【 更新情報 】

スポンサード リンク

のし袋のし書き方いろいろ

供物や供花をお贈りする、例えば仏式でお線香やろうそく、菓子折りや果物あるいは生花などがありますが、神式ではお線香は供えることはしないようです。またキリスト教でのお供物は生花のみとなっています。この場合仏教では、のしの表書きは御供物 供花ということになります。

のし袋で葬儀のとき世話になる運転手さんや火葬場の職員さんに対する心づけの、のし袋の表書きは 志 と表現します。一方お寺や教会あるいは神社などへのお礼は、どの様な表書きがいいのか。 御礼という書き方であれば宗教に関係なく使用できます。

宗教によって使い方は異なると思われますが、次のお表書きが使用されます。


仏教では 御礼や御布施、あるいは読経料や御回向料という表書きがあります。

神式では 御礼や御祈祷料 もしくは御祭祀料や御榊料 御神饌料などと一般的には分かりにくいですが、このような書き方をします。

キリスト教の教会へとなると 献金あるいは記念献金、感謝献金と献金という形をとるなどの書き方をします。また、ミサ御礼とか御ミサ料などを使用します。

のし袋書き方仏教以外

仏教のお葬式関係で、お通夜は 通夜祭といい葬儀や告別式にあたるのは、葬場祭といわれるそうです。神式ですから仏教で使用するお数珠や線香は使いません。のし袋の表書きは御玉串料や御神前、御榊料、もちろん御霊前は表書きで使えます。水引は双銀あるいは双白の結びきりもしくはあわび結びが使用されるとしています。


キリスト教の場合ののし袋の書き方として御花料や御ミサ料などという書き方をします。のしの袋は仏教的なはすの絵の不祝儀袋は使いませんのでご注意ください。一般に市販されているものの中には、キリスト教的な十字架やユリの花があしらわれたのし袋もあります。もちろんのし袋でご霊前という表書きの書き方はできます。

一般的なのし袋表書きなど

法事や葬儀などののしの書き方で、宗教が分からないときにはご霊前と書けば全般的に通じます。但し、ご霊前は四十九日の法事、つまり忌日の法要だけに通用します。それを超える法要法事の表書きは仏前という書き方をします。

浄土真宗は当初の法事からご仏前を使用しますし、のし袋で蓮の絵などが入ったものは、仏教のものです。仏教以外のキリスト教であったり神式などの場合には使用できませんのでご注意ください。

ご霊前と同じく一般的に使えるのはご香料、ご香典も宗教に関係なく使えるようです。水切りについては基本的に、白黒や双銀の結びきりあるいは双白や白青の結び切りもできます。また結び方について、あわび結びも使用することができます。

地方にもよるようですが、例えば京都においては黄白の香典袋を使疎いう慣わしがあるようです。のしやのし袋はそれぞれ地方や習慣によるところもありますので、いずれにしても注意が必要のようです。

のしとのし袋の書き方あれこれ

お悔やみごと仏事弔事には、それぞれのしやののし袋の書き方があります。葬儀やお通夜などののじの書き方、法事法要におけるお香典やお供え物ののしのつけ方書き方があります。 それぞれに応じて表書きの書き方が変わります。

お葬式などの関係では不祝儀となりますが、不祝儀だからこそ宗教あるいは宗派によって表書きが異なっていますので先方に合わせるという注意が必要となります。分からないからといってそのままにしないで必要であれば問い合わせしてみても良いかもしれません。

このような仏事法事では、のしの表書きには薄墨で書きます。名前なども同じように書くのが基本的なマナーであります。弔事の場合の水引は結び切りを使用します。

お香典の場合ののし袋の書き方で、表の中央に表書き、下の中央にご自身のお名前を書きます。また、中包みがある場合には表側の中央には金額、そうして裏側には住所の氏名を書きます。これによって喪主の側が整理しやすくなります。これもマナーと心得て下さい。

のし袋マナーと宗教

のし袋の表書きは、宗教によっても書き方は異なります。ご霊前やご仏前という書き方は、キリスト教や神式の法要法事は使用しません。キリスト教ではお花料などという表書きの書き方をします。神式ではお玉串料とか御榊料という書き方をします。

喪家の宗教がわからない場合は、お香典という書き方も良いと思われますが、少なくとも、喪家の宗教が仏教なのかキリスト教なのか、あるいは神式で行なう法要法事なのか知っておくのも、マナーといえばマナーかもしれません。

もちろんキリスト教や神式では、仏教でいうところの法要や法事という表現はしないと思われます。仏教でいう四十九日などの忌日の供養や一周忌に法要供養を行なうのは、仏教の慣わしによるものであり、キリスト教や神式では、別の形で故人を偲び供養する慣わしが存在します。

その方法も、様式もその宗教に則って行なわれます。したがってのし袋やその他ののしについても、そのしきたりの上で書き方等が決められていると思われます

のし袋書き方など

のし袋は不祝儀、祝儀にわたりますが、法要法事などの弔事にはもちろん不祝儀袋を使用することになります。のし袋は熨斗袋であり、法事法要のときはお香典を入れる袋であり、またご僧侶に渡したりするお布施料やお車代などにも使用したりします。

多くはお香典を入れるのが熨斗袋のし袋です。市販ののし袋にはご霊前と記されていたり、ご仏前と記されているのはお香典用のものです。のし袋でこのように、水引の上に書かれているのは表書きといい、これはのし袋に限りません。

お供え物ののしに書かれるものも表書きです。法要法事のお香典ののし袋は、四十九日日法要法事までは、一般的にはご霊前を使用することができます。四十九日を過ぎた一周忌や三回忌の法要法事では基本的にご仏前を使用します。

その違いは、亡くなった人が49日間は霊の状態で存在すると考えられていて、それを過ぎると仏様になるという願いからご仏前という表書きを使用します。ところが仏教でも浄土真宗は、最初からご仏前をという表書きとしています。
P R
カテゴリアーカイブ