ノルバスク薬 副作用 

November 18 [Thu], 2010, 10:00


>>詳しくはこちらをクリック


生活習慣病の中でも高血圧は3人に1人がなると言われています。

製薬会社でもたくさんの種類の降圧剤が開発されているのもそれだけ巨大な市場になったいるからなんですね。


ノルバスクは高血圧の薬の中でも、カルシウム拮抗薬に分類され、効き目もよく安全性が高いため、降圧剤処方の第一選択にされています。


ただ安全性は高いとはいえ、やはり薬であるため副作用が全くないわけではありません。

ノルバスクで主に副作用の症状として言われているのが


ほてり、めまい・ふらつき、頭痛・頭重、動悸、浮腫

そして、この他に意外に知られていないのが血流障害です。

例えば、
「やる気が出ず、昔みたいな元気がなくなった」

「頭がぼーっとして集中力が無くなった」

これらは降圧剤で不自然に血圧を下げた結果、脳に血が回らなくなって起こる現象。


>>詳しい降圧剤の副作用はこちらから


気をつけないといけないのは、降圧剤は血圧を治す薬ではないということ。

薬を飲んで、血圧が安定したからこの位下がったら良いだろうと降圧剤は血圧を調整してはくれません。


下げる下限をしない

たとえ最高血圧が110程になったとしても、高血圧の薬を服用することで、まだ血圧を下げようとするんです。

そして時には最高血圧が100以下になり、下がりすぎてめまいや立ちくらみが起こるという副作用を起こしてしまうんです。


血圧の薬は一生飲み続けないといけないという事は決してありません。

食生活や運動など普段の不規則な生活を正しくすることで、血圧が上がる要因を改善していくことが最も大切なことなんです。


この藤城式高血圧改善 食事法は、そんな血圧を食事で改善させる、本当の食事療法とは何なのかを指示


日本食養の会の会長 藤城博さんが、30年間にわたり高血圧などの生活習慣病の人達に全国各地で健康セミナーや合宿を年間50回以上行い、現在でも年間100人以上が実践されている食事法なんです。



もちろん、病院や栄養士さんが指導している「減塩」といった、単純な食事療法や塩分制限といった内容ではありません。


もし塩分を控えただけで血圧が下がるのなら、醤油・ソースなどの調味料はほとんど使わなければ降圧剤の服用はいらなくなるでしょうか?



こういった、間違った食事療法がどれだけ頑張って制限しても血圧が下がらない理由の落とし穴。


まずは、正しい食事法とはどうゆうものなのか?


正しく食事や食材を改善すれぱ3日で血圧を下げられるその方法について詳しくは下記からご覧下さい。


>>藤城式高血圧改善 食事法はこちらから





このサイトは、藤城博さんの「たった3日で血圧を下げる 藤城式高血圧改善 食事法」 の食事療法のやり方や高血圧の薬で処方される降圧剤ブノルバスク薬の副作用について説明しています。




気道を守る喘息発作予防術

便秘スッキリ、すっぴんスリム美人

中川式ストレッチ