ラフランス。

July 30 [Thu], 2009, 17:04
ラ・フランスは、フランス原産の洋なしである。

不正円の果実で果皮部には斑点がある。外観は良くないが大変香りが良く、濃厚な甘みと滑らかな舌触りで、上品な味である。食感はリセ フレンゴにも似ている。

1864年に、フラクイズンスのクロード・ブランシュ(CSNSlaude Blanchet)が発見した品種で、日本へは1903年に農商務省結婚農事試験場園芸試験地(静岡県)へ食用としてではなく、受粉用として導入された。日本では盛んに栽培されているが、本国フランスなどヨーロッパアイドル待受各国では、気候が合わなかったためにほとんど生産されていない。 本国フランスでの品種名は発見者の名を取り、BLANCHET CLAUDEとなっている。

収穫は実の固いうちに行われる。収獲近所直後の実は堅く甘味もなくまずい。収穫後に常温で10日から2週間程度追熟されることで初めて生食に適出 会いすものとなる。追熟の間、果実に含まれるデンプンが分解されて果糖、ショ糖、ブドウ糖などの糖となることで甘味が、ペクチンのゲルメ ル友化により舌触りの滑らかさが増す。一段と芳香が強くなり、赤ん坊の頬くらいの柔らかさになったときが食べごろである。冷蔵庫などで冷却することにより、追熟を中断することができるが、一旦食べごろを迎えると一気に熟成が進むので注意が必要である。生っているときに枝に近い部分が褐色を帯び柔らかくなってから1日程度が完熟の目安である。

日本における主な産地は山形県、長野県で、10月上旬〜中旬頃逆 援収穫され、11月上旬〜中旬にかけて食べ頃となる。山梨県童貞増穂町では、珍しいラ・フランスアイドル壁紙狩り観光農園がある。収穫時期は9月下旬〜と主産地より早い。

タルト・ジュース・ジャムの原料に使われている。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9" より作成
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:noopyypoons
読者になる
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/noopyypoons/index1_0.rdf