今年も馬島! 

2008年08月07日(木) 16時28分
mixiとこちらと両方更新するのが難しくなってしまって、すっかりご無沙汰しております。
たまにはこちらにも書き込みしなくては・・・。ということで、久々の日記です^^


去年に引き続き、今年も山口県の馬島に海キャンプに行ってきましたので、その写真日記をば^^
去年の馬島日記はこちら。
http://yaplog.jp/noriyon/archive/101

いやぁ、天気にも恵まれ、海に入っていた時間は一体どのくらい長かったのだろうか、
と思うくらい、ずっと海に漬かってましたね・・・^^
寝るときと食べるとき以外は、海にいたような・・・。

山口県の瀬戸内側の島、馬島は、人口50人(と書いてあったような)の小さな島。

キャンプ場にとまっている人の方が多いかも^^;

 
去年行って、天候に恵まれなかったにも関わらず、かなり気に入ったので、リピーターになりました。

まずは、高速にのり、玖珂インターで降りて、麻里府港まで。

船に荷物を積み込んで、10分ほどで馬島に到着。



 
リヤカーを予約しておくと、「○○様」と書いてあるリヤカーがちゃんと置いてあり、
そこから、徒歩15分ほど(我家の場合、ところどころで遊びながら行くので30分くらいかかる^^;)の
リヤカー引きながらのお散歩コース。
猫ちゃんにご挨拶しながら、暑い暑い道のりです・・・


今回は、お昼前に到着したので、1日目のお昼、夜、2日目の朝、昼の4食をキャンプ場で。
昼は、すぐに遊べるように簡単に・・・・。
ポニョに出てきた、お湯をかけるラーメンに憧れて、チキンラーメン初体験の我家の子ども達です^^

お昼を食べたら、さあ遊ぼう〜!!
キャビンからすぐビーチです。


が。。。。実は、この日、気温がとても高かったことも影響してか、赤潮が浜の近くまで押し寄せていて、かなり汚い海でした。
湾の場所によって、若干ましなところがあったので、探しながら泳ぎましたが・・・。
ちょうど、大潮の引き潮で、昼過ぎはかなり潮が引いていたため、水はお風呂のように暖かく、ちょっと顔はつけたくない感じ・・・・・(>_<)
少し沖にいくと、足元は冷たいのですが・・・。

でも、そんなことにはかまわず、ワーッと遊ぶ子どもたちでした。



私は、というと、磯の生き物を探したり、楽しみましたよ〜。
クラゲがたーっくさん打ち上げられていて、ゼリーのようで可愛かったです。

引き潮で浜に打ち上げられた、太刀魚?
なんと、口に小魚をくわえています!
誰かがいたずらでくわえさせたのか、それとも、本当にお食事中に打ち上げられてしまったのか・・・・・(謎)

ビーチには、多くて6組(ほとんどファミリー)くらい。少ないときは私達家族だけ、というときもありました。
完全にプライベートビーチ状態です。
去年は雨が降っていたのもあって、人が少なかったのですが、今年は時期も去年より2週間ほど遅いし、天気もとてもよかったので、人が多いのでは、と懸念していましたが、やっぱり穴場な馬島なようです。

去年の引き潮は、12時&6時というサイクル。
引き潮の時間帯に陸続きになるお隣の刎島への散策などで、引き潮のときには海に入らなかったのですが、今年は、3時&9時のサイクルで、引き潮の潮溜まりをたっぷり堪能しましたよ〜。

この日は大潮で、干潮がマイナス30cm、満潮が3mということで、干満の差が3m以上あったようです。
海の中の小さななぞめいた生き物が大好きな私としては、この干潟散策はよだれものでした!!


アメフラシ(左)
今回、水中で動画&静止画が取れるカメラを持参で行ったので、ためしにとってみたのですうが、きれいにとれました〜!!(満足^^)

ブンブクチャガマ(中)
ウニやヒトデと同じ棘皮動物の一種です。
干上がってできた洲の部分にいたものは、動き回った跡(ぐるぐる線)も観察できましたよ〜^^

カメノテ(右)
亀の手みたいな形の、貝の一種です。


干潟を楽しむのもいいけれど、やっぱり引き潮のときにだけ陸続きになる、刎島にも行ってみないと!ということで、ちょっとだけ散策。
去年はここで早朝の散策をして、貝拾いに没頭した私と娘でした。
今年は暑くて、ちょっとだけ拾って退散・・・

馬島のビーチもそうだけど、あまり沖の島でないためか、人口的な漂流物の多いこと。
来年はゴミ袋と軍手と火バサミを持ってでかけようかな、と思いますよ。


さて、夜はやっぱりバーベキュー。
ビールもたくさん飲んで、幸せ〜〜♪

そして、一夜あけて、、、、、
顔を荒いに集合の炊事場近くに行くと、トイレ棟の近くにさかさまになってうごめいている虫が・・。
なんと、カブトムシのメスでした〜^^
しばらく手や肩に乗せて楽しんだ後、逃がしてやりました。
カブトムシとか、普通に飛んでくるそうですよ。
ま、そうよね・・・。

朝ごはんのホットサンドを食べたら、朝の散策です。
遊泳は禁止されているんだけど、もう一つキャンプ場に面した丸い石の海岸に行きました。
あまりにきれいな石が転がっているので、人工的に作った海岸かとおもったら、自然のものなんですって。
散策をして、着替えたら、早速海へ!!
お昼前まで、たっぷり遊びました^^

といっても途中から、軟弱な私は、なんだか潮風のにおいと浮き輪に揺られたことで、ちょっと船酔い状態。
子ども達をお父さんにまかせて、浜にビーチパラソルを立てて休んでました。
(帰ってきて次の日もまだ揺られてましたよ〜(>_<))


朝はたっぷりの満ち潮だったのに、昼前にはもうずいぶん波がひいてきて・・・
遠浅になっている海底は、素敵な波模様が浮かんでました。



昼ごはんにはカレーを作りました。
と言っても、ツーバーナーコンロを借りて、ご飯もカレーもそこで作るので、家のカレーとあんまり変わらず・・・(笑)
でも、やっぱり外で食べるご飯はおいしい☆

ご飯のあと、家族会議。
みんな、かなり疲れてきた模様なので、片付けをしてまた歩いて港まで帰る元気を残しておくために、昼からは海に入るのはやめよう、、、という大人からの提案だったのだけど。
3歳の怪獣息子は眠くなったようで、「僕はもう海には入らん」。
7歳の娘は、一歩も譲らず「まだ泳ぐ!!」
結局、ご飯の片付けをして、少しだけ帰りの準備をしてから、30分だけ泳ごう、ということで、私と娘だけが海へ・・・。
息子は、バタンキューでお昼寝を始めました^^


息子は結局、私達が海から帰ってきて、シャワーを浴び、帰り支度がほとんど整うまで2時間以上、お昼寝をして元気を取り戻し、帰りのリヤカーも引く!と言って聞かず(リヤカーはまだ難しいので格好だけ^^;)帰路に着く車の中では絶好調!でした^^



(実は、帰りの満員の船で、ぎゅうぎゅうの甲板で隣に立っていた酔っ払いのおじさん同士のちょっとしたいざこざがあり、ちょっとドキドキでした。娘が「夏休みの絵日記に帰りの船で怖かったこと書こうかな・・・」と言うのですが、ちょっとそれは・・・・と、とめてしまいました^^;
そのくらい、強烈に印象に残ったのですね〜〜)

今年の馬島も、また去年と違って楽しかったです。
ただ、海はあまりきれいでなかったかも。
やっぱり所詮瀬戸内海ということでしょうか。
もっと外海の方の島に行くときれいなんでしょうけどね。

日本海側の、角島もとっても気になっている今日この頃。
今年の土日はもう予定がいっぱいなので、来年は角島にも行きたいな〜^^



さて、少し話しが変わりますが・・・・

この馬島のずっと沖にある長島に、今、原子力発電所が建設される計画があります。
長島には、希少生物もたくさん生息し、自然がいっぱいなのだそう。
原発を作るとなると、そこを埋め立てる必要があります。
本当に、ここに原発が必要なんだろうか・・・。
いろいろ考えると、どうも必要ではないのでは、という風に思うのです。

今度、「長島の自然を守る会」の代表の方をお招きした、お話会が開催されます。
もし興味のある方は、参加してみてくださいね。

とき:8/24(日)午後1:30〜3:30
ところ:東区民文化センタースタジオ2
参加費:500円

充実した一日でした。 

2008年03月10日(月) 21時55分
今日は、友人の出産祝いを買おうということで、
朝から大人4人子ども5人で昼過ぎまで過ごした。

ネットで”あるもの”を購入して、デパートでも選んで、
それをあわせてラッピングして送ろう、ということになっていた。
デパートでの買い物が終わったら、わだち草でうどんを食べて
2時すぎまでに帰ってこよう、という計画だった。

子どもも大勢だし、順調に予定通り進むだろうか・・・、と思っていたのだが、
なんのその!

ネットで買う商品も、デパートで買ったものも、みんなで選んで、速攻で決まった。
あげる前から、ニヤニヤしてしまうくらい、素敵な感じ^^
喜んでくれるといいな〜♪

わだち草、実は前々から聞いていたのだけれど、今日がデビューだった^^
わだち草によく行く友人から、お勧めよ、と教えてもらっていたメニューをオーダー。
どれもこれも、おいしくて!
うどんも、お出汁も、とっても優しいお味でした。
仕上げのデザートも、コーヒーもおいしかったです♪
大満足でした。

いろんなことがトントン拍子に決まったので、
わだち草でも我が家でも、たーっぷりおしゃべりの時間がとれて、
これまた、よかった〜☆
福富町が素敵!というお話やら、はまっている手仕事の話、子どもの絵本の話・・・
尽きることなく、話題ははずんだ。
子ども達も、とっても楽しそうに遊んでた^^


みんなが帰ってから、
mixiで友人がつくしとりの日記を書いているのをみて、
急に思い立ち、近所の土手に子ども達とつくしとりに行きました。

まだ小さいし、あまりたくさんは出ていなかったけれど、
もう、顔をだしていましたよ!!

もう、コートなくても寒くないもんね。
春なんだね〜。

その友人の真似をして、ゴミ拾いもしてみました。
スーパーのビニール袋(大)×2、拾ったよ^^

なんだか、充実した、楽しい一日だった♪
幸せだ〜。







夕飯は、つくしづくし。
・つくしと人参のかき揚げ(去年、いろんなメニューを作って、子どもが一番食べたのがかき揚げだったの)
・つくしの卵とじ(お砂糖入れすぎました(>_<))
・豆乳シチュー*
・いかなご佃煮(今日一緒に過ごした友人からのおすそ分け)
おっと、色のない夕食だったわ--;

*先日のみうたさんの料理教室のレシピをアレンジ。 
  野菜を煮てやわらかくなったところに、小麦粉とバターを加えて混ぜ、
  豆乳と塩を入れて味を整えるという、めちゃ簡単レシピです^^

けん玉ジュニアカップ 

2008年03月08日(土) 18時25分

うちの娘は保育園時代にけん玉を習っていて
(公立保育園等にけん玉協会の指導者さんたちが教えて回ってくださるんです)
けっこうはまってしまったうちの一人です。
とはいえ、ものすごくうまくなる男の子達に比べたら、
まだまだで、、、、
むかしとった杵柄、で、私もちょっとばかり認定試験を受けたりしていて、
実は試験では娘は5級、私は4級と、まだ私の方がかろうじて上なんです^^;
「もしかめ」対決なんかやると、もう手も足もでないんですけどね・・・。

けん玉にちょっとはまった、というだけでなく、
子育てサークルでご縁のあった友人がけん玉指導員をされていたり、
有名なけん玉先生の今田先生とのご縁もちょっとあったりして、
けん玉には、いろんな想いもあるのです。

そんなわけで、今日行なわれたけん玉ジュニアカップには、
去年に引き続き、前々から参加しよう、と決めていました。

娘が参加したのは、初心者さん向けのAの部。
大皿、小皿、中皿、ろうそく、とめけんを、それぞれ5回ずつやって、
25点満点で競います。

娘は、大皿〜ろうそくまでは、いつもほとんどノーミスでいけていたのですが、
とめけんは、コンスタントに入るのは、5回のうち3回くらい。
去年参加したときも、とめけんで2回しっぱいして、23点でした。

さて、今年は去年と同じか、1点でも多かったらいいね・・・!
なんて思っていたのですが・・・。

なんと、まさかの25点満点!!
5回続けてとめけんがはいるなんて、今までなかなかなかったことです!

競技が終わって、思わず「やった〜」って二人で抱き合っちゃいました^^

先々週?、その友人が指導するけん玉教室に参加したときに、
「Aクラスで優勝ねらったら!?」と言われて、
”そりゃ、ちょっと無理だろう・・・”と思った母でしたが、
まさか、25点とれるなんて〜♪

さて、満点が何人いるかな〜、と結果発表を待つと、
満点は2人しかいなかった!!
この時点で、優勝か準優勝は決定〜^^

3位までは、夢幻のけん玉が賞品としてもらえる^^
わーい!!

24点(つまり1回だけミスった)の人は8人くらいいて、
その人達の中で、とめけん勝負(サバイバル)が行なわれたんだけど、
10回くらい連続でとめけんを続けて成功させた女の子がみごと3位!

きっと、実力は、うちの子よりもあの子達の方が上の子がたくさんいたんだろうな。

1位決定戦で、25点満点の2人の女の子が、やっぱりとめけん勝負をしたんだけど、
うちの子は、1回目で不成功。
優勝、準優勝は、あっという間に決着がついたのでした(笑)

いやあ、運がよければもしかしたら・・・、と淡い期待がなかったわけではないけれど、
本当に準優勝するなんて、本番のプレッシャーに負けずにがんばったわが子を
なんどもにやにやしながらハグハグしちゃいました^^

けん玉でも、なんでもいいんだけど、
うれしいことや悔しいことを体験しながら、
練習して上達していく過程を経験できるっていうのは、
すばらしいことだと思う。

これからも、一緒に楽しくけん玉を続けていけたらいいなー、
と思います^^

(私も負けないように練習せねば^^!
一応、家での練習量は私の方が多いのよ^^
年だからね。子どもに勝とうと思ったら、がんばらなくては〜^^)


*写真は、賞状と賞品でもらった夢幻のけん玉
 &その後遊びコーナーでつくった おもちゃとスライム^^

みうたさん料理教室 

2008年03月07日(金) 18時22分
ちょっと遠くの公民館で開催された、みうたさんの料理教室に行ってきました。

自分の区で月1回開催されている料理教室にも、
一応メンバーになっているのですが、
なぜか毎回他の用事とブッキングしてしまい、
なかなかいけずにいたところ、
友人から、今回の教室の話を聞いて、
久々に参加したい〜、と行って来ました^^

しかしその友人が急な用事のため、参加できず、
知り合いのいない中での参加でしたが、
3人ずつの組になってください、と言われ、たまたま一緒になった方々と
とっても話がはずみ、うれしいご縁になりました。

二人ともそれぞれ2ヶ月と3ヶ月の赤ちゃんがいて、
おっぱい育児真っ最中。
うち一人は、自宅出産をされた方で、
自宅出産を介助された助産師さん2人は、私の知人でもありました。

お二人の助産師さんとも、小さなお子さんがいるはずだし、
最近風の便りもあまり聞かなかったので、
どうされているかな、、、と思っていて、
先日も友人達と「どうされているんかねぇ」と話をしていたところだったので、
いろんな話を聞くことができて、うれしかったです^^
とっても素敵な感じで、お産のお手伝いをされているようです^^


作ったメニューは、
・クリーミーな豆乳野菜(シチューみたいな感じ)
・高野豆腐と豚肉の煮物
・ニラ焼き

どれも、野菜の皮をむかず、うまみ調味料も使わず、
素材の味を活かした調理法で、
優しいお味のお料理でした。

「子育て応援講座」の一環だったので、
私も含めて、託児室で子どもを預けて参加している方も多く、
試食タイムからは子ども達も一緒になって食べました。

帰り際になって、話に夢中になっているすきに、
子どもがいなくなっている〜・・・と思ったら、
一人でトイレに行って、大きいほうを頑張ってらっしゃいました。
うちの子は”大”のとき、とっても長い時間がかかるので、
(出ないんじゃなくて、ちびちびとたくさんでる^^;)
トイレが終わって調理室に帰ってみると、
主催の方と先生と公民館の職員の方だけになっていました^^;
主催の方は私を誘ってくれた友人の友達ということで、
私のことも話をしてもらっていたので、またそこでも話をして、
さらに、先生が私の帰り道と同じ方向だったので、
途中まで車で送らせていただくという素敵なご縁もいただき、
またまたいろんな話に花を咲かせながら、帰りました。

うーん。
うれしい、楽しい、充実した、1日だった☆

帰ってから、「みうたさんのノンシュガーおやつ」の本の中から昔よく作っていたレシピ、
レーズンバーを久々に作って、食べました^^

満足、満足^^

『親子メンタルスペシャル2008 with NPO法人アジアチャイルドサポート 

2008年03月05日(水) 20時32分
友人のTさんが企画しているこのイベント、
いろいろ話を聞くたびに、とっても素敵なイベントになりそう♪

コージーニーこと池松耕次さんって、知ってます?
TEAM GOGO!の呼びかけ人でもあります。
私は以前、彼の親子メンタルの本を読んだり、
講演会を聞かせてもらったことがあるのですが、
とっても素敵な方なんですよ〜!
(イケメンだし!センスいいし、なにより生き方がかっこいい!)

池間さんの、ずーんと重みのあるお話に加えて、
では私達はどんな風に生きていったらいいのかっていうところを
噛み砕いて、素敵な話をしてくださると思います。

盲目のバイオリニスト穴澤さんのトーク&ライブも、見逃せません!
http://blogs.yahoo.co.jp/anazawa247

ぜひぜひ、チェックしてみてくださいね。
チケット、私も何枚か預かっています^^
声かけてくださいね。

下記紹介文、転送歓迎^^
興味のありそうなお友達に、教えてあげてくださいね。

================================================
『親子メンタルスペシャル2008
  with NPO法人アジアチャイルドサポート』

・・・あなたの夢はなんですか・・・

この言葉は、アジアの貧困地域に暮らす、とある女の子に向けられた
池間哲郎さんの問いかけ。
彼女の「私の夢は大人になるまで生きることです」という答えに衝撃を受け、
NPOアジアチャイルドサポートを立ち上げて、
アジアの子ども達のサポートをライフワークにされている池間さんは、
”貧しいが思いやりの心をもって助け合って生きる彼らの姿をみて、
日本の子ども達に学んで欲しい”と言います。

また、この言葉は、日本という国が「夢のない国」になりつつあると
強く感じるようになり、親と子どもの夢をかなえるための手伝いとして
「親子メンタル」というトレーニング・セミナーを全国で開催している、
コージーニーこと池松耕次さんが、子ども達に問う言葉でもあります。

3月23日(日)、広島でこの二人がジョイント講演会を開催します。

夢を持って生きること、一生懸命生きることについて、
あらためて自分の心に深く問いかけるチャンスです。

夢を持っている人も持っていない人も、大人も子どもも、
ぜひ話を聞きに来てください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
盲目のバイオリニスト、穴澤雄介さんによる
ミニライブ&トークもあります。
魂のバイオリンで”あきらめない”ことを伝えます。
ご期待ください!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

………………………………………………………………………………
●と き:3月23日(日) 12:30〜16:00(整理券配布11:00 開場11:30)

●ところ:東区民文化センター大ホール
    広島市東区東蟹屋10-31 TEL:082-264-5551

●入場料:大人1500円/子ども1000円(小学3年生以下は無料)

●申込/問合:090-4891-7109(田中) または 090-8468-6261(山根)

●主 催:親子メンタルスペシャル広島実行委員会
●後 援:広島市教育委員会

*駐車場に限りがありますので、できるだけ公共交通機関でお越しください。
*皆様からお預かりした入場料は、会場費・諸経費を差し引き
 ”NPO法人アジアチャイルドサポート”に全額寄付させていただきます。

鞆の浦 おひな祭り 

2008年03月02日(日) 21時46分
福山市の鞆の浦で行なわれている、”おひな祭り”に行って来ました♪

鞆の浦は、古い町並みが残っている、歴史のある情緒あふれる港町です。
木造の古い家々、細い路地・・・
なんだかタイムスリップしてきたような、懐かしい感じがする場所が
あちらこちらにありました。

その鞆の浦で、毎年この時期に行なわれているおひな祭りとは、
鞆に暮らしているごく普通のお宅から、お店、公共の場所など、
とにかくいたるところで、おひなさまを見せてくれるお祭りです。
町の地図におひなさまを見せてくれるところが示してあって、
観光客はその地図をみながら町の中を散策します。
http://www.tomonoura.co.jp/sen/im/200802/hinamap.jpg

一般のお宅では、ほとんどが玄関口に飾ってあり、
お客さんの声がすると奥から出てきて説明してくださる方もあります。
ごく普通の段飾りもあれば、歴史ある街だけあって、かなり古い時代のものが
飾ってあったりして、中には140年前のひな飾りも見ることができました。
おひな様を和紙等で手作りされている方のお宅では、とっても素敵な手作り雛が
ところ狭しと飾られていて、子ども達にはお菓子を配ってくださったりと、
町全体が、ほのぼのと暖かい雰囲気に包まれて、素敵なイベントになっていました。



今回はそんな中、鞆の浦名産の「保命酒」の古いお店の2階をギャラリーにして、
アクセサリー作家であるマイミクけいこさんやちょんきむさんたちによる
作品展が開催されていたので、そちらにも足を運びました。





急な階段やら、隠れ家のような作りの部屋に、子ども達は大はしゃぎ。
店主の優しそうなおじさまも、子ども達と一緒に遊んでくださって、
その合間に、私は展示してある作品をゆっくり堪能できて、
作品の説明や販売のためにそこにいらした作家さんとも話がはずみました。

この作家さんは宮沢賢治の作品ときり絵をドッキングさせた作品を作られる方なのですが、
なんと4月に安佐南区の図書館に本の読み聞かせをしに来られるとのこと。
東北の独特のなまりで宮沢賢治の本を読んでくださるようです。
とても素敵なご縁をいただいたので&近所なので、ぜひ参加しようと思っています。

実は私、鞆の浦という名前はかすかに聞いたことがあったけれど、
去年の夏ごろまで、どこにあるかも知りませんでした。



今、鞆の浦の港、有名な常夜灯の先のあたりを埋め立てて駐車場をつくり、橋を架けるという計画があるそうです。
この古い素敵な町の景観をくずし、自然を壊すこの計画に反対する運動も行なわれています。
http://www.vesta.dti.ne.jp/~npo-tomo/syomei/index.html
常夜灯付近では、署名活動をされている地元の方々が熱心に観光客に署名の依頼をされていました。
私も、どのあたりに橋を架けるよう予定されているのかなど、
実際にお話を聞くことができました。


鞆の浦・・・・
夏ごろにこの反対署名の依頼をされて、ふーん、鞆の浦ね・・・。
と頭のすみっこにインプットされて以来、観光のチラシやら何やらで鞆の浦の名前を
聞くたびに気になってきていたのです。
そこへ、友人の作品展、おひな祭りのイベントの話がかさなり、
こりゃ、行くっきゃないでしょうと、今回のミニ旅行になりました。


1年生のお姉ちゃんは、地図を片手にこっちだよあっちだよと、
ちょっとしたオリエンテーリングの気分で楽しみました。
3歳くんは、とにかくどんどん歩く&自分の好きな遊び場を探して遊ぶ!
半日ほどの観光でしたが、その間にちょっとした隙に
視界からいなくなったのは5回以上もありましたね。
本人迷子になったつもりは全くなく、楽しく過ごしたようです。
私も、すっかり鞆の浦のファンになりました。
町並みもすばらしかったですが、鞆の浦に住む人の人柄が素敵でした。
お人形を飾っている家のおばさまや、保命酒屋さんの店主さん、
会場でお祭りを盛り上げているスタッフの方々、
みなさん優しい声をかけてくださり、暖かい気持ちになれました。

娘も次の日に、「昨日行ったところ、よかったねぇ」と
しみじみ言っていました。

トランスパレントスター☆ 

2008年02月08日(金) 10時59分
 
先日、自然育児友の会のお茶会で、”トランスパレントスター星(1つ)”というのを作りました。
写真は、私が作ったもので、さっそく家のリビングの窓に貼り付けてみました^^

トランスパレントペーパーという専用の透ける紙を使って作ります。
作るのはとても簡単なのですが、ちょっとした折り方の違いによって、
いろんな光と影が現れて、とっても素敵なんですぴかぴか(新しい)

さわさわさんが企画してくれたもので、
シュタイナーを学ばれているメンバーさんを先生に、集まったみんなで作りました。

私はこう見えて、実は割と手仕事系は好きなんです。
でも、ちょっとやったら満足して、長続きしないんですよね・・。
まぁ、いろいろなことをやってみる、というのもいいと思っているので、
それはそれで、いいんですけどね。

近所の集会所で集まったんですが、
母親達が集まっていろいろなことを話しながら手を動かしている回りで、
子ども達が元気に遊んでいる、っていう風景に、
昔からずっとこんな風にしてきたんだろうな、、と
なんだか思わずほっとするような、幸せな気持ちになりました。

さわさわさん、素敵な企画をどうもありがとう♪

六ヶ所村ラプソディ 観ました 

2008年02月07日(木) 17時31分
ずっと、日記にも書いていた、この映画、ようやく観にいってきました。

本当は、1日の監督トークショー付きの上映会に行きたかったけど、
終了予定時刻が10時以降ということで、涙を飲んで、、(実際は11時近かったとか!)
で、2/5に行きました。
案の定(?)、観に来ていた人(10人くらい?もうちょっとかな?)の
半分は知り合い・・・(笑)
始まる前までは、ぺちゃくちゃとおしゃべりが、館内に響いていました^^;

さて、、、
六ヶ所村のことは、数年前までグリーンコープからの情報やら、何やらで、
知らなかったわけでないのですが、私とは縁遠い話、、、という感じで、
あまり真剣に耳を傾けようとはしてませんでした。

それが、去年の2月に田中優さんの講演会を聴きに行ったことがきっかけで、
私の中で、スイッチが入りました。

田中優さんの講演会を聴いた後のブログ・・・参考までに・・
http://yaplog.jp/noriyon/archive/88
http://yaplog.jp/noriyon/archive/89
http://yaplog.jp/noriyon/archive/91
http://yaplog.jp/noriyon/archive/92

でも、やっぱり、原発、再処理などに関しては、自分の考えを整理するのは難しい・・・

小さい頃から電気を使うことは当たり前のことだと思っていたし、
島根出身の私としては、原発もわりと身近にあるものだったけど、
電気を作ってくれるもの。という認識しかなかった。
多少の危険はあるかもしれないけれど、必要なんだから、仕方がないもの。
という認識だった・・・。

でも、どうやら、裏の方で、いろいんなことを考えて操作しているモノがあるみたい。

今ある原子力発電所を、もっと数を減らしてもやっていく術は
あるのだけれど、それをさせまいとしている力の存在がありそう。

再処理も、「原発で使った廃棄物は、まだまだエネルギーがたくさん利用できるので、
リサイクルするんです。」と、
一見「そりゃいいね!!」と捕らえられるような説明がなされているけれど、
実は再処理を行なうことで、危険度も格段にアップするし、
リサイクル(?)で得られるプルトニウムはわずかであり、
再処理をするメリットはあまりないのでは、というような話も聞いた。

私は専門化でも何でもないし、それほど勉強してきているわけでもないので、
何が本当なのかはわからない。
環境エネルギー庁の偉い人やいろんな政治家さん達、
また、こういう方針を決める委員会などに出席する偉い人達が、
いい、と思って決めた政策なのだから、
それほどおかしなことを決めるはずもない、と信じたい気持ちも、まだある。




・・・私の心の中は、そんな状況で、この映画を観てきた。


賛成する立場の人、反対する立場の人、
個人の力ではどうしようもないからとあきらめている人、揺れ動く人、
いろんな人の姿や心を、とにかくそのまま撮った映画だった。


やるせない気持ちになった。


手塩にかけて育てた有機米を、直接消費者に届けて生活をされている
苫米地さん。
冷害でお米がやられそうになってきたときには、がんばれ、、がんばれ、、って
声をかけながらあぜ道を歩いたそうだ。
本当に、自分の田んぼがかわいくてしょうがない、愛して、愛して、
お米を育てている様子が、痛ましくも思えた。
自分のお客さんに、六ヶ所村で取れたこのお米をこれからも買ってくれるか
アンケートを取ってみたら、数人から、安心して食べられないから今後は買わない、
という答えも・・・。
もし、私が苫米地さんからお米を買っていたら、やっぱりもう買わない、と
答えていただろう・・・。
どこにこの気持ちをぶつけたらいいのか、、、、
たとえ気持ちをぶつけることができても、気持ちにこたえてくれるものはなく・・・

確かに、六ヶ所村の施設は、過疎の村にやってきた、
大きなビジネスチャンスなのかもしれない。

でも、他に、選択はできないものなのか・・・・。

そこに住む人や、未来の人の犠牲の上に成り立つ世の中しか、
選択肢がないわけはないと思う。

私は人より”想像力”に乏しいと思っているのだけれど、
そんな私でも、ちょっと想像力を働かせたら、
これは選ぶべき道ではない、と感じることができる。

でも、選んでしまったし、ここまできてしまっている、という現実・・・。


今、私達にできることは、なんだろう。

もうしょうがない、とあきらめて、臥せってしまうことではないはず。

田中優さんも、六ヶ所村ラプソディのおかげで、
今、追い風が吹いている、と言ってます。

■「六ヶ所村問題」編 未来バンク事業組合理事長 田中 優 氏 から緊急提言!ダイジェ
スト版
http://jp.youtube.com/watch?v=Lt9hXuEfu7w&feature=related


やっぱり、一番最初の一歩として、知ること、だと思うのです。

中立や沈黙は、賛成と同じ。
映画の中でも、そう言っていました。


15日の座談会では、この状況で、私達ができることは何だろう、
ということも、ぜひ、みんなで話をしてみたいと思います。

とき:2/15(金)15:00〜17:00
ところ:広島市青少年センター 和室
(広島市中区基町5番61号 *市民球場の裏手です)
参加費:200円(資料代)
定員:20名
主催・お問い合わせ先: team smile gogo! ( メール: rokkasho(at)csc.jp )
詳しいチラシ:
http://eeknow.jp/fspl/fspl.cgi/159C/rokkasho_zadankai.pdf

すでに、私達が長年お世話になってできた、放射能を含んだ廃棄物は
たくさんたくさん貯蔵されています。
未来の子ども達のことを考えるならば、
もうこれ以上の負の遺産を増やさない努力をしていくのが、
今の私達にできることではないか、、、と思います。

我が家の高〜い電気料金の明細とにらめっこしながら、
さて、、、で、どうすんべ・・・、と、また思考がとまりそうではありますが・・・・・。

太陽光発電なんか、どうかね!?
だんなさんに相談してみようかな・・・・・・。

お料理教室に行きました 

2008年02月07日(木) 16時38分
んーーーー。
1月終わりから、お料理教室、アース、六ヶ所村ラプソディ、トランスパレントスター作り・・
いろんなイベントが目白押しで、
日記に書こうと思いながら、パソコンに向かう時間がとれない〜!

今日は一気に、書いちゃいます。

まずは、手始めに、お料理教室のこと。

1/29、ご縁があって、
ナチュラルお料理教室 mamemame♪に参加してきました♪

私も以前から噂を聞いて気になっていた”重ね煮”をベースに、
今日は、1つのお鍋で作った重ね煮のお野菜を、3つのお料理に展開して作る、
という献立だった♪

・重ね煮野菜の梅酢和え
・豆腐ステーキ重ね煮あんかけ
・重ね煮野菜のみそ汁
・小豆入り玄米ご飯

初体験の重ね煮はもちろん、
味噌汁のお味噌をすり鉢でなめらかにすることや、
ひとつひとつの作業を丁寧に、感謝しながら行なうことなど、
とっても勉強になりました。

そんな風に感謝の気持ちをこめて作るお料理は、
本当においしかったです。

家でさっそく次の日に試してみましたが。。。。。
ルクルーゼは焦がすし、
重ね塩の量が多かったのかちょっとしょっぱくて、
なかなか、すぐには難しいですね〜。
家族は一応、おいしいよ、と言って、豆腐ステーキを食べてくれましたが・・。

レシピにはなかったけれど、その場で教えてくださった、
お団子の粉とレーズンとごまを使った簡単おやきは、
娘に作ってもらいましたが、これは、GOOD♪おいしかったです^^
(上記適当な分量を耳たぶくらいの固さにまとめて平たくし、
フライパンで焼くだけ!)

図書館で船越さんの新書”野菜たっぷり重ね煮レシピ”も借りてきたので、
しばらくはまりそう〜。

今夜は重ね煮でカレーを作る予定です♪

お料理だけでなく、先生のシンプルで優しくて、ちゃんと地に足をつけて暮らしている
暮らしぶりに感動したので、
また、教えてもらいに行きたいなー、と思っています。

玄米麹酵母を使ったパン作りも教えてくださるとのことなので、
暖かくなったら行きたいな☆

「六ヶ所村ラプソディ」を観よう!知ろう!ススめよう! 

2008年01月31日(木) 11時04分
先日の日記にも書きましたが、
今、team smile gogo!(元TEAM GOGO!広島)のメンバーと、
2/1から横川シネマで公開される映画「六ヶ所村ラプソディ」の宣伝を
しています。
この映画を一人でも多くの人に観て欲しいと、チラシを作って配っています。
http://eeknow.jp/fspl/fspl.cgi/159C/rokkasho_zadankai.pdf

青森県六ヶ所村の再処理工場のことをもっと多くの人に関心を持ってもらいたい、
という想いからです。

また、”観ただけ”で終わらせるのはもったいない、ということで、
公開が終わった後、別の日程で座談会も企画しました。

下記案内は、もしよろしければ、お知り合い等にメールやブログで
ご紹介ください。

お知り合いにチラシを配ってくださる方があれば、
こちらをおつかいください。
http://eeknow.jp/fspl/fspl.cgi/159C/rokkasho_zadankai.pdf
(我が家にもチラシのストックありますので、近くの方は声をかけてください)



================================================
■『六ヶ所村ラプソディー』上映&鎌仲ひとみ監督トークショー

広島市内では初めての劇場公開となる問題作『六ヶ所村ラプソディー』。
その公開初日(2/1)は、監督の鎌仲ひとみさんを迎え、
上映&トークショーの特別企画でお届けいたします。

日本各地で生み出される原発の放射性廃棄物を処理する為の再処理工場が
建設された青森県六ヶ所村に暮らす人々の営みと眼差しを捉えた
ドキュメンタリーです。

メディアが伝えない中でも着々と事態が進行している現状を、
丹念に描き出された映像と現在進行形のお話から感じていただけると思います。
ご期待ください。

日時:2月1日(金)19:00開演
会場:横川シネマ 広島市西区横川町3-1-12
料金:当日/一般:一般1500円 大学1300円 シニア・高校生以下1000円
   前売/一般:1300円(劇場窓口にて発売中)
※前売券のメール予約(当日精算)をご希望の方は、お名前・枚数・ご連絡先を
 明記の上、件名を「六ヶ所村上映会予約」として〈cinema-st@mx41.tiki.ne.jp〉
 までお申し込みください

【上映タイムテーブル】
・2008年2/1(金)19:00
・2008年2/2(土)12:00
・2008年2/3(日)〜8(金)12:00 と 16:30

【横川シネマ】http://ww41.tiki.ne.jp/~cinema-st/top.html
【映画公式サイト】http://www.rokkasho-rhapsody.com/
【映画公式ブログ】http://ameblo.jp/rokkasho

参考までに、下記映像もあわせてご覧下さい:

○「六ヶ所村ラプソディー」予告編
http://jp.youtube.com/watch?v=fb9K_gutJfU&feature=related
○未来バンク 田中優氏から緊急提言!「六ヶ所村問題」編(ダイジェスト版)
http://jp.youtube.com/watch?v=Lt9hXuEfu7w&feature=related


================================================
■「六ケ所村ラプソディー」座談会
http://eeknow.jp/fspl/fspl.cgi/159C/rokkasho_zadankai.pdf

全国で話題のこの映画を、今回はじめて観るわたしたちとみなさんで
映画を観た意見や感想、そしてこれから私達ができることは何かなど、
ざっくばらんに語り合ってみませんか。
ゲストとして、「プルトニウム・アクション・ヒロシマ」の西塔文子さんを
お迎えし、お話も伺います。

日時:2/15(金)15:00〜17:00
会場:広島市青少年センター 和室
(広島市中区基町5番61号 *市民球場の裏手です)
参加費:200円(資料代)
定員:20名
お申込&お問合先:rokkasho(アット)csc.jp((アット)を@に変換してください)
主催:team smile gogo!
(team smile gogo!は、2007年にTEAM GOGO!のご縁で集まった広島の仲間です。)

================================================
■同時上映《タイマグラばあちゃん》も観よう!

 〜私たち日本人も、ついこのあいだまで電気のない生活をしていました〜

『人間は動物みたいに自然と一体になって暮らしていたんだ!
 ああ〜〜、人間が生きる、ってこういうことだったんだ!
 その強さとたくましさ、そして美しさに魅了される。
 大自然に抱かれ、季節の中で生かされていく。生き抜いていく。
 平成になるまで電気の通っていなかった岩手の山奥、タイマグラの
 季節感あふれるばあちゃんの暮らしに感動!  (感想:k猫) 』
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像子育てサロンこころ今岡晴香
» 三次のKADOYA (2012年09月18日)
アイコン画像かえるくん
» ☆夏キャンプ☆ (2008年08月05日)
アイコン画像ぼん
» ☆夏キャンプ☆ (2008年08月02日)
アイコン画像かえるくん
» 賞味期限偽装について・・・ (2008年01月10日)
アイコン画像たかみん
» 賞味期限偽装について・・・ (2008年01月02日)
アイコン画像かえるくん
» 賞味期限偽装について・・・ (2008年01月01日)
アイコン画像たかみん
» 賞味期限偽装について・・・ (2007年11月24日)
Yapme!一覧
読者になる