軽音楽部フォーエバー 

2006年04月22日(土) 23時58分
今日は軽音楽部のライブに行ってきた。誘われて仕方無く。
新入生歓迎ライブで新入生が半強制盛り上げ役になってて可哀想。ゴイステ、椎名林檎、Cocco、ふふふ…ぽいな〜軽音楽部のライブでこんな緊張してどないやねんとか思ってたけど…俺も卒業ライブのとき緊張したし、MCする余裕すら無かった、ドラム演奏も下手だしな、見る側は常に余裕っすね〜。
先日ザゼンライブに連れて行ってもらった人達がナンバガのコピーバンドで、サムライ(セリフ付)とか透明少女とか懐かしの名曲を一生懸命やってたな。新入生はナンバガ知らんみたいでした。
軽音楽部ってひびきにはいつも妙な感覚にさせられる。
ムカムカ切ない気持ち。
PRIDE23の高田延彦引退試合見て号泣。TSUTAYAに返却するとき自分でつけた傷でDVDがおかしくなったくせに知らん顔してこのDVD傷もんやんけとイチャモンつけて無料券もらった。
勝新の兵隊やくざを借りる。

4月14日のザゼンボーイズのライブの感想 

2006年04月20日(木) 19時08分
初新潟ということで若干不安があり開演前に缶ビール3本とワンカップでややいつもより武装した。俺以外あまり酔っ払いは見かけなかった。
客入りは8割と言ったところだろうか。
演奏は凄まじく滅茶苦茶なビートなのに気持ちいい。良い。
斜め前のベリーショートのギャルが黒人女のごとく踊り狂っている。後ろ姿すんごいセクシー&ブラヒモチラリズムだなと思いつつ顔見たらほのかに旧石器時代の面影。
それにしても女が多い。いや、男女半々と思うが男が大人しいと言うか行儀よいと言うか。仙台だとタックル(モッシュだっけ)してくる奴らが必ずいて、ステージ近くは暴力的なうねりができるのに一切無かった。
いつもはウザったく思うが無いと少し物足りないね。
全体的に狂った目が足りん。
ザゼンのライブに来てそよ風気取ってどうするんのって感じぃ?暴れればいいってわけじゃないがね…新潟一回目だから言い切れないがその土地の地域性ってあるのかも知れないな。ザゼンの世界観に新潟の自然は豊か過ぎるかもしれん。人々の雰囲気が優し過ぎるかもしれん。
でも楽しかった。
いやまだまだでしょ。



アートの純粋性について考える。 

2006年04月17日(月) 23時40分
アート、またはアーティストという言葉を意識しつつ今日まで生きてきたが、俺の中での反省点と現在、アートを取り巻く環境の問題点を考えた。まず共通して言えるのは現代の競争社会の中でアートの純粋性が失われることがあるという事。アートはビジネスの局面も含んでいるし、それ自体が問題だとはおもわないが、有名芸術家だから、売れているから格が上だとか凄いんだとか、評価されてるとか、俺の作品は彼の作品より面白いんだとかいう感覚だけでアートと接するのはある意味危険だし、下らない。人のの評価や、無意味に繰り返されるグループ展のなかで俺はアートの大切な部分を見逃していた。
展覧会があるからって作品作って、展示して、見せて。おしまい。それは嘘だ。偽物だ。アートの皮をかぶった虚無だ。

なぜつくるのか、なぜこの方法をとったか、なぜこの表現が生まれたか。それは何か。

自由であり純粋な部分がそこにあるハズ。

俺はそれを感じたい。伝えたい。

スペアキーの役割 

2006年04月15日(土) 3時11分
ザゼンのライブ行ってきました。ライブの感想とか色々書こうと思ったんだけど今気づきました。部屋の鍵落としたね。
ロッカーとか自転車の鍵はあるのに…何故か部屋の鍵だけ無い。

只今午前1時25分。
吐く息は白く…俺は皮ジャン&汗だくのTシャツ…

キーホルダーをほぐし、針金にして鍵穴をガチャガチャするが、一向に開かない。このガチャガチャで大家さんが起きてきたら楽なのに。これほど鍵穴を針金でガチャガチャしたのは生まれて初めてです。しばらくしてあきらめる。

先輩に電話したら女んとこいるし酒飲んで運転できないとのこと。
しかし大学の警備室の入口から校舎に入れる&油絵室に毛布とソファがあるとの情報を得た。
宍戸誠はレベルが2に上がった!

まだ授業にすら出席してないのに、こんな深夜に出席してすんませんねぇとニヤリとするが、なにしろ油絵室の場所がわからねー。

彫刻室の石膏像を人影と間違う!ビックリして6のダメージ!

どうやらこの大学は警備室の入口からならどこにでも行けるらしい。
もし俺が過激派の学生だったら…テロ組織の一員だったら…この大学を好きに破壊できそうだなとニヤリとなる。宍戸誠は勝手にレベルが3に上がった。

意外にあっさり油絵室見つかったと思ったが今午前3時。全然あっさりじゃねぇよ。と自ら突っ込む。そしてGAME・0VER


授業開始2日目 

2006年04月13日(木) 21時59分
早くも2日連続寝坊。まだガイダンスだからいいか…というのは余裕ぶっこき過ぎだろう。休み期間中の徹夜ガスト生活で昼夜逆転が治らないのはピンチだ。まだ履修届締切は時間あるけど、徐々に規則正しい生活に慣れてかないとなぁ…それにしても花見行きたくない。院生は二年しかないから(俺は3年だが)みんな早く仲良くなろうよ〜とか酒を飲んで素をみせるのも大事じゃん!とかどうでもいいんだよな…仲良くなる人とは自然に仲良くなってくんだよ!どうでもいい奴に素なんか見せるわけねえべ。半強制的飲み会反対!こっそり1人で帰れない催しものには極力行きたくねえ。俺の自分勝手が通用する仙台の環境が恋しい。

友達100人?いらねぇそんなに 

2006年04月12日(水) 0時45分
入学式終わってあらゆる手続き&説明でウンザリしてるが、今からやること考えるとワクワクしてきた。今まで考えてたふりしてたんだ俺。本読んで・考えてしゃべって・文にしてみると、少しずつ見えてくる。アートの可能性、魅力、自由さ。今具合がいい。こりゃいいわ。でも一番大事は感じることですね。女がテレキャス担いてたからもしやと思って話しかけたね。新潟ジャンクボックスにはどう行くのって。俺ザゼンボーイズのライブ行くのよって。したら私も行くんですよって。んで、そのこの男友達の車でザゼンのライブに行くこと決定。偶然でしたぁ。今日は俺のアパートで飯を食いながら履修届のやり方を女友達に教えてもらうつもりが二人女の子が増えて4人で具だくさん味噌汁&赤魚の粕漬けときんぴらごぼうを食いました。女の子に飯を作るのは嫌いじゃないが、コイツら俺の事好きになっちゃうなぁ確実にと思います。でもどうせ大体のこはヤラセてくれません。

院生ってなんか偉そなヒビキ 

2006年04月10日(月) 1時44分
入学式だ。なんとなくで美術教育を学ぶことになったが、このままなんとなくで学生するわけにはいかない。俺がティチャーになったらストゥデントに大人気になることは目に見えているが。タメ語を許したくない。俺は大学で教職の授業ポシャってるので卒業まで3年かかるコース。3年で何をやろうか。いまさらまだ考え中。やりたいことはある。@少年院で絵を描かせてコミュニケーションをとる。犯罪、暴力、殺人、強姦、社会的に悪とされる行為に走るとき、人はかなりのエネルギーを使うと思う。アートを通して見てみたいんです。アートセラピーやら美術療法やらアウトサイダーアート的観点から攻めることができそう。少年院には特別活動なるものが存在しており、俺の熱意でなんとかなるかと。少年達を救いたいとかそういうのと若干違います。
Aラスコーの洞窟画を見に行く。ヒトはなぜ絵を描くのか、ヒトが描いたとされる最古の絵画(発見されている)の一つであるラスコーの洞窟画を見るには申請や制限やらで大変そうだが真っ暗な洞窟に何故…牛や馬など当時食されていなかったものが描かれており狩猟祈願だという説には疑問が残る。しかも手が届かないような高い場所に描かれているケースが多く謎だらけ。すごく興味があるんだけど、どう教育にからめるのか…あぁ。考えれば考えるほど美術教育のあやうさを感じる。そもそも美術は何のためにあるのか、美術は教えてもらうべきものなのか

楽しんで生きる人達 

2006年04月08日(土) 21時31分
引越でテレビを手放してしまい、ラジオ生活。GLAYのラップコラボやインチキ青春ヒップホップがやたら流れる日本のミュージックシーンには気が滅入るが、たまにいいね!って曲もある。単純に日本のロックはダメだとか言う音楽通のふりしてる奴は程度が低い。夕方のラジオで新潟でクリエイティブな?活動をなさっている若いグループのリーダーが出てて、ショップやってて雑貨やTしゃつとかデザインして売ってますって、ショップはレンタルスペースもあってデッサン教室とかなんとか教室やってますだの、楽しげなことをのたまってらっしゃった。仲間達とやりたいことを仕事にしてるなんて素敵です。「仕事で失敗しても死ぬわけじゃないんで、やりたいことやるべき」なんて、いいこと言うなぁ。うぅ…そのために生きてるんだよなぁ。「まとも」という闇が俺をゆっくりと包んでいく。

ガスト上越店にて 

2006年04月08日(土) 2時37分
「マジうけんだけどぉ!ギャハハ!」手をバチバチ叩いてまさに爆笑を体現している4人組。ヘッドホンで音楽聴いてるのに凄い声量です。耳をつんざくとはこのことですね。最高うるせぇ。一方俺の隣に座っている松崎しげる上等!とばかりに日焼けして黒人風ファッションに身を包んだ女性2人組はそのアグレッシヴな風貌の割にソファに正座して定食を食すあたり、好感がもてます。しかしこの時間帯は酔狂人が多い。それにしても居酒屋などで手をバチバチして爆笑なさる女性をたまに見る機会がごさいますが、いったい何に拍手しているのでしょうか。意識して見ると、興味深い行為であります。 今日の読み物…「アート×セラピー潮流」現代とアートセラピーの役割について。癒し系?ファックオフ!なワタクシですが、単に癒しというわけでは無いらしく、奥が深いなぁって。

深夜のファミレスはシャングリラ 

2006年04月07日(金) 21時11分
深夜のファミレスは孤独と言う名の自由にも似た雰囲気で楽しい。ワタクシ宍戸誠は只今新潟市上越市にて1人上越教育大の入学式を待ち続けていますが、早くもガスト上越店の深夜常連となり、キャバ嬢数名と朝方来るオヤジ達と勝手に顔見知りになりました。とにかく仕事あがりのキャバ嬢がやたら多く、お互いの悩み相談や悪口に一生懸命ですね。いや、ある意味ホント一生懸命生きてらっしゃるフンイキある人はいるね。ただなんとなく悩んだふりして生きてる大学生よりなんぼもマシだと思うし、強いと思うね。たまに柔道無差別級みたいなキャバ嬢みると驚きもののき20世紀的印象うけますが。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像
» 軽音楽部フォーエバー (2006年04月24日)
アイコン画像たか
» 軽音楽部フォーエバー (2006年04月24日)
アイコン画像
» 軽音楽部フォーエバー (2006年04月23日)
アイコン画像
» 軽音楽部フォーエバー (2006年04月23日)
アイコン画像やぐ
» 軽音楽部フォーエバー (2006年04月23日)
アイコン画像SYP(さやぴ)
» 4月14日のザゼンボーイズのライブの感想 (2006年04月22日)
アイコン画像たか様
» 4月14日のザゼンボーイズのライブの感想 (2006年04月22日)
アイコン画像やぐ
» 4月14日のザゼンボーイズのライブの感想 (2006年04月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:notjinjo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる