りえさん、ありがとう。 

2007年04月06日(金) 3時10分
仕事を通じて知り合った人にこんな詩を教えてもらいました。


あたりまえ

あたりまえ
こんなすばらしいことを みんなはなぜよろこばないのでしょう
あたりまえであることを
お父さんがいる
お母さんがいる
手が二本あって、 足が二本ある
行きたいところへ自分で歩いてゆける
手をのばせばなんでもとれる
音がきこえて声がでる
こんなしあわせはあるでしょうか
しかし だれもそれをよろこばない
あたりまえだと、笑ってすます
食事がたべられる
夜になるとちゃんと眠れ、そして又朝がくる
空気をむねいっぱいにすえる
笑える、泣ける、叫ぶこともできる
走りまわれる
みんなあたりまえのこと
こんなすばらしいことを みんなは決してよろこばない
そのありがたさを知っているのは それを失くした人たちだけ
なぜでしょう
あたりまえ

井村和清著『飛鳥へ そしてまだ見ぬ子へ』


32歳という若さで家族を残して亡くなったお医者さんが書いた詩です。

Life is good 

2007年03月19日(月) 7時57分
今月はヨガ関係の通訳で朝から晩まで出ずっぱり。忙しいーーー。休ませろーーーーっ。なんて、ブーブー言っているけどやっぱりやっててよかったな..と思う瞬間も多いです。

朝、静寂の中で座禅を組んでいると時々泣き出してしまったりする人がいるのですが、そういう瞬間に遭遇するたび、「みんな泣きたい気持ちを抱えながら毎日必死に生きてるんだなあ」と胸がいっぱいになります。

涙、言えなかった言葉、怒り、悲しみ、後悔...そういったものは飲み込むたび体の中にどんどん溜まっていきます。日々、忙しく動き回りつづけることでごまかすことはできるけれど、一度飲み込んだものは実はずっとそこにとどまって、外に出してもらえる日を待っています。

静かに目を閉じて座ることはそうして閉じ込められていたものたちと向き合うこと。それはとても怖いことだし、勇気のいることです。

静かに座っている人たちを見守りながら、「美しい」という言葉はこういう瞬間に使う言葉なんだなあとふと思いました。美しくない人なんて、この世に1人もいない、ひとりひとり本当にかけがえのない人。

自分を大切にしようとする人はそれだけで世界のために地球のためにすごくいいことをしているんじゃないかな。だって、自分も自然の一部だから。その自然の一部である自分に愛情を注いでいるんだから。それってすごいことです。

世の中の1人でも多くの人が悲しみから苦しみから救われますように。ゆきぽん、お誕生日おめでとう。

のり

我が家の点検隊長 

2007年02月12日(月) 7時04分
我が家の裏庭点検隊長W氏。

朝ごはんを食べたら、裏庭に面した窓のそばに待機します。窓にはりつくかのように、鳥用エサ箱にむらがる小鳥たちをジーッと見つめるW氏。

「おのれ〜、ワシの庭であそびやがって、許せん」....と思っているのかどうかは不明です。

窓を開けると、隊長は駆け足で飛び出していきます。そしてあちこち歩き回って匂いをくんくんかいたり、空をジーッと見上げたり、異常がないかどうか確認します。隊長のおかげで、我が家の裏庭は今日も平和です。


今日も点検に余念のない隊長。


が、今朝はちょっとした事件が。外に出て数秒もたたないうちに、庭の木にバカでかいカラスが2羽バッサバッサと舞い降りてきたかと思ったら、「クワーーーーッ!!」とものすごい声で一鳴き。

不審者だ。隊長、出番ですッ!あ、あれ、隊長...。あ。






巨大な珍客に度肝を抜かれ、猛ダッシュで家の中に逃げ込む隊長。

ドヒャーーーーーーー


その後、カラスたちはさっさと飛び去ってしまったのですが、隊長が見当たらないのでうちの中を見回すと、なんと家具の陰に隠れておられました。

案外気が弱いことが判明した点検隊長。今後の活躍で汚名挽回していただきたいものです。


「まだ心臓がバクバク...」

のり式いなり丼 

2007年02月10日(土) 5時32分
夕飯にいなりずしを作ろうと、買っておいたいなり用揚げを使ったところ、袋が破れる破れる。。。

2、3個破ったところで、「どんな器用な人でも、この揚げを破らずにご飯をつめるのは絶対不可能!」という結論に達し、急遽、メニューを「いなり丼」に変更。揚げを刻んで、すし飯にのっけただけです、ハイ。

お腹に入れば同じことでしょう!と思う人も多いかもしれませんが、やっぱり何かが違う〜。ちゃんと袋に納まったおいなりさんが食べたかったなァ。

問題のいなり丼↓


ちなみにのり式いなりずしはすし飯に刻んだがりを混ぜます。生姜のさわやかな風味が加わって、ビックリするほどおいしいですよ。お試しあれ。

台湾カフェ 

2007年01月29日(月) 15時53分
私の住む街はいろんな国の料理がそろっているのですが、先日なんと台湾人経営のカフェを発見しました。

内装は日本でもよくありそうな普通の喫茶店風ですが、メニューを広げてビックリ!デザートも飲み物も台湾そのまま!友達はあずきと練乳をのせた巨大カキ氷(どんぶりサイズだっ)、私は豆腐とあずきの入ったミルクティー。どちらも大変おいしゅうございました。あ〜、今思い出してもよだれが...。

これはゆっきーに教えなければ!!!と思ったのに、感激のあまり食べることに夢中で写真を撮るのを忘れてしまいました。スマン、ゆっきー。次回は必ず写真撮ってくるからね。

というわけで次回は写真入りでレポートします。お楽しみに。

自分の速さで 

2007年01月27日(土) 7時49分
今日も走りました。1人で。やっぱり1人だとちょっとつまらないかも。しかし外の空気は本当に気持ちよく、ひとつ呼吸をするごとに、心も体もグングン元気になっていく気がしました。

2度目のジョギングで気づいたこと。

それは、歩いたり走ったりするときって、自分の周りのいろんなものに気がつくってこと。太陽、空気、匂い、温度、散歩中のおばさんと犬、街路樹など、車に乗っていたら気がつかないことが多いけど、歩いたり走ったりしてるとそういうものがどんどん見えてくる。

車のスピードは人間が暮らしを営む速度としては早すぎるのかも。自分の足で可能な速さ(遅さ?)が結局は環境にも体にも一番良いってことなのかもしれないなあとジョギング後のストレッチをしながらふと考えたのでした。

祝40分! 

2007年01月25日(木) 4時19分
小雨の降る中、ジムで知り合った女の子と一緒にジョギングに行ってきました。

かなり経験を積んだマラソン選手だそうで、靴の選び方から正しいウォームアップやストレッチまでいろんなことを教えてもらい、とっても勉強になりました。

ビックリしたのは彼女とおしゃべりしながら40分近く走れたこと。自分ひとりの時は15分もすると疲れてやめちゃうのに。

ちゃんとストレッチしたからか、今朝起きても体が全然痛くないので更にビックリ。持つべきものはよい先生ですね。

ケン違い 

2007年01月23日(火) 15時27分
「硫黄島からの手紙」、観てきました。良い映画です。悲しいけど、良い映画。

その「硫黄島からの〜」に渡辺謙が出てるんだけど、うちのお母さんとこの映画の話をしていたときのこと。

母:「渡辺謙、よかったワ〜。あの人、大地真央と離婚して、南果歩と結婚したんだよねえ。」
私:「ウソッ!謙さん、大地真央と結婚してたん!...? あれ、ちょっと待ってよ...」

私:「おか〜さん、大地真央と結婚してたのは松平ケン!ケンが違う、ケンが!」
母:「ええっ??」

その昔、宮沢りえがテレビに出ているのを見て、「明菜ちゃん、顔変わったねぇ」とつぶやき、家族を驚愕させた人なので、この程度の勘違いは日常茶飯事です。

ちなみに父は「いつもこんな感じやから、お母さんが年取ってボケてもその変化に気づかんかもわからんなあ、ワハハ」と笑っています。そんなのん気でいいのか、うちの両親。

知らない人に話しかけられる 

2007年01月23日(火) 7時21分
仕事の面接に行ってきました。移民局関係の仕事。

面接が終わってからカフェで一休みしていたら、隣に座っていたじいさん(インド出身)に話しかけられ、世間話。

話の途中で、子供がいない人生なんて!と説教されて最初はなんかやだなと思ったけど、言ってることがうちの母と全く同じなのでなんか笑ってしまった。母が幽体離脱してじいさんの体に乗り移ったのかも。

じいさんが去った後、今度は反対側に座っていた20代後半くらいの男の子(ベトナム出身)に話しかけられる。

なんだか思いつめた感じがするなあと思いながら話を聞くと、今週末日本人の彼女と結婚する予定だったんだけど、彼女のお父さんが癌で入院したため、彼女は急遽日本に帰国してしまったそうな。今週末の結婚式がどうなるのかまだ分からず、頭を抱えているんだって。

良くないことはそれだけじゃなく、去年は2人でバイクに乗っていて事故に遭ったり、1人で始めた小さな事業が倒産に追い込まれたりしたそうで、「次から次に良くないことがおきるんだよねえ」とぼやいていた。そういう時期ってあるよねえ、うんうんと相槌を打つ私。

「働き始めた頃、給料はたいして良くなかったけど、親に仕送りしたりしても特にお金に困ったことはなかったんだよ。でも、だんだん、車とか彼女へのプレゼントとか自分の欲しいものばっかり追うようになってから、いろんなことが上手く行かなくなってきたんだよねえ。」と言っていたのが印象的でした。

私もホント自分のことばっかり考えてるもんなあ。「自分に責任を持つ」ということと「自分の利益ばかりを追う」っていうことの境界線がだんだん分からなくなってきてるんじゃないかと、最近よく思う。

男の子が去って、さあ帰るか...と思ったところで今度は入れ違いに入ってきたおばあさん(中国出身)に話しかけられる。。。

立て続けに知らない人と話し込むはめになり、「これって、『世にも奇妙な物語』?このカフェから一生出られなかったらどうしよう」とちょっと心配になったりして。

でも、おばあさんと話した後はちゃんとうちに帰れました(ホッ)。

それにしても不思議な一日だったわ〜。

松氏のアドバイス求む! 

2007年01月17日(水) 8時59分
今年は運動する!と宣言しましたが、以前どこかで運動前、運動後はこういうものを食べるといい...とかなんとかいう話を聞いたことを思いだし、早速ネットで調べてみました。

で、調査の結果分かったのは、「いろんな情報が飛び交ってる」ということ。なんかややこしー!たんぱく質とかアミノなんとかとか、もう頭が爆発しそう。(そんなことで悩む以前にちゃんと運動しろよって感じですが)

ここはぜひ運動エキスパートの松氏に登場していただいて、効果的な食事(飲み物?)の摂り方を伝授してもらいたいものです。>ゆっきー、大至急、松氏のインタビュー頼む!

周りにこういうことに詳しい人が誰かいないか、と考えてみたけど、誰もいない...。今、気づいたけど私の周りの人って運動するよりは本を読んだり書き物をしていたい、って人ばっかりだ。類は友を呼ぶってやつ?

元ルームメートのオーリャに至っては、「運動?体が痛くなるだけよ。やめとき〜。」なんて、言うし。この人は人生の全てを芸術活動に捧げていて、普段から「運動なんて時間の無駄よッ」と断言している人なので、アドバイスを求めた私がバカでした。

ちなみに彼女の唯一の運動は「バスに乗り遅れそうになったときの猛ダッシュ」(本人談)だそう。その「猛ダッシュ」、前に偶然見かけたことがあるけど、バンビが小走りしている風にしか見えなかったぞ〜。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:noriyukiblog
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像nori
» 大きなひとりごと (2007年01月08日)
アイコン画像yuki
» 備えあれば... (2007年01月02日)
Yapme!一覧
読者になる