【 更新情報 】

スポンサードリンク
sponsored link

脳の働きを活性化させる方法

の働きは、普段から意識して鍛えていないと衰えていってしまいます。

物忘れは、脳細胞が減少して活性化しなくなったという脳の健康にまつわる説がいろいろありますが、これらの説は根拠がない場合が多いです。

脳の仕組みや働きは、まだまだ知られていないことが沢山あります。
現在わかっていることで、脳を働きを活性化させて健やかに保つ秘訣は、とにかく脳を沢山使い続けて甘やかさないことが大事です。
最近脳の働きが衰えているかもという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

また脳は眠らないと疲れが取れないので、眠っている間しか休むことができません。
寝不足が続いたら脳は活性化せず、その働きは確実に落ちていきます。.

1日や2日ならともかく、数日寝不足の状態が続くと、脳の効率は激しく悪くなります。
個人差はありますが適切な睡眠時間はあります。
すっきり眠れる時間を目安に週に3〜4日は適切な睡眠時間を確保したほうがいいです。

どうしても睡眠不足が続く場合は、仕事の合間の数分間だけ睡眠をとっても、脳を休ませて活性化させことができます。

脳の働きを活性化させる栄養補給

が利用するエネルギーは、糖質から作られる成分のグリコースです。
脳の重さは、身体全体のわずか3%に過ぎませんが、グリコースの摂取量は全体の20%を消費します。

脳の働き活性化させる栄養補給するためにも、糖質を摂取することがとても大事になってきます。
糖質の補給元として欠かせないのが、ご飯やパン等の炭水化物です。

砂糖等の単糖類も栄養にはなりますが、糖質の方が腸で緩やかに吸収されて、長時間糖分を補給してくれる炭水化物がいいです。
糖質は、食べてすぐに吸収されるのではないので、早めに炭水化物をとることが大事になってきます。

大事な打ち合わせやプレゼン等がある勝負の日は、早めに起きて朝ご飯を食べて脳を活性させましょう。


脳の働きを活性化させる栄養補給にサプリメントの摂取する方法もあります。
脳の働きを活性化させ衰えを防ぐ成分であるDHA(ドコサヘキサエン酸)や、EPA(エイコサペンタエン酸)が必須の脂肪酸です。

青魚を毎日食べるのは難しいと思いますので、DHAや、EPAをバランスよく配合したサプリを摂取することが効果的です。勉強や仕事に集中したいときはぜひ活用してみて下さい。

脳を活性化させて健やかに保つ三つのコツ

活性化させて健やかに保つコツが三つあります。

一つは、脳を甘やかさない。
脳を甘やかしていると、パソコンに頼りすぎて、漢字を思い出す回路が弱くなって漢字がいつの間にか書けなくなったりします。
脳を活性化させて甘やかさずに使うために、意識して手紙や日記を書いたりしましょう。
脳の回路が弱っていても、活性化させれば復活します。

一度にいろいろな作業を並行して行うことも脳の回路の活性化させるのに有効です。

料理を作るということは、献立を考えて複数の作業を同時に進めるので、実践的な脳を活性化させる方法です。
目で読んだ文章を声に出す音読もおすすめです。

二つめは、人としっかりコミュニケーションをとることです。
人と会話をしている間、脳は活性化して複雑な働きをしています。
言葉を考える、声を出す、相手の顔色や気分をうかがうといった、他人とのコミュニケーションは、脳の広い分野を活性化させてバランスよく鍛えられます。

人との会話が脳を活性化させる一番身近なトレーニング方法となります。
友達とのコミュニケーションも電話やメールだけではなく、顔を見て話すこともとても大事です。

三つめは、長い距離を歩いたり走る
体や脳を活性化させるリフレッシュ方法としておすすめなのが、適度な距離を走ったり歩いたりすることです。
走ったり歩いたりする単調な動作をしている間は、意識はしないのですが、ぼんやり考えことをしています。

実はこの時間が脳の中を整理するのにとても役に立ちます。
歩いたり走ったりすることによって脳に一定のリズムで刺激を与えるとリラックスする効果も期待できます。
一定のリズムの動作ということで編み物も同じような効果があるそうです。
P R