練馬区の一軒家リフォーム体験談

December 04 [Thu], 2014, 15:18
子供の頃から住み慣れた練馬区にある実家の一軒家をリフォームしました。決して広くない実家でしたが、両親が高齢となって階段の昇り降りの際に膝の痛みを口にするようになったり、時々引き戸のレールに足を引っ掛けてしまう事が多くなったので、思い切ってリフォームを検討するようになりました。新築の物件の購入も考えたのですが、練馬区はスーパーや病院など、生活するには欠かせない施設がたくさんありますし、長年住み慣れた一軒家を離れたくないという結論にいたりました。ちょうど、父の定年退職の退職金があったので、私のボーナスをあわせて費用を負担しようということになったのです。
リフォームの内容は、階段の段差を低くすることと、家全体のドアのレールや敷居の段差をなくすバリアフリー化、また、滑りやすいお風呂場での転倒防止を防ぐタイルの張り替えと手すり設置でした。以前の階段は、段差が高く、昇り降りの際に手すりをしっかり持たないと怖いと感じるくらいでしたが段差を低くすることで膝にかかる負担が軽減させることができたようです。家の中全体をバリアフリー化したことで両親が転倒してしまう可能性もなくなりましたし、私も安心して生活することができます。また、お風呂場のタイルを滑らないものにして手すりをつけたことで、母は「リラックスして入浴ができるようになった」ととても喜んでいます。
費用はかかりますが、両親の家での怪我防止になると思えば安い買い物だったと感じ、非常に満足しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:takanashi
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リフォームを練馬で大橋建築さん

春日工務店さん

P R
カテゴリアーカイブ