ブログ閉鎖 

April 06 [Fri], 2007, 17:10
突然ですが、ブログを閉めることにしました。
私のブログは読者もほぼいないようなブログなので、
まあもういいだろうというのが理由です。

それでも知人や家族(主に妹)に近況をお知らせする意味で書いていたのですが、
知りたきゃ電話すれば、メールすればいいと思う今日この頃です。
そんなわけで、知人は何かあればメールか携帯に連絡ください。

イタリア人への結婚祝い 

March 21 [Wed], 2007, 20:09
2週間ほどイタリアに旅行してきた訳ですが、
面白かったことをかいつまんで書いておこうと思います。

今回の旅は彼氏の知り合いのイタリア人の結婚式に出るのが主な目的でした。
彼らは、来てくれるだけでいいよ。来てくれるのが一番のプレゼントだから。
と言っていたのですが、結婚と言えば人生の一大イベント。
手ぶらでともいかず、かといってあまり高価なものを上げても気を遣われるだろうし・・・
せっかくだから日本らしさを感じさせるもの、かつ宗教的に嫌われないもの・・・
でも私達にしたってそんなに出費は出来ない・・・;;;
と考えて、結局、達磨と招き猫にしました。退魔招福セット(笑)
お金の制限がなければ、染付けの綺麗な茶器と急須とお茶のセットとか、
松栄堂さんとこのお香たてとお香の進物とか、
漆塗りに螺鈿を施したすばらしい道具箱とか、食器とか、
そういう、海外の人に知って欲しいものはいっぱいあったんだけど・・・

猫が可愛かったし、達磨はさすがに見たこと無いだろうと思って、それにしました。
招き猫は古瀬戸のものこれが多分同じ型から作られたもの。顔はちょっと違いますけど。+お座布団代わりの緋毛氈をつけて。
達磨は普通の達磨+筆ペンをつけて。

イタリアの人は結婚が決まると、新郎新婦が新生活のために欲しいものリストを作って、
お祝いする側(主に親族)がそのリストから上げるものを選んで買ってあげるようですが、
私達はリストは貰っていないので、ほんの気持ちの品物でした。


  

それを上げたときのイタリア人の反応は思った以上に上々でした!ヤッター!
新婦さんは猫をいっぱい飼ってる猫好きで、猫グッズも集めてるので、
happy cat(まねき猫)を可愛いと気に入ってくれました。
今回あげた招き猫、手の裏に肉球まであって芸が細かいのですが、
それを触って喜んでました。万国共通だ!笑

新郎さんは達磨の言われを説明すると、ちゃんとお願いを考えてから目を入れるから。と真剣そうでした。
(しかし私達の滞在中には決まらなかったらしく目なしのまま・・・)

達磨は玄関というかドアを入ってすぐの居間の高い棚の中央に飾られ
(達磨の地位が一気に上がって凄く偉そうに見えた・・・!)
招き猫は同じ部屋の低い棚の花瓶の隣に飾られ、ときどき花嫁に肉球を撫でられる位置におさまってました。

私は風水とか詳しくないけど、なかなかいい配置なんじゃないかと思います。
家の入り口で、魔的なものを達磨がシャットアウトして、猫が招き入れる構図。
戦隊ものみたいだ・・・。

欧米の人ってアジアの香りのする風水とか言われについて興味を持ってるから、
あんなときに、風水を説明できたらいいよなあとちょっと思いました。







イタリアのお土産 

March 13 [Tue], 2007, 23:24


イタリアから帰ってきました!
あっという間の二週間でした。
ぱっと見イタリアイタリアしてないけど
そのお土産がこれ。



手前左から時計回りに、
Arturo Martini展の図録(ローマ近代美術館で)
とても充実した彫刻展でした。
イタリア人の想い慕う愛とかエロスって、すごい境地だと思った。


革の手帳(Cartoleria Pantheonで)
真っ赤な手帳です。革の手触りもやさしい。
紙質も良いのです。日ごろお世話になっている人に。


1ユーロのちっこいカバン(トラステベレ地区の露店で)
水色×赤×クリーム色に惹かれて。
3ユーロが1ユーロに値切られた・・・原価はもっと安いんだろうな。
多分中国製。


アエロフロートの機内ひざ掛け(アエロフロートの皆さんごめんなさい
だって、ロシアの空港寒いんだもの。
ひざ掛け、それは・・・プライスレス


エリカ・バドゥのCD(ローマ中心街のCDやさんで)
前から欲しくて、たまたま安かったので。

絵本(ローマねこ広場の前の本屋で)
絵本作家を目指す妹のために。
レイヤードの使い方と色選びが巧みではなやかだったので。


Il Nudo(テルミニ駅の本屋で)
ヌードをやってる作家を集めたアンソロジー。連絡先付き。
読みふるされてボロボロだったけど、これしかなかったので買いました。


全部で120ユーロくらいです。2万円くらい。
ユーロ高くて泣きそうでしたわ。1ユーロ165円くらい。
去年の今頃は1ユーロ135円とかだったのに・・・!;;

使われてる 

February 24 [Sat], 2007, 23:51
フィルム入れがビール入れに…!
衝撃です。

天気がいいのでお散歩 

February 23 [Fri], 2007, 18:41

小学校左ェ門

土管左ェ門

小学校の近くには猫がいっぱいいるのだ。
勝手な名前をつけています。

土管左ェ門は、川に突き出た土管の中にいるところを目撃したのが最初だったから。
小学校の先生にえさをもらって幸せそうです。

バン 

February 22 [Thu], 2007, 21:59
ああ、いっぱいいる。
近所のちっさい川に、オオバンが憩っています。
かわゆい。生き物は心を和ませてくれますよね。

オオバンのカップル。画面中央に納めたつもりが、
デジカメがレスポンスする間に右によってしまった;


オオバンは関西に住んでた頃は馴染みない鳥でしたが、ここ三ヶ月ほど見てるうちに、潜って取った水草を食べたり、水浴びしたり、パンとアンの間の高い声で鳴いたり、
ピンッと警戒声で鳴いたり、そのくらいの事は観察できました。
夫婦同士が縄張り争いをする様子も目撃。
一番強くて良い餌場を縄張りにした夫婦に、たろうかじゃとじろうかじゃという名を付けました。
(両方男名だけどまあいいかと…)
早くたろじろの子が見たいよ。
孫の顔みて安心したい親心がめばえてきました。
頼むから私が旅行行ってるうちにいなくならないでね。

旅行 

February 21 [Wed], 2007, 13:27
週末からイタリアに2週間ほど行ってきます。
帰ってきたら日記書くね〜。


上野の不忍池には鴨の仲間が超いっぱいいる…その中でもこの目つきの悪い鴨が好きです。
キンクロハジロというカモの仲間です。

ねずみ! 

February 17 [Sat], 2007, 23:37
暖かくなってきたせいか、自宅・天井裏のねずみ達が騒がしいのです。
大体ねずみなんて、ここへ越してくるまで殆ど見たこと無かったのです。
しかし、夜な夜な彼らは大運動会を開催・・・。
チイチイと鳴いたりしています。
しかも廊下にウン子を撒いたりしてくれます。

おにょれー。

しかし、軟弱な現代人の私は、どうしたらいいのかもてあまし気味です。
彼氏も基本的にねずみなんか見たこと無い人なので、
対策と言っても、
猫の声まねをしてくれるくらいのものです。

どうしたらいいんだ。
来週から2週間もイタリアに行くのに、
帰宅したらねずみだらけなんてオチだけは嫌だよ。
よしんば居住区に入ってこないにしても、天井裏にねずみ達がためたウン子は、
きっとバイキンの温床になるでしょう。
いやだー。かゆくなるのは嫌だー。

昔おばあちゃんが、ふかした芋を餌にすると、
ねずみは罠にかかりやすいと言っていたのですが、
これはもう罠をかけるしかないのでしょうか。

しかしねずみが取れたとして、
私にはばあちゃんのように、それを軽々と溺死させることができるのか・・・?;;



Pーラおばさんは侮れない 

February 03 [Sat], 2007, 22:43
家の近くにポーRの派遣事務所があるのですが、ガラス窓から中の壁を見ると「当支店、契約1億円達成!」とかかなりやる気な張り紙がいっぱいしてあります。

驚愕な事に、先日その貼り紙の一部に「●●さん勤続50年おめでとう!!」の文字が…

すげぇ……16から働いたとしても66。20からなら70だよ!
膝が震えそうだぜ。

なんか私なんか全然ペイペイだって思えてきます。


あー
いっこのテーマで写真をやることが3年(それメインで動きだして一年)なんて、ほんっと私なんか、まだまだだなー!
こないだある中堅写真家が「このテーマに入って6年目」とかって言ってるの聞いたけど、それですら50年おばさんの1/5にも満ちてないからなぁ。


なんか、頑張ろうって気にすっごいなって来ました。

赤鬼 

February 02 [Fri], 2007, 10:30
湯のみがかなりたっぷりしているよ〜。至福〜
三茶の赤鬼に行きました。

日本酒美味しかったです。このラインナップは凄いよな〜。

写メにあるように、枡に湯のみを入れて、その中にだけお酒を注いでくれます。
これが嬉しかった!
地酒の香りや味を楽しみたいときに、木の香りが強すぎると
ちょっと・・・と思ってしまうこともありますので。
でも、お酒によっては枡も美味しいけどね。

ヒラメとカワハギの造りもめちゃめちゃ美味しかった。
切りつけが巧くて、噛めば噛むほど甘味が…
カワハギの肝も醤油に浸けた途端甘くなって、最高でした。

また行きたいな〜。
赤鬼のHPはこちら




茨城・・・大学があるので、地元愛が・・・
先だっても、取手市の田中酒造さんとこで君磐梯の純米大吟醸と甘酒を買ったのでした。
純吟は純吟ぽくない味だった。
濃くてワイルドな味がしました。
美味しい。
日本酒の流行とか関係なく、コレで行くんだって感じがします:笑

田中酒造さんは梅酒もつけてたり、あとお酒がしみたカステラなんかも出してたりして、
そのうちトライしてみたいですね〜。
3月はじめに酒蔵見学会があるみたいです。
行きたいけど、旅行で海外だな〜。

田中酒造さんのHPはこちら
P R
■プロフィール■
■アリー(たっこ)■
■1983〜/♀■
■関西出身・関東在住。まだ学生。来年はNYに住みたいです。■
最新コメント
アイコン画像もが
» ブログ閉鎖 (2007年04月14日)
アイコン画像あり
» ブログ閉鎖 (2007年04月13日)
アイコン画像
» ブログ閉鎖 (2007年04月07日)
アイコン画像あり
» ウォーホル (2007年03月31日)
アイコン画像moga
» ウォーホル (2007年03月31日)
アイコン画像あり
» イタリアのお土産 (2007年03月20日)
アイコン画像もが
» イタリアのお土産 (2007年03月16日)
アイコン画像あり
» イタリアのお土産 (2007年03月16日)
アイコン画像もが
» イタリアのお土産 (2007年03月16日)
アイコン画像moga
» 人間みたい (2007年02月24日)
Yapme!一覧
読者になる