スケープゴート 2 

2007年12月15日(土) 15時41分




































その後は土方さんがやたら口煩かった。ちょっとお前喉見せてみろ。言うとおりにした俺の扁桃腺をジロジロ眺めてみたりだとか。んなのアンタに見てもらったって分からないだろうよ、これ風邪じゃねえんだもん。

「明日には病院行っとけよ」
「そんなたいしたこと、」
「は、馬鹿やろ、なにか異常があったらどうすんだよ」
「んー」

言葉を濁した。この男は既に姉の件を忘れてしまったのだろうか。まるで彼女と同じ症状だというのに。

「嫌でさあ、めんどくせえ」
「じゃあ謹慎だな」
「は」
え、なに、なに言ってんのこの人。話飛躍しすぎだって。
「闘争ん時あんなふうになったらどうするよ」
「馬鹿にしねえで下せェ土方さん、俺はそんなヤワじゃねえよ」
「ほお、根拠は?」
(このやろ、いちいち痛い事ばっか突いてきやがって)
俺は口をつぐんだ。バツの悪そうな顔をしてるってことも、土方さんと目も合わせられないことも自覚していた。
「いいか、必ず病院行っとけよ」
「………」
「、おい」
「………」
「返事しろや、総悟」
「ん」

こんな生返事で満足したのだろうか、沈黙のままのそりと立ち上がると奴は部屋から出ていった。と、すぐ煙草に火をつける匂いがした。(部屋で吸わなかったのは奴なりの配慮だったのだろうか)



「もう平気なのか、総悟」
「あー、大丈夫でさあ」
「本当か?無理はしてくれるなよ」
「へいへい」
近藤さん、眉間にシワが寄ってる、怒ってるのか?いや、俺は怒られるような事はしていな、い、はず、多分。
発端は攘夷派テロの兆候を山崎が見つけてきた。あの男は普段ミントンばっかやってるくせに、ヘラヘラしやがってるくせに、何処からかそんな情報を仕入れてくる。全く性格すら語れず侮れない、よく分からない男だ。

何処からか土方の怒号が上がった。今日こそ過激な攘夷志士達と斬りあいになるかも知れない。さっきまでだらし無く肩にかけてあった上着を羽織ると、一人一人の目を眼光鋭く捉えていった。俺はドスの効いた土方さんの声を聞きながら、襟の毛玉を掃っていた。































つづきます

スケープゴート 1 

2007年12月14日(金) 16時51分
史実要素、捏造注意


































ああ、情けない。
ほんと俺、いま超情けない。どうしよ、ちょ、やべ、どうしよう。

とりあえず近くにベンチがあったから腰掛けた。そんで、さあここからが問題だ。足を組んだり踏ん反り返る余裕なんかなかったから自分の胸倉つかんで体を縮こめた。
ヒュッて空気が肺に入る変な音がする。するとすぐに今度はヒューッて、ぬるい風が喉から外へ出ていった。うっすら浮き出た喉仏がわななく。あ、やべ、まただ。ちょ、っと待っ

まさにその瞬間、道路越しに袋を抱いたチャイナが見えた。なにあれ、焼き芋?あーそういや最近食ってねえな。場違いなことを考えながら、俺は虚に浮かぶチャイナを噛み付くように見つめた。
(ああ、情けねえ)
どうせなら屯所に戻ってしまおうか、巡回中だけど。
(サボりって訳でもないんだものな)
何故だか一瞬己の行いを呪った。小柄なくせにやたら丈夫だった自分が妬ましくなった。
ふと、頭の中で近藤さんに相談しようかなどという阿呆な考えが浮かんだ。土方さんでも、山崎でも、うん、もうこの際誰でもいいや、とにかく誰かに自身のことを打ち明けたくなった。

(ど阿呆め)
考え直しだ。そんなことをしたら俺は二度と走れなくなる。折角取り戻した刀を一生奮えなくなるのだ。駄目だ、よかった、考えるだけでよかった。

だめ、もう無理。帰ろう、うん、帰って寝よう。よたよたと立ち上がった。と、視界の隅にいたチャイナは既に消えていた。あーあ、とか掠れた声が出てしまったのは秘密。情けない。どうせならもっと盛大に咳込みゃよかったなあ。とか。情けない面見られずによかった。とか、矛盾した気持ちが余計胸を締め付けたのも秘密。

屯所の門を潜って早速、巡回から早々と引き返してきた俺を見つけた奴が居た。お疲れ様です。って、別に疲れてなんかねえよ。あ、やっぱ疲れてるかも。ん、もうどっちでもいいや、早く寝転がりたい。
安っぽいラケットを握り締めて邪気無く話し掛ける山崎。素気なくはぐらかして側を通り過ぎた。二歩。三歩。あ、やべ、まただ、やめてくれ、こんなところでああああ無理、限界。

思わずしゃがみ込んだ。苦しい、やべ、シャレにならねえ、額に青筋が立ってるのが何となく分かった。口に手を当てても、どうしよう、止まらないんだけど、ごほっ、ああ。とまらねえ、これやばいな。もう咳込みすぎて苦しいどころか吐き気がした。

背後で隊長、と遠慮がちな声がする。ああ、山崎か。顔は見えないけれど心配でもしてるのだろうか、うわあ、俺心配されてるんだ、情けねえ。
だから目尻に涙を浮かべて一言言った。大丈夫、大丈夫でさあ。全然大丈夫じゃないのに大丈夫って言った。うん、言ったつもりだった。だけどむせまくってたから通じたかは定かじゃないんだけど。
そのうちじわりと滲んだ涙がどばどばと頬を伝った。目を開けてられなくなった。ごほごほ、ああ、これまずいな。

フッと背後の気配が消えた。あれ、山崎?己の咳の向こうで砂利を蹴る音がした。そうか、誰か呼びに行くのか。よせよ、こんな情けねえサマ土方さんや近藤さんには見せられねえ。ごほごほ。爪先立ちが辛くなって膝をついた。つもりだったのに、どしゃって音と同時に俺は崩れた。気がつけば身をよじって咳込んでいた。地べたに縋り付くように悶えていた。

(苦しい、苦しい苦しいくるしい、助けて)

もう情けねえだなんて言ってられなかった。咳込みすぎて喉はガラガラになっていた。声が出せない。
(た、すけて)
叫んだつもりだったのにそれは音にすらならず、ひんやりとした空気に溶けて消えた。



























つづきます

絶縁コンビニ 

2007年12月13日(木) 0時22分
リアルにも突発的に書き込みましたがエリスが可哀相。果てしなく可哀相。授業中なのに読んでて泣きそうになった。うんこですみません。

今現国の授業で鴎外をやっています。舞姫というお話で、最初わ些か何処にでもありそうな展開で欠伸が出る思いでした(極限すみません)が、なんだか最近物語の雲行きが怪しくて、とうとう本日エリスが狂ってしまいました。
あーこんな展開になるなら冒頭からの坦々とした物語のままで良かったのに…!豊太郎……!←

けども行き過ぎた愛故に狂っちゃう気持ちって凄くよく分かるからエリスわ本当に辛かったんだろうなあとか思っちゃう私です。そして豊太郎の優柔不断さと無責任さに刺したくなっちゃった私です。相沢わ特にありません(←



…相沢っていうとイメージがデスノの相沢しか出てこないのですが…^^^

侮っていた 

2007年12月11日(火) 21時52分
ちょうど一時間くらい前にね、ウチの真っ正面で交通事故がありました。こんな車体グッチャグチャになっちゃう事故って久しぶりに見た気がします。
幸い互いに怪我も大したことなかったみたいなのでホント良かったです、一安心だけれども、
自惚れちゃいかんなあとつくづく感じさせられました。


あー、
今日りいちゃんとバカウケしながら帰ってきて目茶苦茶テンション上がってたのに

なんだか悲しい´`

朝起きたら高杉が隣で添い寝してくれてたらいいなとか妄想しながら独り淋しく床に就く私 

2007年12月11日(火) 2時02分
タイトルがもう凄まじく痛いことになってますが今日の私わまさにそんな感じ。腐の部分が引っ込まないというイケナイ状況になりつつあります。
(ってゆうか現実と二次の区別があやふやになっていて非常にマズイ←…)


なんつーか、今日わ何かと大変な一日でした。朝から友達が鬱になってたり別の友達が出会い系に登録して請求が来ちゃったり友達の描いた綱吉くんに萌えてたり(^^ここでも腐っていやがる)何だか色々。鬱の友達にわ早く克服して欲しいものですが、出会い系の友達わ自業自得なんで頑張って頂きたいものです(酷

夜わ相変わらず教習所。と、今日わひとつ心境の変化がありました。
前まで(多分昨日くらいまで)わ車乗るの嫌だったんですよ、事故ったりぶつけたりしたら嫌だから。
(なにより路上だとスピードも出るからいざというときに対応しきれないしね)
だけども慣れたせいなのでしょうか、今日の路上わめっちゃ楽しかった、ていうか普通に最高速度でカーブとかしちゃってるのに怖いよりも楽しいって気持ちの方が強かったのです。ギアチェンジも発進時の半クラも億劫にならなかった、何故なのでしょう…

とにかく今わATじゃなくてMTとって良かったとか思ってます^^^まあとっても暫くわペーパードライバーだけどもね^^^^^←…


ぬう、年賀状描いてたらこんな時間に…と、久しぶりのアナログにあたふたしながら筆を進めています私です。恐らくわ企画に参加して下さった方々にわ新年早々有り得ないくらい鬱になる年賀状が届くかと思いますがここでお詫びを、すみません…!←



と、なんか今更眠気が増してきたようなので寝ようかと思います(^^)
おやすみなさいませ…!

アニマ 

2007年12月09日(日) 23時46分
急啓

おもむろに短銃を構えながら引き金を引いた。たったこれだけのことで目の前のそいつは頭をのけ反らせ、奇妙な顔付きのまま倒れ込む。もう何百、何千と幾度も重ねてこんなことを繰り返していた。
(もしかしたらそれ以上かも知れないが、わしの頭はもう働いておらんかった)

また一つの魂が糸を切ったように崩れた瞬間、この時どうやら虫の報せが届いたようだ。見えない虫は着付け物を喰ったりはしない、目障りに跳び回ったりもしないから別に気にしなければ済むことだった。心臓に喰らいついた虫は脈を打って振り払えばよかった。
ところが皮肉なことに、風神様までわしの最も嗅ぎたくない匂いをしょい込んできたようじゃ。

そのうち桂の軍が帰ってきた。脂汗と土と返り血の匂い、それから肉の飛散した匂い、不快だが嗅ぎ慣れたものだった。

ふいに隣で胡座をかいて栗を剥いていた銀時が立ち上がった。剥きかけの栗がこつんと落ちる。奴は聞き取れなかったが何か叫ぶと、たちまち桂に駆け寄った。否、桂の傍らに居るモンのところへ。奴は誰かを背負い込んでいた。そうか、この肉の匂いはこやつのモンじゃったのか。

それから突如として心臓に虫が噛み付いた。ビクリと全身が逆立ち、鼻が疼いた。目をあらん限りひん剥いた。間を置かずに瞳孔が開く。
傍らでは体を温めるのに握りしめていた焼酎瓶がガチャリと鳴った。
(未だ呑んでもおらんのに喉元が熱くなるのは何故だろうか)

「たかすぎ!」

(奴は左目を討たれた。奴はこの戦にて戦死したのだ。)

なかなかどうして、またしても短銃を構えなければならなくなってしまったようじゃ、アッハッハ、奴の仇に行かねばならんと。

敬具























すみません…

独りの夜は淋しいから 

2007年12月09日(日) 3時22分
さっきまで居酒屋さんでお世話になってました
というのわ、うちの前の居酒屋さんなんだけども焼鳥がめっちゃ旨いんですよー
ずっとお茶すすりながら顎動かしてました、いてー

FREAK 

2007年12月06日(木) 0時40分
何事にも動じないような面構えで煙草を加えたら、それは生臭かった。微かに血の味がした。

武士道がなんなのだろう、近藤さんや、なあ俺達の武士道とはなんなのだろう。俺達は幕府の言うとおりにしただけだ。それだけで良いのだ。幕府と世の秩序を守ることが俺達の武士道とやらのはずだ。はずだった。少なくとも今まではそうだったのだから。

しかし土方の腹は煮え切らなかった。沖田は眩しい笑顔を何も知らない隊士に向け、近藤は大きく口を開いて笑うのだ。ああ、俺だけだ、俺だけが拭い切れていないのか。俺には自嘲を含んだ笑みしか浮かべられない。何と愚かな生き物だろう。

土方は煙草に火をつけずに味わった。血の味を確かめるかのように舌の上で転がした。
(この味を忘れたら俺は人間じゃなくなる)
微かな焦りが芽生えた。

皮肉なほど空は晴れ渡っている。俺はずぶ濡れだった。ああなんて皮肉なことだろう、また自嘲気味に笑った。

(俺も人間じゃなくなったら武士の魂も失くなってしまうだろうか)

(教えておくれよ)


この答えを知る者はもう一人しか居ない。居なかった。もう今となっては居ないのだ。
(あんたは俺らに斬られる瞬間なにを見た?)


(なあ芹沢さん、)



もし彼が鬼を見たのならば俺はもう既に人間ではない。俺にはもうかつての武士道などない。


(芹沢さん、)


沖田は何も知らない隊士とじゃれ合い、近藤は何も知らない隊士と盃を交わした。


(芹沢さん!)






































芹沢さんわ出てこないのかな

独逸無制限潜水艦作戦宣言 

2007年12月05日(水) 10時15分
只今世界史中ですが、めんどくさいので昨日書こうとしてた日記でも書こうかと思います(←…

どうも、最近高杉を脱がせたくて脱がせたくて仕方がない私です(やめなさい
ていうか授業中ポーカーフェイスでこんなこと打っちゃってる私ってなんなの^ω^前まで、ちょっと前までわ健全街道まっしぐらだった私わ何処へ行ってしまったのだろう^ω^ω^ω^
落書きわ高杉さん。本当わ横に長くて銀時とヅラと坂本もいらっしゃいます(ちきしょうデカすぎて入らなかった…)高杉だけ裸じゃ唯の変態なので、みんな上半身裸でお揃いにしてあげました^ω^(さいあくだ
けどもいいよね!皆EDじゃ裸なんだもの!公式なんだもの!高杉居ないけど!←

さて、変態丸出しになったところでお知らせ。これから年末くらいまで潜るかも知れません。というのわこれから年賀状も本腰を入れて取り組みたいと思っているので、更新が前程頻繁にできなくなるかと思います。(こんな絵でも楽しみにして下さっている方すみません´;ω;`)

日記と落書きだけわ不定期更新予定です。稚拙な駄文もちまちま更新予定。うーん、この調子のままだと下手するとあっちの世界から帰ってこれなくなりそう。デッドオアライブ!(重症



すみません、授業終わって今日本史なのでちゃんと受けてきます(と見せ掛けて寝ます←

おやすみなさい^ω^

胸の高鳴りがおさまらない 

2007年12月02日(日) 22時56分
改装しました、長い時間閲覧できない状態にしてしまってすみません…!

インデックスわ何故だか万斉です。今まで万斉描きたかったのに描こうとすると面倒くさくなっちゃって今まで手付かずでした。ごめん…!どうだろう、まだ携帯からしか確認してないのでパソコンとかからだと絶対崩れてるだろうなあ´`;
(携帯からでさえ機種や設定によって危ういという)

あんまり崩れまくっていたり見づらかったりする場合わ御一報くださると嬉しいです´;ω;`
もしこれで大丈夫なようだったら不定期に人物を変えていきたいと思っています。次わまた子、かな(…たぶん)

そういえば近いうちに近妙文に手をつけたいとか考えています。最近すっげえ末木さんの絵に感化されてる、やっべ、すきだ(黙れ


感化といえば、自分ようつべで兄銀観てる訳ですが(邪道)あの、あれ、アニメ映画とか今敏監督とか押井監督作品以外のアニメーションが大嫌いな私が、ちょ、うわ、不覚にもときめいちゃっt(
兄銀かっこよす…!どうしよう、あわわなんでそんなにカッコイイの全蔵さん…!(そこかよ
い、いや、それより子安さんに出番を!暫く出てこないじゃんか!(辰馬もだけど)

はやく動乱編やらないかな´;ω;`いや、それよりリアルタイムで観る努力をしてみよう…!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はばねら
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる