読んだ本など 

April 06 [Sun], 2008, 15:57
受験終わってからしばらく暇だったので、いくつか読んだ本をご紹介します。
もう大学入ったからしばらく忙しくなりそう。当分読めないかな…。

・「門」/夏目漱石
わりと読みやすいお話でした。が、ちょっと地味かな…!?
最後のほうは修羅場になると思ってたのですが、意外とあっさりと収束。
あと御米は漱石作品の女性としては、かなり珍しいタイプで新鮮でした。

・「彼岸過迄」/夏目漱石
今年のセンター試験(国語)で出題された作品です。気付かずに読んでました。
一応、主人公は敬太郎のはずですが、存在感なさすぎw
いまひとつストーリーがはっきりしませんが、漱石の作品のおもしろさっていうのは、ストーリーの流れというよりは表現力のほうにあるのかな。まあおもしろかったです。

・「上海」/横光利一
新感覚派の作品は他に川端康成の「雪国」を読みましたが、たまたまかもしれないけど、共通してちょっと艶なところがありますね。
ただし、「雪国」はわりと婉曲なのに対し、「上海」は直接的。
あと「雪国」は情景が美しいですが、「上海」は雑然とした汚い街を描いてます。

登場人物の名前が、ちょっと変わってるなあと思いました。(参木とか、甲谷とか。)

作品読み始めていきなりトルコ風呂とか出てきたときには、正直失敗したかと思った。まあ文学なので、そういうのもありかな、と思いますが、中学生以下にはこの作品はおすすめしないです。

ひょんなことから遊女に身を落としていくお杉には、彼女の健気な性格とあわせて、なんともいえない「あわれ」を感じました。あと参木の独特の倫理観は、へぇーって感じで印象的だった。結果的に空回りしてるわけだけども、紳士的ではある。好感もてる、自殺願望さえなければ。

感想はそのくらいかな。あと甲谷ウゼスwwwお杉になんてことを!


以上、主に3月の読書記録でした。
まだ読んでないですが、中勘助の「銀の匙」も買ってあります。
サリンジャーの「キャッチャーインザライ」を英語で読んでみようと思ってます。

大学生活スタート 

April 05 [Sat], 2008, 1:51
昨日入学式、今日も学校行ってガイダンスなど聞いてきました。

でも大学ってものに対して、正直ちょっと失望しかかっている。
大学が、思い描いていた場所ではなかった…!
別に、ハチクロみたいなのをイメージしていたわけではない。むしろ私は、どちらかというと夏目漱石の「三四郎」みたいのをイメージしていた!(無理がある?)

なんというか、野々宮さんみたいな人がいっぱいだと思っていたのに…。
大学はある意味世間と切り離されていて、神聖な感じがするとこだと思ってた。
ところが実際、神聖どころか、むしろ思いっきり「俗」である。時節柄かもしれないけど騒がしいし、全体的にチャラチャラしてるし。

なんでも、講義中の生徒の私語もさかんらしいし!授業によっては当たり前のように喋ってるらしい、高校じゃ考えられない。

そういえば、入学式のときも、ペチャクチャ喋ってる連中がいたしね…。(いくらなんでも、非常識すぎる。私の出身の公立中学すら、そんなのはなかった。)

大した才能もないのにこんなこというのも、おこがましいけれど、私は神聖な大学という空間で、「学問」っぽいものに熱中したかった。結果として大成するかはともかくとして、そういう空気に酔ってみたかったんだけど、こんなところだとは。

ああーなんかショックです。
今の大学はどこもこうなの?それとも、私の大学がしょせん私学だからなのか…。

いずれにせよ、私が大学ってものに対して変な夢を見すぎてたのは確かだ。今時この大学全入時代に、明治時代の大学のイメージを求めるのは無理だよね…。

もうしかたない、この環境の中で、精一杯勉強しようと思う。きっと何か得るものもあるだろう。

4月、始まりの季節。 

April 01 [Tue], 2008, 23:55
明日が学部のガイダンス、明後日が入学式。いよいよ大学生活がスタートします。

大学生活は、楽しみでもあるし、不安でもある。私は新しい生活に多大な期待を寄せるくせして、その環境に慣れるのに人一倍時間を要するほうらしくて、実際毎回結構〜苦労するんだよね。(精神的に適応するのに)

期待に胸を膨らませながら張り切って入学し、4月いっぱいはまあもつんだけど、5月あたりになると空虚な疲労感がやってきて……ってこれって五月病?
秋も深まるころになると、その環境に愛着も湧いてきて、ようやく落ち着けるようになる。(夏休みに一度離れられるのも、大きい。)

そういう自分の性質みたいなものが、経験上分かってしまっているから、昔みたいに純粋に「楽しみ!!」とは思えないのが悲しい。私も、ずいぶんと老け込んだものだw


そうそう、それで今日は、新入生の歓迎パーティーみたいなものに行ってきました!もうほとんど遅刻も同然だったけど、ぎりぎり入れてもらえて、ほっとしました。

古都、京都。 

March 29 [Sat], 2008, 18:55
京都旅行から戻ってきました!
帰宅は27日の朝だったのですが、もうその日は疲れて一日中寝ていました(^ω^;)

やっぱり日数が少なかったのと、私も友達も体力がないのとで、あんまり回れませんでしたが、清水寺・南禅寺・平等院など行ってきました〜。

人力車も乗った(^ω^)
もともと、私は気が小さいので、あんまり目立つようなことはしたくないが、友達が乗りたそうだったし旅行先の好奇心も手伝って乗りました。生まれて初めて!!乗る瞬間、もうちょっと体重を軽くしておけばよかったと思いました(笑)。
(余談ですが、友達はこの手の勧誘に遭いやすくて、鎌倉に行ったときもたちの悪いナンパばりに?しつこく勧誘されました。あのときは私、全力で拒否った!)


ちょっと残念だったのは、桜、まだほとんど咲いてなかった……。
CMで見た満開の桜の南禅寺を見たくて、わざわざ行ったのに(>_<;) しかも、東京に帰ってきてみたら、なんと東京ではもう咲いているという!ちょwwwタイミングワルスwwww

そうだ 京都、行こう。 

March 24 [Mon], 2008, 16:26
今日の晩から友達と2人で京都旅行行ってきます!

彼女は高校の友達ではないから、卒業旅行というのか、いわないのか分からないけど、まあそんな感じで☆

学生らしく節約旅行で、旅費&交通費を安くあげるために、今日の晩夜行バスに乗り、明日の夜は一泊、明後日の晩にまた夜行バスに乗って帰ってくるという、なかなかハードなスケジュールです。


春の京都は初めてなのでとっても楽しみです!!
今まで何回か行ったけれど、なぜかいつも決まって夏だった(^ω^;) 盆地の猛暑はとても耐えられない。もうね、観光どころじゃない!って感じ(笑)。

桜も楽しみだな〜。ちょうど満開なのでは??

ではでは行ってまいります。
P R
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆき
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1989年
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-本屋に行くのが好きです。死ぬまでに世界中の名作を読破したい。
    ・ゲーム-任天堂が好き。ポケモン、FEなど。
    ・音楽-ZARD、WANDSなど90年代の曲が好き。
読者になる
春から大学生。
昔からの将来の夢だった、弁護士を目指すため?、法学部に入ります。というわけで今のところは法曹志望です。
http://yaplog.jp/nostalgia1989/index1_0.rdf