プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nouzuzphhfrhmx
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
サムスンの高機能携帯「ギャラクシー」は「iPhone」のライバル候補 / 2010年07月23日(金)
ウォルト・モスバーグ 

 スーパー・スマートフォン(高機能携帯電話)をめぐる争いがし烈化している。目下のところ、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」と、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した機種との戦いが最も熱いようだ。

 景気の低迷にもかかわらず、通常200ドル前後のこうした持ち運び可能なコンピューターに消費者は夢中になっている。アップルは今週、アイフォーン4の需要を満たすのに十分な量の製造は難しい、と表明。また、アンドロイド搭載機種の多くを製造する台湾の宏達国際電子(HTC)も、米ベライゾン・ワイヤレスが採用しているベライゾン・ワイヤレスの「ドロイド・インクレディブル」や、スプリントの「Evo 4G」といった人気機種の需要に応じるのに苦慮している。

 韓国のサムスン電子は、アイフォーンの競争相手になると目されるアンドロイド搭載の新機種「ギャラクシーS」を発売した。サムスンは、この夏にギャラクシーSの販売を開始することで、米国の主要4プロバイダーすべてと合意した。各プロバイダーが売り出す機種は、内部は同じだが、外観と機種名は異なる。

 記者はギャラクシーSの最初の2機種、Tモバイル「バイブラント」とAT&T「キャプティベート」を試した。いずれも2年契約で価格は200ドルだ。アイフォーンの最新モデルのようなビデオ電話のためのフロントカメラや、超高解像度スクリーンは、どちらも装備していない。それでも、競争は十分可能だ。一方、大きなスクリーンや、ソーシャル・ネットワーキングへの対応の強化など、アイフォーンに欠落しているフィーチャーを備えている。

 バイブラントの丸みを帯びたコーナーと隆起した辺縁は、アップルが昨年発売した「アイフォーン3GS」によく似ている。キャプティベートは角がもっとはっきりしていて、よりスマートに見える。両機種とも同じバッテリーを使用するが、仕様書を見比べる限り、バイブラントの方が寿命が長い。

 いずれの機種もマルチタッチ式でキーボードを持たない。ただ、スプリントが間もなく販売する「エピック」はスライドすると出てくるキーボードとフロントカメラを搭載している。

 アンドロイドを搭載した携帯電話のメーカーにとっての主要な課題は、同じOSを使用した他の機種との差別化だ。サムスンは、アイフォーン4と同程度の薄さのボディと4インチの大きなスクリーンを併せ持つ設計により、差別化を実現した。サムスンのスクリーンは、3.5インチのアイフォーンのディスプレーより大きい。一方、Evoや米モトローラの新機種「ドロイドX」は4.3インチとサムスンの新機種を上回るサイズのスクリーンを持つが、必然的に端末は大きい。

 記者のテストでは、バイブラントとキャプティベートでの通話は明瞭だ。キャプティベートの受信状態は、AT&Tを唯一のプロバイダーとするアイフォーンとほぼ同程度だ。5メガピクセルのカメラで撮影した画像は鮮明で、カメラは高画質ビデオとしても機能する。バッテリー寿命は問題ないが、並外れて良いというわけではない。

 ギャラクシーSのスクリーンは、スーパーAMOLEDと呼ばれるテクノロジーを採用している。サムスンは、色の再現、コントラスト、屋外での視認性や明るさの各面で優れていると主張する。記者のテストでは、スクリーンは非常に良好に見えるが、アイフォーン4のスクリーンより優れているとは言えず、鮮明さではやや劣るようだ。

 アンドロイドの使い勝手は急速に改善しているが、アイフォーンのソフトウエアほどスムーズではない。アンドロイド搭載の機種をテストした結果、パフォーマンスのスローダウンや停止が見受けられた。ただ、サムスンの機種にはこうした点はみられず、いずれの機能においても素早いパフォーマンスを示した。

 サムスンの機種のもう1つの長所は、2ギガバイトのリムーバブル・メモリーカードに加え、16ギガバイトと大容量の内部メモリーを搭載していることだ。メモリーカードは追加料金の支払いにより、容量の大きなものに交換が可能だ。

 また、サムスンによると、新機種はサードパーティーが提供するアプリケーションを最大2ギガバイトまでインストール可能。アップルと異なり、アプリの容量制限を設けているアンドロイド携帯では、2ギガバイトは記者の知る限り最大だ。

 ほかのアンドロイド携帯と同様、サムスンの2機種は約6万5000種類のサードパーティーのアプリを提供する。この中にはキンドル・eブック・リーダーやフェースブックといった人気アプリもある。アイフォーンが提供する22万5000種類のアプリには遠く及ばないものの、ブラックベリーの約7000種類は上回る。

 ギャラクシーSにはマイナス面もある。アイフォーンに搭載されている、パソコンのコンテンツとの容易なシンクロを可能にする音楽・動画配信サイト「iTunes(アイチューンズ )」のようなプログラムがないのだ。マイクロソフトのOS「ウィンドウズ」搭載のPCにギャラクシーSを接続し、手動でファイルを移動させることは可能。一方、アップルの「Mac(マック)」の場合には、「USBデバッグ」という特別な作業が必要になる。

 しかし、アンドロイドを好む顧客や、AT&Tをプロバイダーに選択したくない顧客にとって、ギャラクシーSはアイフォーンの魅力的な代替と言えるだろう。

(ウォルト・モスバーグは、ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)の「パーソナルテクノロジー」コラム(毎週木曜日掲載)担当の記者。ウォール・ス トリート・ジャーナルで40年近く記者および編集者として勤務するほか、米CNBCネットワーク制作のテレビ番組でテクノロジー関連のコメンテーターも務めている)

【7月23日8時47分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100723-00000001-wsj-bus_all
 
   
Posted at 17:47/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!