◆PR◆
オイルクレンジングはあらゆる肌トラブルの原因に!
そろそろオイルクレンジングは卒業しませんか?
スキンビルホットクレンジングの口コミが嘘臭いので効果を検証!

美容皮膚科医まで推薦するヒルドイドクリームの知られざる効果に驚愕!

March 24 [Tue], 2015, 9:24
皆さんは皮膚科に通われたことがあるでしょうか?「皮膚科なんてアレルギーに悩まされている人が通うところでしょ」なんてことを言う方もいるかもしれません。皮膚科は、肌トラブル全般の悩みを解決してくれる場所なので、アレルギーに悩まされていないような方でも頼ってもらいたいと思うのです。私が先日、皮膚科に通ったときに手に入れたのが「ヒルドイドクリーム」というもの。実はこのヒルドイドクリームが今ネット上ですごく話題になっているのです。なぜそこまで話題になっているのか、実際に使ってみてよくわかりました。


(1)ヒルドイドクリームは保湿力が極めて高い

ヒルドイドクリームの素晴らしいところは、その保湿力にありました。とにかく保湿力の高さには驚かされましたね。洗顔後のスキンケアとして、クリームを使われている方は多いと思うのですが、いわゆる高級クリームよりも私は保湿力が高いと感じました。嘘のように聞こえるかもしれませんが、私が今まで使ってきた数十種類のクリームの中で一番保湿力が高いと感じているのがこのヒルドイドクリームです。ヒルドイドクリームの主成分はヘパリン類似物質というものなのですが、これが保湿力を向上させる秘密となっているみたいなのです。


(2)あえて塗り過ぎないのが保湿力向上の鍵

保湿力が高いというと、たくさん塗ればいいと思いがちですよね。でもこれが大きな落とし穴になってしまうのです。たしかに保湿力が高いのでたくさん塗ったほうが効果的に保湿ができるイメージがありますが、たくさん塗ってしまうと、皮脂が過剰に分泌された状態になってしまうんですね。そうなると、お肌は皮脂の分泌をやめるように命令を下してしまうので、乾燥が加速してしまうのです。だから、あえて塗り過ぎないことが適度な保湿力を保つために大切になってきます。基本は薄く塗ってあげ、目元や口元など乾燥しやすい部位には重ねづけすると効果的です。


(3)ヒルドイドクリームはどこで購入できるの?

(1)でヒルドイドクリームは高級クリームよりも保湿力が高いと感じた、といいましたよね。では、高級クリームぐらいお値段の高いものなのでしょうか?そうではないから、皆さんにおすすめしたいのです!ヒルドイドクリームは基本的に医薬品になりますので、保険適用となります。なので、自己負担額は少なく1本1,200〜1,500円で買えます。ただし、通販などでは買えません。基本的には皮膚科で処方してもらうことになります。皮膚科で、ヒルドイドクリームが欲しいという旨を伝えると処方してもらえます。

日焼け止めに対する意識が違いすぎる!美白美人が教えてくれない美白テク

March 18 [Wed], 2015, 9:19
「お肌が白くなりたいなぁ」なんて思っていませんか?ここ数年、ずっと美白ブームが続いていると思います。それはシミによる研究などが進んできているのが大きな要因だと思うんですよね。欧米では日焼けをすること=健康的、という意識があるみたいですが、紫外線の浴びすぎは皮膚がんの原因にもなったりしますので、やはり紫外線は避けるべきものです。そういった研究が進み、紫外線が“悪”であることが明確になってきているので、もうこの先、色黒ブームは私はこないと思っています(笑)。それなら白くなるしかありません!美白美人が教えてくれない美白テクを皆さんにご紹介します♪


(1)SPF・PAの値が高いものを使わない

まず、紫外線対策として皆さんが思いつくのが日焼け止めクリームではないでしょうか。最近のCMを見ていると、「SPF50+・PA++++」といった対策レベルの高い日焼け止めクリームがすごく人気のように感じます。これを鵜呑みにして買ってしまう方が多いのですが、対策レベルの高い日焼け止めクリームはお肌の負担となるだけなので、美白美人は使いません。日焼け止めクリームを使うにしてもSPF30前後・PA++レベルのものを使っているのです。日焼け止めクリームさえ使わない方もいます。そういう方はUVカット効果のついているCCクリームを使ったりしています。


(2)塗り直すことを前提に薄く塗っている

日焼け止めクリームを使う場合の話です。日焼け止めクリームはどうしてもたくさん塗ったほうが効果が持続しそうというイメージがあります。でも、実際は違うのです。どんなに厚く塗ってもせいぜい効果の持続は2〜3時間程度だと言われています。薄く塗っても2時間ぐらいの効果が持続するので、お肌への負担を考えた場合、薄く塗り直すことを1日の間に何回かしてあげたほうがお肌にとっては好都合なのです。そうなると、UVカット効果のあるファンデーションなどを使うのが手間も省けておすすめです。


(3)ビタミンC配合パックでシミ・くすみ排除

紫外線を対策しても、100%カットできるとは限りません。というか、無理でしょうね。必ず、穴があるのでそこから紫外線は入り込んでしまいます。そこで帰宅後の美はケアとして、パックをしてもらいたいと思います。パックならなんでもいいというわけではなくて、ビタミンC配合のパックがおすすめです。ビタミンCはメラニン色素をブロックする働きがあるので、シミ・くすみ対策にすごく効果的です。普通のビタミンCではなくてビタミンC誘導体が配合されているとより効果的にシミ・くすみを対策していくことができます。

洗顔は何よりも泡立てが大事!泡立てテクニックと上手な洗い方のコツ

March 12 [Thu], 2015, 9:24
あなたが日々のスキンケアの中で一番重視していることってなんですか?洗顔後のスキンケア、特に保湿ケアだと答える方が多いのではないでしょうか。たしかに保湿ケアはすごく大事です。乾燥はお肌のカサつきだけでなく、たるみ、シワ、ニキビを作る原因となるものですからね。でも、お肌のキレイな人の大半が実は「洗顔が最も大事」だと答えているのです。洗顔って汚れを落とすことだけが目的だと思われがちなのですが、そうではないのです。洗顔が正しくできていないことが肌荒れの原因となったり、化粧品の入りを悪くする原因となったりもするので、まずは正しく洗顔をすることから始めないといけないのです。正しい洗顔と上手な洗顔方法を皆さんに伝授します♪


(1)知っトク!泡立てテクニック

洗顔で一番大事なことってなんでしょう?もちろん、良質な洗顔料を使うということも大事なのですが、いくら高いものでも泡立ちがよくないものはいいものだと言えません。それぐらい洗顔において「泡立ち」って重要なことになるのです。本来、泡立ちがすごくいいものなのに全く泡立てないで洗ってしまう、こういうパターンは損しまくっていることになるでしょうね。泡立ちを良くするためには、泡立てネットを必ず使うようにしてください。手だけでも泡は作れますが、テクニックを必要としますし、時間もかかるのでおすすめできません。個人的におすすめしたいのが無印の泡立てネットです。200円以下で買える泡立てネットなのですが、これを使うだけでビックリするぐらい泡立ちがよくなっちゃうのです。今泡立てネットを使っている方も無印の泡立てネットに買い換えたらもっと泡立ちの良さを実感できると思います。泡立てるときに少しずつお湯を加えてあげると泡立ちがよりよくなります。さらに泡立ちを良くしたい方は、重曹やベビーパウダーを加えてあげることをおすすめします。


(2)上手な洗顔テクニック

さて、濃密な泡がたったら次は実際に洗顔をしていくことになりますが、洗顔時に絶対にしてはいけないことがひとつあります。それはゴシゴシと洗ってしまうことです。ゴシゴシ洗ったほうが汚れが落ちそうな感じがしますが、顔の皮膚はかなり薄いので、ゴシゴシすることによって血流が悪くなり、くすみの原因となったりしてしまいます。お肌がキレイな人ほど実は洗顔時に力を加えないのです。極端にいえば、泡だけを使って洗うようなイメージで優しく洗ってあげるだけで十分なのです。泡が汚れを吸着してくれるので、ゴシゴシしたりする必要がないのです。泡が汚れを吸着するから、泡立ちがすごく大切になってくるということなのです。泡パックをするのもおすすめです。泡をのせた状態で30秒ほど放置してあげることで、お肌の調子がグッと高まります。洗い流すときはシャワーで洗い流すのではなくて、手でお湯をすくって丁寧に時間をかけて洗い流すようにしてあげましょう。

身近な美容成分ビタミンCについてあなたがまだ知らない驚愕の美容効果

March 05 [Thu], 2015, 9:02
あなたが真っ先に思い浮かべる美容成分はなんですか?「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」と答えるような方が多いのではないでしょうか。どちらも化粧水、美容液、乳液、クリーム、最近だと洗顔料にも含まれる美容成分ですよね。よりアンチエイジングに特化しているような方は「プラセンタ」と答えるかもしれません。これらの美容成分よりもさらに万能だと言われているのが実は『ビタミンC』なのです。誰でも聞いたことがある成分だと思いますが、美容成分だと思っている方は意外と少ないです。ビタミンCの働きを一度知ってしまうと崇拝したくなるレベルなので、もしかしたら知らないほうがいいかもしれません(笑)!


(1)ビタミンCはニキビを抑えることができます

ビタミンCは色々な働きを持っているのですが、その一つに皮脂の分泌をコントロールするような働きがあります。皮脂というのは、お肌から発せられる脂ですが、皮脂が過剰に分泌されてしまうと毛穴づまりを引き起こし、皮脂が酸化して雑菌が繁殖し、ニキビができやすくなります。逆に、皮脂が全く出なくなってしまい、乾燥することによってもニキビはできてしまうと言われています。皮脂の分泌をコントロールすることで正常な皮脂分泌量を保ち、ニキビができにくいお肌を作り上げてくれます。また、ビタミンCには抗炎症作用もありますので、一度できてしまったニキビを悪化させないような働きも持っていますので、発生と悪化を抑えることができるニキビに対して非常に助かる美容成分なのです。


(2)ビタミンCはシミを薄くさせることができます

ビタミンCは美白美容液に配合されることが比較的多いです。これはビタミンCの美白効果に期待がもたれているからです。これは、ビタミンCの働きにメラニン色素をブロックする働きがあるからです。私たちは紫外線を浴びると、その紫外線は皮膚内で繁殖してしまうのですね。繁殖した紫外線はメラニン色素を生成します。メラニン色素は黒い色素を強くしてしまうので、シミを作ってしまいます。このシミの根本的な原因であるメラニン色素をビタミンCは抑えてくれるので、シミ・くすみ対策に注目されているのです。


(3)ビタミンCはコラーゲンをパワーアップさせます

美容成分に少し詳しい方なら(1)と(2)ぐらいはご存知だったかもしれません。でも、ビタミンCがコラーゲンをパワーアップさせるということを知らない方はけっこうお多いはずです。ビタミンCはコラーゲンの生成を促すと言われています。何かにつけてコラーゲンを摂るのが大事だと言われますが、コラーゲンは吸収しても生成されなければ意味がないので、コラーゲンを摂るなら同時にビタミンCも摂らないといけないのです。だから、コラーゲンドリンクやコラーゲンサプリを買うときにビタミンCが配合されているものを選んであげるようにした方がいいのです。

つけるだけじゃもったいない!オイル美容液の美容効果を活かす方法が話題に

February 27 [Fri], 2015, 9:12
今、オイル美容液がすごく人気になっています。私も、2年ぐらい前に注目して以来、冬場を中心に使いつづけています。そのおかげで乾燥には悩まされなくなっています。オイル美容液って冬場の保湿ケアに使うイメージが強いと思うのですが、実は他にも色々な使い方ができるのです。意外とコスパも良かったりしますので、まだ使ったことがない方はぜひ使ってもらいたいと思うのです。今日はオイル美容液のおすすめの3つの使い方を皆さんにご紹介したいと思います♪


(1)そのままつければ格段に保湿力アップ

まずはそのまま使ってみましょう。オイル美容液って、一応は美容液という区分なのですが、私の感覚では一般的な乳液やクリームよりも保湿力が高いように感じます。基本的にどのオイルも保湿力が高いのですが、使い心地で選ぶならスクワランオイルがおすすめです。スクワランオイルは人間から出ている皮脂に最も近いと言われているのでお肌との相性がよくて、相性の良し悪しが分かれにくいので多くの方におすすめできます。角質を柔らかくする働きもあったりしますので、ゴワつきを改善できます。また、殺菌作用もあるのでニキビの発生も抑えられます。


(2)ブースター蒸しで化粧水の浸透力アップ

オイル美容液の応用編としておすすめしたいのがブースター蒸しです。簡単言うとブースター美容液(導入美容液)のように使ってもらいたいということですね。やり方は簡単です。お肌に2〜3滴のオイル美容液をつけて、あとは電子レンジで1分ほど温めたタオルをお肌にのせて30秒ほど放置するだけです。これだけでブースター美容液としての役割を発揮してくれて、化粧水の浸透を良くしてくれたりします。ですので、洗顔後に行なってみてください。オイルの力でお肌の柔軟性を高めることもできたりします。


(3)食べてお肌の調子アップ

オイル美容液は食べられませんが、オイル美容液に配合されているオイル自体はもともと食用なので、食用のオイルを買えばお料理に使うことができます。例えば、今人気のオリーブオイルだってオイル美容液の主成分となります。その他にも、マカデミアナッツオイルやアボカドオイルなども食用になります。中でもおすすめなのがココナッツオイルです。ココナッツオイルはビタミンEを多く含んでいますので、お肌の活性酸素を取り除いてアンチエイジング力を高めてくれます。オリーブオイルよりも酸化しにくいので、食用としても保存しやすいです。ココナッツオイルはトランス脂肪酸も含みませんので、ダイエット中の方にもおすすめできる万能すぎるオイルなのです。

貰ったみかん捨ててない?美容効果を知ったらそんなことはもうできない

February 23 [Mon], 2015, 9:02
冬の果物は?と聞かれたらあなたはどんな果物を想像しますか?いちごにレモン、洋なし、キウイフルーツ、リンゴなど様々ありますが、私は祖母が静岡に住んでいるということもあって、この時期になるといつも箱でみかんを送ってくれるんです。みかんは嫌いではないのですが、箱で送られると一人暮らしの私は実は処理に困っていました。でも、みかんの美容効果の高さを知ってから、もっともっと送ってほしいと内心思うまでになっているのです(笑)。みかんって実はかなり優れた美容果物なので、貰ったみかんは絶対に捨てないでもらいたいのです。今日はみかんの知られざる美容効果に迫ってみます。


(1)みかんはビタミンC多く含まれている

みかんにはビタミンCが多く含まれていることでよく知られています。実は先述したようにいちご、レモン、キウイフルーツなど冬を旬とする果物にはビタミンCが非常に多く含まれているんですね。中でもみかんはビタミンCの含有量が多くて、1日3個で摂取目安量であるビタミンC100mgを摂れるので非常に便利な果物です。ビタミンCは皮脂の分泌をコントロールしたり炎症を抑えるのでニキビの発生・悪化予防に、メラニン色素をブロックするのでシミ・くすみ対策に、さらにコラーゲンの合成を促してくれるのでハリ不足を対策するのにも効果的なのです。


(2)みかんのスジにはペクチンが多く含まれる

みかんにはビタミンC以外にも色々な美容成分が含まれているんです。美容成分というとちょっと疑問に感じる方もいるかもしれませんが、みかんには「ペクチン」と呼ばれる水溶性食物繊維が含まれています。水溶性食物繊維は便を柔らかくしてくれますので、便通改善に役立ちます。ここまで読み解くと、それがどうお肌に影響するの?なんて感じてしまう方もいるかもしれません。例えば、便秘になると肌荒れしやすくなるように、腸内環境の乱れはお肌の乱れにも直結するんですね。だから、ペクチンを摂って便通を改善させることが、間接的に肌荒れ予防につながるといえるのです。ペクチンは特にみかんのスジに多く含まれているので、スジは捨てないほうがいいです。


(3)みかんのスジや皮にはヘスペリジンが多く含まれる

もうひとつ注目しておきたいのが「ヘスペリジン」という成分です。これはみかんのスジや皮に特に多く含まれています。ヘスペリジンはビタミンCの働きをサポートしますので、一緒に含まれているとすごく嬉しい成分なのです。また、血行促進作用があったりするので、お肌の機能を正常に保つのに欠かせないのです。ある実験では、ヘスペリジンの摂取で目の周りの水分量が向上したという結果もでています。でも、皮をそのまま食べるのは難しいですね。例えば、スムージーを作るときの材料にしたりすると皮まで美味しくいただくことができます。他にも、ジャムにしたり、砂糖煮にして食べたりするのもおすすめです。美味しくいただけるようにレシピに工夫を加えてみてください。
P R