしをスタートする

February 05 [Fri], 2016, 22:30
引っ越しをして一人暮らしをスタートする場合には、単身用のパックを頼む方が得することが多いです。もしも、サイズの大きい家具や電化製品を新調するのであれば、業者に頼まなくても、引越すことができるかも知れません。また、一人暮らしの女の方だと、引越し後の近所へのあいさつ回りは控えた方が安全だという場合もあります。今回の引越しのときには、住民票の移動は早めに、おこなおうと思っていました。最初に、私が転出届けの手続を役所で行って、主人は転入届を引越しの当日に転入先の役所へ、提出できるように段取りして引越しました。他にも引越しのときにはたくさんのやらなくてはいけないことがあるので忘れないように表に書いておいて、計画的に行っていくことが必要ではと思います。引越し会社に頼まず自力でやってしまうこともあるでしょう。特に、ごく近い距離での引越しだとトラックなどを借りずに荷物を運んでいくことはできるでしょうが、台車を準備しておいた方がよいです。室内を移動指せる時には分かり辛いかも知れませんが、ほんの小さな家具などでも意外に重たく感じるものなのです。家を引っ越すにあたって、それまで住んでいた家が借家の場合には原状回復の義務というものが発生してきます。原状回復義務の意味とは家を借りていた時につけてしまった傷や壊れた物等を住む前の状態に戻すためにかかる費用を支払う義務のことで、通常であれば敷金からその分の費用を差し引かれて、残ったお金が戻ってくるというものになります。引越し当日にやることは2つです。まずは、出ていく部屋では荷物を搬送したのちに管理会社の立会いのもとで部屋の現状を確かめることです。ここで大きな汚れや傷を調査しますが、このチェックが敷金での保証や別途クリーニング費用の請求に左右します。新しい家ではガスの元栓を開けることが必要です。これは業者の立ち合いが絶対にいるのです。引っ越しにかかる料金は、意外と割引になる場合が多いです。私の引っ越しにかかった料金も沿うでした。1人分の荷物しかないということで、小さなトラックを使った作業となり、それに応じて値段が安くてすみました。また、荷物の梱包作業もほとんど自分で済ませたため、想定していたよりもずっと安い金額ですみました。引っ越しの時にはいろいろと手続きが必要ですが、しごとをしている場合に特に大変なのが市役所での手続きです。住民票の転入と転出といったものがあるので、少なくても二度は行かざるを得ません。市役所は平日しか利用できないので、引越しの他にまた休みをわざわざもらわなければいけないという羽目になってしまいます。引越しを実際におこなうとなると、大量の荷物を入れた段ボールを移動指せたりどかしたり、業者さんと一緒に家具や家電を運んだりと大忙しです。しばらく沿ういったことを続けていると、手は赤くなってしまいます。業者さんの手をふと見ると、しっかりと軍手がはめてあります。業者に頼むとしても、自分用の軍手が必要だなと思います。住み替えをする際、荷物を運ぶ自動車を停めたり、荷物を廊下に置いたりするため、あらかじめ隣近所の家に挨拶に行くのが一般的です。車の出し入れや通行に差し障るので、事前に同意を得ておくと引越しが終わった後に問題が発生することも防げます。引越し業者に依頼した場合は、沿うした事も代行してくれます。引越しをプロに依頼する場合、布団はどうしたらいいだろう?と考えるかも知れませんが、これは事前にチェックしておくべきでしょう。全体の8割の場合、引越し会社は引越し当日、オリジナルの布団袋を持参してくれ、これに入れて汚れがつかないように引越し先まで運んでくれます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エイタ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/noxeqtycmonrne/index1_0.rdf