モレスキン 

January 09 [Sun], 2011, 23:20
モレスキン 「伝説のノート」活用術
堀 正岳・中牟田 洋子 
ダイヤモンド社

モレスキン、欲しいかも〜
って思った時に
タイミング良く出会った本です。

モレスキンの使用例を
ビジュアルでいろいろ見れる本なのかと思ったらそうではなく
割と良くあるメモ術の本でした。


言っちゃえば
モレスキンじゃなくてもいいんだよねー。
100円のA6ノートとかでも。

モレスキン高いし。


それでもモレスキンが欲しくなっちゃうところが
モレスキンの魅力なのでしょう。


モレスキン使ってる自分が好きになれる、
「モレスキンに書き込んでるオレ、デキるヤツじゃね?」
って錯覚させてくれるところが
100円ノートにはないモレスキンマジック。

私もモレスキンマジックにかかり
現在、ブレインノートとして愛用しております。

とある日の1ページ↓


らくがき帳?

楽しく使えてりゃいいんです。

ゆるゆる 

January 08 [Sat], 2011, 23:22
「ゆるい生き方」
本田 直之 
大和書房

子持ちになってから
ビジネス系の本が全く参考になんないんですよね。

ああいうのは独身か既婚でも男性向けに書かれてるんだと
痛感。

コチラもそんな本の1冊です。

著者なりの
ゆるい生き方のススメなんですけど
全くフィットしませんでした・・・。

休みの日はタメ語で、とか
スーツを着ない、とか。

初対面はプライベートでも敬語にして〜。
スーツ着ないなんて
サラリーマンは不可能っしょ。
てか私は既に仕事にスーツ着てないんですけど。

「会社に縛られない準備をしておく」ってとこは
共感できました。


仕事にはスーツ着ないし
上司・先輩にはほぼタメ語だし
仕事行っても半分は相棒と喋ってるし

・・・十分ゆるゆるじゃん。


これで
1年の半分を沖縄で暮らせたら
ゆるい生き方コンプリート。

カルマ 

January 08 [Sat], 2011, 23:04
「考えない練習」
小池 龍之介 
小学館

最近「煩悩」とか「業(カルマ)」とかいう言葉が気になって
読んでみた本です。

著者は僧侶です。

内容的にはもちろん仏教色が濃いんですが
だからって宗教の布教的な内容ではなくて
仏道の見地から
イライラや不安を取り除く考え方を説いてます。

この著書のスバラシイとこは
神様仏様一辺倒じゃなくって
脳の働きにも言及してるとこですね。

著者は脳に関する専門家ではないので
専門的なとこまでは踏み込んでかないですけど
最後の脳研究者との対談なんか
興味深かったです。

科学もスピリチュアルも
お互い否定し合わず
客観視しながらお互いを認めあってるようなとこがステキでした。

大槻教授と霊能力者みたくなってませんでした。


仏教の教えをより知ってみたいと思わせてくれる1冊でした。

尼さんにはなんないけどね。

3年ぶり 

January 08 [Sat], 2011, 22:55
お久しぶりです。

気付いたら3年も放置してたこのブログ。

この3年の間に何やってたかって

子供2人程産んでましたw


育児で読書どころではなく。
育児って読書もできないんだって
子供産んではじめて知りました。

仕事復帰してから
子供と離れる時間ができて
以前ほどでないにしろ
ちょっと読書ができるようになったので
こちらも再開じゃ!と目論んでおります。

ゆっくりペースで更新していこうかと。


子供がいるので
育児関連の本は増えそうです。

あとハンドメイドとか
自己啓発系は相変わらず。
小説はほとんど読まないかと思います。


そんな感じでまたよろしくお願いします。
卯!

記憶にございません 

January 31 [Thu], 2008, 17:30
「覚えていない」
佐野 洋子 
マガジンハウス
著者はコレ←が発行当時68歳で
50代の時に書いたものなんかをまとめてこの本ができたもんだから
50代の頃に書いたことなんかすっかり忘れちまってたよってことで
タイトルが「覚えていない」みたいなんですよ。

その著者が覚えちゃいない50代の時に書いたらしきモノが
じつに面白いです。
うんことかフツーに言ってます。
50でこの文体はかなりフツーじゃない、
すげーいいかげんなのに何か納得してしまう感じで
ウケます。グヒャヒャ


一部抜粋↓

>私の知っている男、女房が、何とか性紫斑病っていうのになって、
 体中の血管が切れて、口からジャージャー血出して寝てた時、優しそうな声出して
 「ミヨ子、僕のごはん心配しなくていいよ。外で食べるから」と言った。
 その女房もメシ食うって事頭のハジにもないのネ、「私は?」って言ったら
 「えっ」て言ったんだって。


( ゜∀゜)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
すげーわかるこの状況!
メンズはやっちゃうんだろーなぁ。
気ぃつけてくださいね♡

50代になってこういう感覚が
残ってるような大人になりたいと思いました。
★133冊目★

美意識 

January 31 [Thu], 2008, 17:03
「母から学んだ、きちんときれいな暮らしかた」
丹生谷 真美
主婦と生活社

朝起きたらまず身支度を整えるとか、
モノを増やしすぎないとか大切にするとか、
言っちゃえばそんなことわかっちゃいるんです。

でもできないから困っちゃう。

この本に出てくる著者のお母様みたいな
そんな暮らしに憧れます。
でも相当几帳面じゃないとできんな・・・。

私A型なんですけどむつかしいですね。
出かける予定がないと一日中パジャマでいますから。
イカンイカン


うちの母はといえば
仕事してたっていうのもありますけど
いちいち丁寧にやんない人です。
片付け=外から見えなきゃOK なので
何がどこにあるかなんて全くわからず。

それでも
朝から晩まで仕事して
週一の休みで
たまに実家かえっても床とかキレイなのには
つくづく感心します。

アタシなんか主婦なんだから
床きれい+α何か付けないとダメよねぇ〜。


勉強します。
★132冊目★

ゴミ屋敷 

July 12 [Thu], 2007, 12:07
『片付けられない女は卒業します』
辛酸 なめ子 
メディアファクトリー
モノが異常に多いので
我が家は常にゴミ屋敷です。


来客が来るときにゴミ袋を開かずの間に隠したのを忘れて
ある日発見したので捨てようと思ったら
●●゙(←コバエの幼虫)が発生していて愕然としました。
いくら散らかっているとはいえ
虫系だけはカンベンしてほしいです。

ゴキジェットを多量散布したので
もう大丈夫だと思います。

そんな家ですが
不思議とブリゴキ(黒いダイヤ)は見かけません。



辛酸なめ子
ひどい部屋から
新築マンションへの華麗なる転身ストーリーをネタにしたブログが
書籍化されたもののようですが
面白いです。

スゴイ部屋の写真が
惜しげもなく公開されています。

なので
「アタシだけじゃないんだ〜
と、心が救われます。


いや、
そこは救われちゃイカンだろ。
★131冊目★

5分で変わる 

July 11 [Wed], 2007, 22:46
『キッパリ!』
上大岡 トメ 
冬幻舎

チョット前にどこの本屋でも平積みされてましたね〜。
イラストがふんだんに入ってる本は
最近なんとなく敬遠してたんですが
これは自己啓発の入門書としてとっても読みやすいです。

最近若干グダグダぎみの私でしたが
おかげさまでこころもち回復しました。


この本には簡単に自分を変える60の方法が
紹介されています。
いくつかすでに実践してることもあって
「おぉ!」と思いましたが
そのうちのひとつが

メモ帳を持ち歩く

ということ。 以前紹介した『IDEA HACK』という本にもありましたが
とにかくいいネタ思いついても
忘れちゃうんですよね〜
だから思いついたらその場でメモメモ・・・

そしてその日のうちに必ず見返す!

今日もメモ帳を見返さないと。。


・・・ん?

キノコとクラゲの絵?

その下に
「キノコとクラゲは似ているねー」
とコメントがっ!!



il||li (つω-`*)il||li

変わらねーな、自分。
★130冊目★

桃タロイモ 

July 06 [Fri], 2007, 23:10
『匂いをかがれるかぐや姫〜日本昔話Remix』
原 倫太郎 
マガジンハウス

日本の昔話を英語翻訳機にかけて
またそれを日本語翻訳機にかけたのが
コレです。


よくもまぁこんな手法を考えついたもんです。
スゴイことになってますよ、奥さん。


一寸法師(少量法律助言者)と
かぐや姫(匂いをかがれるとすぐに、プリンセス)と
桃太郎(桃タロイモ)の 3篇を収録。

シュールでパンクでサイケデリックな世界が
広がります。

深夜2時あたりに読んだら
悶絶すること間違いなしの
傑作です。

寝起きすぐとかはたぶん微妙です。


処理前 : きび団子

処理後 : 日本の先端のミレー餃子


ぬぁんじゃそりゃ!
翻訳ソフトの限界は意外と低そうですね。
劇的ビフォーアフター。

個人的にはタイトルにもした
桃タロイモが一番好きです。
★129冊目★

日常スクープ 

June 27 [Wed], 2007, 0:38
『うめめ』
梅 佳代 
リトルモア
梅さん、天才です。


今までにこんな写真集ってあったでしょうか。
右下に日付入っちゃってて
たぶん「●ルンです」みたいなフツーの使い捨てカメラで
撮ったんでしょうね。

犬のう●こシーンとかも載っちゃってます。
いいのか、コレ!?


写真集を見て
電車で爆笑したのは始めてです。


たぶんこういう作風は
写真界ではタブーだったんだろうと予想されますが
あまりの衝撃に
やはり賛否両論、バックリ分かれてるみたいですね。

いずれにせよ
なかなか狙ったって撮れるもんじゃない写真ばっかりです。


写真=芸術
という概念を覆すような写真集です。
★128冊目★
Nootropicsへようこそ
"Nootropics"とは頭の良くなるドラッグの総称。
このブログはジャンル関係なく、管理人しろいかみさまが賢くなるために読み漁る本をとにかく紹介しまくるブログです。
読書好きの方も普段あんまり読書しない方も、きっとココで面白そうな本が1冊ぐらい見つかると思います。
コメント大歓迎☆気になる本を見つけたら是非コメントを残していって下さいね。
各本をクリックするとamazonのリンクページへジャンプします。
管理人↓
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:きゃん
読者になる
2児のWM。
今年ミソジ。
趣味は言わずもがな読書。
そしてハンドメイド癖アリ。
推理小説より自己啓発系がスキらしい。
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる