Facebookの友達の数と脳の関係性

October 20 [Thu], 2011, 10:38
こんにちは。

すっかり気まぐれに更新しているsocial mediaブログですが。。

友達とコミュニケーションを取る上で、海外生活をしている私にとって手放せないツールとなっているFacebookについて非常に面白い記事を見つけたのでご紹介します

原文はこちらFacebook Friend Count Linked to Brain Density [STUDY]

研究の結果によるとFacebook上の友達数が多い人の方が、友達数の平均(約130〜150)の人より脳の「灰白質」と呼ばれる神経細胞が多く集まるところの密度が高いそうです。さらにsocial skillsの部分を司る脳の部分が大きいという発表をしました。

どれくらい友達数が多ければその結果が顕著なのか、、についてはここでは言及してないのですが、Facebookに使用する時間は、社会性を高める点においては科学的に良さそうだということです。

さらに詳しい研究結果が知りたい人はこちら。
Online social network size is reflected in human brain structure


こちらのレポートによるとFacebook以外のソーシャルメディアでも同じようなことが言えるとのレポートが出ていますが、一部では、まだ脳の構造とソーシャルメディア活動の関係性を結論づけるのは早いという意見もあるようです。
いずれにしても「Facebookが及ぶす人体への影響」は、一日のうち使用する平均時間が増えれば増える程注目されそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:noriposa
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
Noriko Sanada 某メガバンク入行後、広告代理店へ転職。
このblogでは、social media marketingに関連した記事の紹介をしていきます。
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像yosuke
» Facebookの友達の数と脳の関係性 (2012年07月22日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/noriposa/index1_0.rdf