2006/04/08 Sat 

2006年04月08日(土) 8時48分
●予定●
08 午前:課題英語  午後:課題数学
09 午前:課題数学  午後:課題数学
10 課題テストの勉強
11 課題テスト





昨日は入学式でした。

大親友と同じクラスになれて本当に嬉しい。
四年目にしてやっとです♪

あなたとは違うクラスだったけど、
隣のクラスだから一緒に行動することがあるね。
あと、同じクラスだとあたしが変なことしたら見られて
恥ずかしいから、少しよかった。



あなたの制服姿、やっぱりかっこよかった。
似合ってた。
きっとブレザーを着るために生まれてきたんだ(笑)
なんて。
けど本当にそう思ったよ。
すごい似合ってた!!



友達できたけど、やっぱりまだ不安。
大親友がいるから大丈夫だとは思うけど、
仲よくできるかなぁ。
嫌な気持ちさせちゃわないかなぁ。
嫌われないかなぁ。

頑張ろう。





あたしのあなたに対する想いは、
あたしは理解しているようで理解していない
想像以上に大きいみたいで
あたしの気持ちなのに、あたしが所有しているものなのに
あまりわからない



これから始まる高校生活が、あなたにとって、あたしにとって、
楽しいものでありますように
毎日笑顔が絶えませんように
キラキラ輝いていますように
小さな幸せをたくさん見つけられますように

祈ります。

2006/04/01 Sat 

2006年04月01日(土) 15時51分
あなたは今、家族で温泉旅行に行っています。

あなたは今、同じ町にはいません。

寂しくないと言えば嘘になるけれど、
会えない時間が二人の気持ちを更に大きくしてくれるものだと信じて、
頑張ります。

今頃スキーを楽しんでることと思います。
あなたのスキーウェア姿、きっとかっこいいんだろうな。





あたしは今日、ヨーカドーに行ったよ。

本屋でリリー・フランキーの東京タワーを見るたび、
欲しいって思うんだけど、
まだあなたから借りた本も自分で買った本も読み終わってないから、
また今度にするね。
おでんくん描いたのもリリーさんなんだよね。





今日はエイプリル・フールだけど、
嘘はつかないことにするよ。
やっぱり嘘ってよくないと思う。
あなたに言われて目が覚めた。
ありがとう。

あたし、どんな些細なことでも嘘をつかないでいられる人になりたいな。





もっと国語力が欲しい。
文章力っていうのかな、もっと表現したい。
自分が感じ取ったことを完全に言葉として表現するなんて
できないことなのかもしれないけど。
少しでもあたしの心に近いものを伝えたいから。

今は本当に未熟すぎて、変な文章だらけだけど。
高校からの課題やってても全然わからないけど。

もっと勉強して、「本出せるんじゃないの?」ってあなたがびっくりするくらい、
才女になってみせる(笑)





じゃあ、今から勉強します。
さっきから少し頭が痛いんだけど…
あなたのこと考えて頑張るからね。

ドジ集 

2006年03月29日(水) 21時48分
あなたの前でやらかしたドジ集。



@カラオケのカウンターの近くにあった傘立てをぶっ壊す。

  当然傘は散乱し、あなたが拾うのを手伝ってくれた。
  しかも傘立てを直してくれた。


A夜、ドブに気づかずに普通に落ちる。

  あなたの家に行った帰り、自転車に乗ろうとしたら…
  気づかなかった(笑)


B改札から出るとき、出るはずのない切符を待つ。

  これは動物園に行った帰りでした。
  あなたもあたしも爆笑だったよ。



※まだまだ続く!

2006/03/29 Wed 

2006年03月29日(水) 21時45分
今ね、すごい名案が浮かんだよ!!

ここをね、あなたの誕生日に教えようと思って!!

あなたはここを知っても、あたしを遠ざけるような人じゃないよね。
きっと喜んでくれるよね?

あなたの誕生日はあと約四ヵ月後。
それまであなたへの想いでいーーーっぱいになるように、頑張る!!!

2006/03/29 Wed 

2006年03月29日(水) 20時59分
あなたは、溢れるほどの愛をくれる。


さりげない仕草や何気ない言葉に、
大きな愛を感じるんだ。

こんなに人に愛されたのは初めてだし、
こんなに人を愛したのも初めてだよ。





今日も家に行ったね。

「嫌いにならないでね」

なるはずない。
なれるはずない。
絶対、何があっても、嫌いになんてなれないよ。
大好きだから。


あたしはあなたを不安にさせてしまう。
何回 好き と言っても、何回キスをしても、何回ぎゅっと抱きしめても、
あなたの不安が消えることはないんだ。

「多分不安は一生なくならないと思う」

それはいいことなのかな、悪いことなのかな。
きっと、いいことではないよね。
あたしはどうすればいいのかな。

あなたの不安を取り除くことができるなら、なんだってするのにな。



例えばあたしの心が透けていて、目で見えることができたなら
あたしの気持ちをいつだって確かなもので伝えることができたなら

あなたは不安にならないですんだのかな?



男の子とメールをしない。
男の子と必要最低限のこと以外は話さない。

今だってそうしているつもりだけれど、あなたが不安にならないように、
あたし頑張るから。

あなたにされて嫌なことは絶対にしないから。

これは縛られているんじゃない。
あたしが勝手にしていること。
もしかしたらあなたは望んでいないかもしれない。

けど、あなたが 不安にならないですむかもしれない という可能性のあることは、
なんだって実践したい。




あなたがもう 悲しい涙を流さずにすむように

あなたがもう 辛い思いで心が満たされずにすむように

2006/03/27 Mon 

2006年03月27日(月) 20時58分
今日もあなたの家に行ったね。

いつも家の前で待っててくれる。ありがとう。


あなたの手首に、あたしとおんなじ傷があったね。
お互い事情は違うけれど、おんなじ意味合いの傷。

でもね。
違うんだ。

あたしは、「死にたい」と思ってつけた傷じゃない。
生きたいけれど現実が苦しくて痛すぎてつけた傷。
けれどあなたは、「死にたい」と思ってつけた傷なんだ。
現実が嫌になって本当に死にたいと思ってつけた傷。



あなたがその時死んでいなくて本当によかった。

生きたあなたと出逢えて本当によかった。



自己主張の少ないあなただからこそ、
おせっかいなあたしが合うのかもしれないね。




お互い、これからは絶対しないって約束した。

生きる喜びがこの手にある今、醜い傷はもういらない。










     *










もう、人のせいにはしないようにしなきゃ。
責任逃れをしているようじゃ、いつまで経っても変われない。

マイナス思考で考えすぎてしまう自分が嫌だと思うなら、
プラス思考で考えすぎない自分になるよう努めればいい。
意識しているなら、直せるはず。
きっと、なりたい自分になれるはず。

あなたといると、元気や勇気がわいてくるよ。
ありがとう。

現実をまっずぐに見つめられる自分になるよ。
もう逃げないから。

2006/03/26 Sun 

2006年03月26日(日) 9時50分
●予定●    (3/27修正)
 26 定期演奏会
 27 デート
 28 ディズニーランド
 29 部内三年生を送る会
 30 〃二次会
 31 デート
 1  高校のものを買う
 2  
 3  富士急
 4  離任式 高校までの道のり確認
 5  遊び
 6  デート
 7  入学式

毎日課題と勉強をやる★夜一時には寝る★朝八時には起きる★間食しない

この春休みに絶対やせます!!
目指すは−4kg!!
ご飯は一膳にしてよくかんで間食なくして…頑張ります!!

X'mas ---3 

2006年03月23日(木) 4時59分
「あたしの分まで頑張って」

そう言って悲しく笑った友達の顔を胸に刻んだ。



マフラーを編んでることはあなたには秘密にしておいた。
驚かせたかったし、なんか恩着せがましいみたいで嫌だったから。

当日、あなたしは緊張と照れのため可愛げなく渡してしまった。

「あげる」

ぶっきらぼうに袋を差し出す。

「開けていい?」

「ありがとう」

あたし、あなたはそんなに喜んでないのかなって思ってた。
けど、後から聞いたんだけど、相当喜んでくれてたみたいで、
家に帰って泣いてくれたみたい。
それ聞いたとき嬉しかったなぁ。

あなたからはぬいぐるみをもらった。
帰ってから開けてと言われたから、帰り道で開けた。
スヌーピーのぬいぐるみ。
ラッピングは女の子のよく行くお店の赤いラッピング袋。

――このお店に入るのに、どれだけ勇気出してくれたんだろう。

少なくともこのぬいぐるみを選んでいる間だけは、あたしのこと考えてくれたんだ。

あなたからの初めてのプレゼント。
すーーーーーーーっごく、嬉しかったよ。
ずっとずっと大切にするからね。
毎日一緒に寝るし、さびしいときはこの子を抱きしめて頑張るよ。
ありがとう!!


あ、マフラーはそれから毎日、学校に着けてきてくれました。
ありがとうね。

あたしの夢を叶えてくれて。





X'masのお話はこれでおしまい。

X'mas ---2 

2006年03月23日(木) 4時57分
網目は26目にした。
あたしとあなたは13日に始まったから、その二倍で26。

習得した後も家で一人で編んでいると、
いつのまにかずれてて友達に電話して泣きそうになったことも
相当たくさんあった。
迷惑かけまくったのに、笑顔で直してくれた友達に感謝。

連休に泊まりで編みに行った。
「二人でやればはかどるよ」友達はもう完成間近だったのに、優しかった。
夜中おそくまで二人で毛糸と戦ってた。
あたしはどんどん伸びてゆくのが嬉しくて、ボーダーが増えるたびに写メを撮った。
眠くなったら、「power of love!!!」って言って頑張った(笑)

なんとか完成。

実は編み終わってから気づいたんだけど、最後の方焦って失敗してた。
表と裏を間違えるという初歩的なミス。
ごまかせなかったけどそのまま渡すことにした。というかそれしか道はなかった(笑)

ラッピングはその友達と街に出かけて選んだ。
友達は透明の袋に雪の結晶がプリントされていて、中に青い袋の入ったもの。
あたしは雪だるまやサンタクロースがプリントされた茶色い紙袋。

二人とも最高のX'masが待っているはずだった。

けれど、あたしにマフラーを教えてくれた友達は、
X'masの前日、つまりイヴに別れてしまった。

X'mas ---1 

2006年03月23日(木) 4時36分
今日は、あなたと初めてすごしたX'masのことを話すね。


あたしは、大好きな人にマフラーを編むことが夢だった。

料理も裁縫もろくにできないあたしが編み物なんてできる訳がなかったけど、
友達が彼氏にマフラーを編んでいたから、教えてもらえることになった。

三年生は学期末テストがあったから、
編み始めたのは12月の13日とか、それくらい。
あと約10日以内で編めるか不安だったけれど、
友達の「大丈夫」と、愛の力でやってみせると決意した。

まず、サンキで毛糸を選んだ。
色はどうしようかな…
最初は緑と黒のボーダーにするつもりだった。
あなたが好きって言ってた組み合わせだったから。
けれど実際に毛糸を持ってきて色を合わせてみると、
あんまりよくなかった。
毛糸の種類がたまたま少なかったからだと思う。

結局黒と白のボーダーにすることにして、
五玉ずつ買った。
値段は一玉100円で、ちょうどよかった(編み棒が高かった)。

まずは家にあったどうでもいい毛糸で練習した。
あたしは前と後ろ(表と裏のこと)が全然わからなくて、
こんな難しいの絶対できない、と早くも諦めかけた。

網目を数え忘れるとはじっこから数えなおすし、
表か裏か区別がつかないと「表、表、裏、裏、表、…」ってやんなきゃだし、
思ってたいじょうに難しくて、根気のいる作業だった。

けれど友達の献身的な指導と想像上のあなたの喜んだ顔により、
あたしはなんとか覚えていった。
P R
 ・あたし
 ・A型 15歳 春から高校生
 ・考えすぎる おせっかい
 ・aiko♡
 ・


 ・あなた
 ・O型
 ・あたたかい 優しい 無垢 傷の痛みがわかる
 ・BUMP OF CHICKEN♡
 ・□■


2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nov13
読者になる
Yapme!一覧
読者になる