熱い夏こそ考える、ロハスホールディングスで電力を

July 06 [Sat], 2013, 21:21
こんにちは。現在就活中の女子大生です。
あっという間に夏になってしまいました。梅雨が明けたばかりだからまだ真夏日とか熱帯夜まではいきませんが、熱いのが苦手なので日々寝苦しくなっていくのがけっこうつらかったりします。暑さに強い人がうらやましいです。
タイトルにも書いたとおり、熱い夏だからこそ考えることがあります。それは電力のことです。
ロハスホールディングスに属するロハス電力のことを書いているので、だから考えるというのもありますが、ここ数年は特に全国的に考えられていると思います。
2011年3月11日に東日本大震災が起きて、その年の夏に電力供給が滞ることがありました。計画停電なども実施され、停電に不自由な思いをした人も多いと思います。私もそうでした。
震災が起きた当日は、20年間生きてきて生まれて初めて地元の信号機が消えているのを目撃しました。
信号機が動いているのって当たり前なことですが、それがついていないだけですぐに非日常になってしまいます。ものすごく小さなことではありますが、その違いにゾッとした覚えがあります。
電力は絶対に欠かせい存在で、発電する方法は色々とありますが、それを全て満足に行えるわけではありません。
太陽光発電などを取り入れて個人的に発電することもできますが、多くの家庭や企業では電力会社に頼りっきりだと思います。
ロハス電力もそんな会社の一つで、よりコスト削減をした環境に優しい取り組みを日々実践しています。代表の内田俊一郎氏も太陽光発電に衝撃を受けた経緯からロハス電力の前身を立ち上げたのだそうです。
私ももっと電力のことを考えて、できる限り環境や電力そのものに優しい取り組みをしたいと思っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:notepasoconput
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/notepasoconput/index1_0.rdf