子育てに関するもやもやの考察。

January 27 [Tue], 2015, 12:02
 旦那の両親(以下、義両親と書きます)から、子供が生まれる前、生まれてから言われた言葉で、ずっと違和感を感じていたことがあります。
「(里帰りから)アパートに帰ってきたら、うちらがお風呂に入れに行ってあげるから」
 「(旦那の両親は農家なので)仕事がない時期は、早めに保育園に迎えに行ってあげるから」
 私はこの言葉を聞いたとき内心では、
「いやいや冗談はほどほどにして、勘弁してよ…」
と思いました。かわいくない嫁ですね(笑)
 そして、思ったのです。
「里帰りから帰ってきて、一人でお風呂入れるの大変な時は言ってね」
「もし、早めにお迎えが必要なら言ってね」
と言われていたら、もう少し受け取り方も違うのに…と。

 私の学生の頃からの友人で、最近、私と同じような時期に妊娠・出産した友人が何人かいるので、そんな話をしたとき、違和感の理由がぼんやりと見えてきました。
 仕事をしながら子育てをしていくと、どうしても子供の送り迎えや世話をお願いしなければいけないことは出てくるかもしれない。だけど、それを先回りして、私たちからしてみたら上から目線のように、そしてさも決定事項のように“やってあげるから!”と言われることに、私たちの心の中にはもやもやが生まれて来ているんだと思うんです。

 私たちは、新米の親です。義両親の世代からしてみたら、おぼつかないように見えたり、見ちゃおれん!と思うことがあったり、手出し口出しをしたくなることも多々あるでしょう。
 だけどね、子供を生み、子育てをしている私たちは、自分たちなりに、こういった子供に育って欲しい、そのためにはこんなことをしてあげよう、これはやらないことにしよう、温かい目で成長を見守っていこう、といろんなことを考えながら毎日を生活しています。
 子育ての主役は私たちだと言うことも忘れないで欲しいんです。

 30年前と今の育児では、変わっていることもたくさんあります。
 夜、赤ちゃんがあまり泣いて起きないように大人と同じ時間(深夜近く)に寝せると良いよ、なんて言われたことがあります。メリハリある生活をするために、今は遅くても九時には寝させた方が良いと言われていますよね。
 自分のことは後回しにして、一緒にご飯を食べて一緒にお風呂に入って、ねんねの準備をして…と毎日怒濤の生活を過ごしている私にとって、この言葉を聞いたときの脱力感と言ったらありませんでした(苦笑)
 そして、よく言われるのが、「あんまり神経質に育ててもね」という言葉。
正直なところ、何を持って“神経質”と言われているのか、そもそもそれが分からないということもあります。ちなみに、私はこの一言で、自分の子育てを全否定されているような気分になります。言わないけど。
 大切で、まだまだ小さくて、親の助けがなければ生きていけない子供だもの、危険がないか、それが子供の将来にとってリスクのあることじゃないか、神経使ってるだけなんですけどね。
 たばこ、箸の使い回し、猫の毛、子育て真っ最中の親世代にとっては、気にして当然なことじゃないですか?と思うことが多いです。
 たまに子供を連れて遊びに行ったとき、私が“こんにちは”と言っているそばから「どれどれおいで〜」と挨拶もそこそこに、子供を奪われることもあります。
 えー?私今、挨拶したよね?それはどうでも良いの?孫さえ来ればそれで良いの?
 ぁ、普段あまり連れてこないことに対する抗議?(←被害妄想入ってます・笑)
なーんて、嫁は内心で思っています。
そして、「将来、挨拶を無視して自分の思ったことをやり出す子供には育てたくないな」
と、嫁の決心がさらに固まったりするわけです(苦笑)

 私が望むことは、おじいちゃん、おばあちゃんに孫を育てて欲しい、ということではないんです。これから子供が成長する中で、子育てに励む親と、成長する子供を静かに見守って欲しい、それにつきます。先走りして、あれこれと手を出して欲しい訳でもなく、何はさておき子育ての手伝いを!ということも求めていません。
 これから先、子育てをしていく中で、絶対にいつか、おじいちゃんおばあちゃんの助けを借りなければいけない場面は出てきます。
 そうなったときに、相手のことを心から信頼して「よろしくお願いします」と言えるような関係でありたい。だけど、「孫のいないところでなら好きにできる」とか「お嫁さんは神経質すぎてだめだ」みたいなこと言われてると、そんなこともできないな、なんて思う自分がいます。

 こう書いてみると、普段からの関係、言葉遣いなどが、こういうところにも反映されてくるんだな…という気持ちがします。
 そして、自分の子供、義両親にとっては孫が絡んでくる問題なので、またこれ、子世帯と親世帯のいざこざにはとどまらず、問題が複雑になってしまうのかな…という思いがします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:のり嫁
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像のり嫁
» ちぎりパン。 (2014年11月19日)
アイコン画像お昼のニュースです。
» ちぎりパン。 (2014年11月18日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/nori-yomeyome/index1_0.rdf