VITAL DESIGN STUDIO 

2007年12月12日(水) 20時54分
VITAL DESIGN STUDIOという物があります。
余り馴染みのない物かもしれませんが、これは「こんなものがあれば毎日が楽しくなる」というアイディアを研究機関や企業とコラボして実現していくという企画です。
その第一弾のテーマとして「会議」が選ばれています。
会議をアイディアとデザインの力でもっとよくしていこうというもの。
色々な企業からアイディアが出て、製品化されています。

で、こういったアイディアが紹介されているVITAL DESIGN STUDIOですが、青山に期間限定でオープンしたらしいです。
12月14日までとなりますが、色々なアイディアがあって面白いかもしれませんので、時間がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。
なお、VITAL DESIGN STUDIOの見学は予約制となっていますので注意して下さい。
月曜から金曜までの10時から18時までとなっています。
詳しくは公式サイトからチェックして下さい。

公式サイトを見ていて気に入った製品は「コミュニケーションテーブル」です。
これは、参加者の名前と会議の資料が映し出されるモニタがテーブルに人数分あるというもので、さらにこのモニタは、各自が自由に書き込めるようになっています。
これによって、全員の名前を確実に把握出来ますし、言葉ではなくモニタに書き込むことによって絵を含めた視覚的な表現が可能になり、より言いたいことを伝えやすくなります。
抽象的なイメージなどは言葉より絵や図で表現した方が分かりやすいですよね。
抽象的な概念も伝えやすくなるので、具体的な形になっていないアイディアでも発表しやすく、会議が活性化するかも?

他にも時間と共に高さが変化するテーブルなど、様々なアイディアが製品化されていますので、気になる方は公式サイトをチェックしてみて下さい。

感謝の気持ちを伝える方法 

2007年12月11日(火) 16時34分
大人になって社会に出てみると、やはり自分は他人に生かされているなぁと実感し、色々なものや人に感謝したい気持ちになってきます。
特に自分が感謝したいのは両親です。
色々なことを教えて貰いましたし、育てて貰ったわけですから感謝しない訳にはいきませんw

子供の頃は父親や母親というのは、言葉通り絶対的な存在でした。
成長しても高校生くらいまではやはり親というのは依然として絶対的で大きな存在であったと思います。
しかし、自分も人の親になれるくらいの年齢になってくると、親というものを「絶対的な存在としての親」ではなく「一人の人間」として捉え、見ることが出来るようになってきます。
自分が親になった時に、自分が親にして貰ったように出来るかと考えると、なんだか自信がない。
すると親に対する愛情や尊敬の念というものが一層強くなるわけです。
親がどれだけ自分のことを考えていてくれたかと言うことが本当に身にしみて理解できたという事だと思います。
そして何か親孝行をしなければと親の横顔を眺めながら色々と考えていると、ふと、自分が思っていた以上に親が老けて年を取っていることに気づく。
当然のことですが、自分がこうして親を一個の人間として見ることが出来るまで成長した分、親は老いているのです。
親孝行できる時間もそんなに長くないなと思い、複雑な気持ちになります。
感謝するべき人がいるという方は、早めに感謝の気持ちを伝えた方が良いでしょうね。

ところで、親が子供に物を贈る事はしばしばありますよね。
例えばクリスマスなんかがその代表です。
しかし、その逆はどうでしょうか?
子供が親に贈り物をするというのは少し気恥ずかしい感じもしますし、親が子供に物を贈ることに比べれば遙かに少ないことだと思います。
なにか贈り物をして感謝の気持ちを伝えるというのも一つの手だと思います。

例えば、サンクスデイズ・プラチナというものがあるそうです。
定年退職した夫が、永遠の感謝の気持ちを込めて、妻にプラチナ・ジュエリーを贈る事だそうです。
サンクスデイズ・プラチナの公式サイトを見てみるとスペシャルCMがあったので見てみたのですが、プロポーズ・アゲイン。 なんてフレーズが出てきたりしてなかなか素敵だなと思いました。

感謝の気持ちを言葉にして伝えるのが苦手な方はサンクスデイズ・プラチナのように物を贈ることで気持ちを伝えるというのも良いかも知れませんね。

 

2007年12月11日(火) 7時42分
自分では猫を飼っていないのですが、彼女が猫を飼っているので、彼女の家に遊びに行った時なんかはよくその猫と遊びます。
犬は飼っていますが、猫は今まで一度も飼ったことがない動物なので新鮮で面白いです。
犬みたいに呼んでもすぐに寄ってきたりしませんし、中々なつかないので初めは可愛げがないと思っていたのですが、行動をじっくり観察しているととても興味深い動物ですね。
呼んでも来ないかと思えば、こっちが何かをしている時に急に寄ってきて構って欲しいという仕草をしたりしてとても気まぐれです。
なので、これは猫への愛情表現なのですが、同じ部屋にいても、なるべく猫は猫、自分は自分というという風にしています。
犬のようにこっちから積極的に構ったりしないようにしています。
多分猫は自分が気が乗らない時に構われるのが嫌なんじゃないでしょうか。
勿論、猫が構って欲しいと来た時は構ってあげます。
寝ている時に顔の上に乗られたりするのは困ってしまいますがw極力構って上げるようにしています。

人間がペットにしてあげられる愛情表現は、構ってあげる、一緒にいるなどはもちろん、ペットの体調を気遣って餌に対して十分な配慮をすることも大切だと思います。
「餌が愛情表現」というと即物的で素っ気ない感じがしますが、体調管理には欠かせないことです。

ロイヤルカナンのキャットフードで、ピュア フィーラインシリーズというものがあります。
科学に基づいた栄養学をペットフードに取り入れ、ヨーロッパで非常に好評なシリーズなのですが、これが日本でも発売したようです。
猫の特徴に合わせて3種類用意されていますので、愛猫にあったものを選べます。
その猫にあった餌を用意するというのも、飼い主の猫に対する愛情表現の一つですから、健康に気遣ったものを選んで下さい。

PHOTO ST 

2007年12月11日(火) 7時28分
PHOTO STというサイトがあります。
このサイトは、無料素材を配布しているサイトなのですが、若手新人フォトグラファーの撮った写真がフリーで提供されています。

自分で撮った写真を元に何かを作ろうと思っていたけど、写真が上手く撮れていなかった、ピンボケしていた、鮮明でないなどの理由で断念される方がいらっしゃるかもしれませんが、このサイトを使えば大丈夫です。
プロのカメラマンが撮った画像を、違法性なく使用できます。
(ただし、このサイトに会員登録し、著作者のクレジットを明記することが条件になります)
個人のサイトに使用する個人利用は勿論、広告などの商用にも用いることが出来るので使い方の幅もかなり広いです。
これからの時期には、年賀状に使用するのも良いかも知れませんね。

早速実際に登録して見たのですが、さすがプロとった画像ばかりでした。
動物、風景、植物、スポーツなどなど、使用できる画像の数も豊富で、あらゆるニーズに対応できると思います。
クオリティの高い写真素材を探しているなら、おすすめです。

30人ヒトサンゴ企画 

2007年12月10日(月) 7時21分
30人ヒトサンゴ企画」をご存じでしょうか?
これは、「gooホームに30人が登録するごとに、沖縄の海に一株のサンゴを植える」という企画です。
30人集まると、サンゴを植える際にハンドルネームと一緒に写真を撮るそうで、記念になりますね。

もちろん、環境のためでもあります。
沖縄ではサンゴがオニヒトデに食べられるなどして激減しており、景観を損なうだけでなく、環境に対しても悪影響が出ています。
綺麗な沖縄の海を保全するためにも、この企画は非常に有意義だと思います。
一人一人に出来ることは限られていますが、一人一人の力が集まれば、いつか大きな成果を残すことが出来ます。
現に、既に12月10日現在でこの企画はサンゴ105本を達成しています。
一本でも多くのサンゴを沖縄の海に植えていきましょう。

30人ヒトサンゴ企画は、サイトも非常にコミカルで面白いですし、この企画に興味のある方は是非参加して下さい。
自分で作ったキャラクターが「ヒトサンゴ」になる様は面白いですw
ちなみに、30人ヒトサンゴ企画のブログパーツを貼ってみたのですが(ブログ右欄)、もし良ければブログパーツもどうぞ。(gooホームに登録後、取得できます)

さくらボーイズ 

2007年12月10日(月) 5時19分
さくらボーイズというバンドがあります。
知っている方は知っている隠れた名バンドで、モテない男性のみで構成されていますw
というのも、もともと、mixiのコミュニティサイトで出会った4名で結成されたのですが、「モテない」ということで意気投合したのがきっかけらしいのです。
コンセプトは「1,000万人のモテない奴らの声を代弁する」ことで、切なく、淡い失恋ソングを歌っています。

モテない男性への応援歌を歌う彼らは、3枚目のシングル「東京クリスマス」を発売。
公式サイトでPV視聴が出来るので、ちょっと見てみたのですが、男性の切ない恋心(?)が繊細に歌われていると思いました。
曲全体にクリスマスの雰囲気が漂う、ミディアムテンポのポップスなのですが、全体として90年代Jポップを思わせるようなキャッチーさがあります。
そのため、一度聞いたら忘れない曲に仕上がっており、カラオケで歌うにもぴったりです。
聞きやすいし、歌いやすい、そんなイメージです。
歌詞もとてもいいです。
コンセプトとよく合致していて、聞いていると切なくなってきます。
こんな歌が歌えるなら十分モテると思うのですが、どうなんでしょうかw

ちなみに、この「東京クリスマス」は失恋歌4部作の3作目にあたります。
どういうことかというと、デビューシングルとセカンドシングル、そしてこのサードシングルと次の4枚目のシングルは歌詞が繋がっているのです。
第一作目から曲中にカップルが登場するのですが、この4部作で、このカップルの成り行きを歌っているわけです。
そういった事情も踏まえて聞くと、この曲の良さがさらに理解できます。
さくらボーイズ、おすすめです。

ぱらっぱっぱっぱー 

2007年12月10日(月) 4時54分
Voice of McDonald'sというイベントをご存じでしょうか?
日本ではあまり取り上げられていないので知っている方はかなり少ないと思います。
Voice of McDonald'sとは、世界中のマクドナルド店員(マクドナルドクルー)が歌唱力を競う大会です。
つまり「世界中のマックのバイトさんの中で一番歌が上手いのは誰?」ってイベントですw

マクドナルドと一口に言っても、これはもう世界的な大企業ですから、そこで働くクルーもかなりの人数がいて、レベルの高い大会となっています。
エントリーはなんと全世界で3600名。
現在、そこから35名のセミファイナリストが絞り込まれています。
彼らセミファイナリストの歌っている動画が公開されているのですが、とてもハイレベルです。
セミファイナリストとは言っても、はっきり言って全員プロ級です。

さらにここから10名に絞り込むのですが、web投票も受け付けておりますので、是非投票してみて下さい。
ちなみに、日本からも一名セミファイナルに進んだ方がいますよ。

詳しくはコチラから。

スノーボード 

2007年12月09日(日) 7時59分
まだ秋のような気がしていたのですが、ふとカレンダーを見るともう12月も中旬に差し掛かろうかという時期ですね。
もう冬なんですねw

冬の楽しみと言えばスキー・スノボということで、スキー場に行かれる方も多いと思います。
今年は寒い冬になりそうとのことで、ウィンタースポーツには打って付けの気候ですね。
今年も友達とスノボに行こうという話をちらほらしてはいるのですが、日程が合うかどうか次第でまだ決まっていません。
是非行きたいですけど。
もし行くなら、泊まりがいいですね。
スキー場の近くのロッジを予約して、朝早く出発して遅くまで遊んで、ロッジに泊まって次の日も遊ぶという感じかな?
日帰りだとバタバタして、帰りはぐったりということになるので、最低でも1泊はしたいです。
温泉なんかあったらさらに良いんですけどね。

スノーボードをされる方ならご存じかと思いますが、バートンというブランドがあります。
スノボ用品の最大手ですね。
このバートンがECサイトをオープンしました。
直営店の情報なんかもこのサイトから発信していくようですので、気になる方はチェックしてみては?
また、今なら送料無料のキャンペーンなどを行っているので、スノボに行く計画のある方は是非利用してみて下さい。

お風呂ブログ 

2007年12月07日(金) 2時57分
「集まれ全国のふろリアンよ!」というサイトがあります。
ライフコーディネーターの方と、TOTOの販売企画担当者による、対話型のブログなのですが、
サイト名にある通り、主題はお風呂
お風呂に関する様々な話題が書き込まれていて、お風呂好きにはたまらないサイトとなっています。
対話型ですので、読みやすいですし、読んでて面白いです。

お風呂はリラックスでき、自分も大好きで、朝晩2回入ります。
この時期の朝は寒くて嫌ですが、朝風呂は最高です。
ちなみに夏はシャワーだけだったりしますけどねw

このサイトには、お風呂好き度が測れる、カワイイブログパーツがあるので、気に入った方は自分のブログに貼り付けてみてはいかがでしょうか。
また、トラックバックも出来るようになっていますので、お風呂に関する話題を書き込んだらトラックバックしてみるのも面白いかもしれません。
トラックバックするとプレゼントが当たるキャンペーンなんかもやっているようですね。

グーオク 

2007年12月05日(水) 19時14分
車の買取で有名なGoo-net買取オークションを知っている方は沢山いらっしゃると思います。
Goo-net買取オークションは、新フレーズ「グーオク」を発表したのですが、「グーオクって何?」をテーマに一般の方からCMを募集するという企画がありました。
3つの作品が受賞したので、一つを紹介します。



一瞬で服を脱ぐという芸を持つ若手芸人さんが出演されているCMです。
芸について熱く持論を語るのですが、服を脱いだ後に一言ギャグを添えることに関しての是非について語っています。
服を脱ぐことと脱いだ後のギャグは関係ないので、服を脱いだ後の一言ギャグは必要ないという考えを持っていらっしゃるようです。
と、ここまでが「オチ」に対する「フリ」になっていますw
関係ないことはやらないと熱く語っている一方で、そのこと自体がグーオクの宣伝と一切関係ないというオチが付いています。
最後にグーオクのロゴが出てきた時点でニヤッとしてしまいました。
それにしても、服を一瞬で脱ぐのはどうやっているのでしょうか?
普通に服を着ているのですが本当に一瞬で裸になってますよね。
ほんの一瞬で終わってしまう芸なので、あっけにとられて余り深く考える時間もないのですが、これって凄いことなのではw

他にも受賞作品がありますので、興味のある方はこちらから探してみて下さい。
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
みんなが気になるあなたのブログ レビューブログオススメ【家を買うをギャンブルにしない。】マンション一戸建ての購入なら、素敵な住まい「くらべる」サイト、HomePLAZAで徹底比較!!不動産住宅情報も満載です。IT業界のエンジニア〜エグゼクティブ転職・求人サーチ&スカウト情報合宿免許はコープおすすめの運転免許で。外国為替取引は、外為情報満載のかざかFX【My外貨】で!ブログでブームはブロモーションブログで報酬稼ぐなら!buzzmo(バズモ)