【 更新情報 】

スポンサードリンク

結婚 のし袋 書き方

結婚 のし袋の書き方「寿」の下って自分の名前を書くんですよね?
バイト先で貰ったのしの資料(本のコピー)によると、表書きに「寿」と書くのは「結婚祝い(金品ではない)」「引き出物」「媒酌人へのお礼」「仏式で僧侶へのお礼」だそうです。地域によって異なりますが、一般的にはご祝儀に「寿」とは書かないようです(一般的には書かない表書きも「書いて!」と言われたら、その旨を伝えた上で書いていましたが・・・「分からないからプロに頼んだのに、間違いをどうして指摘してくれないの!?恥かいたじゃない!」と言われないようにするため・・・)
そしてご祝儀は、「御祝儀」と書けばいいみたいですよ。
・相手の名前は書きません。結婚以外でも「のしに相手の名前を書く」ことは無いです。
結婚 のし袋の書き方でもう1点、のし袋の選び方にも注意しましょう。
水引が問題になります。
結婚祝いは「金銀」の水引きで、「しっかり結んであるもの(結びきり)」を使います。
よくある「蝶結び」はほどけるので、何度あってもいいお祝いに、例えば出産祝いなどに使います
P R
カテゴリアーカイブ