お引越し。 

February 07 [Tue], 2006, 17:41
 
  文字制限2000じゃ物足りないので引越します。

↓↓↓↓↓↓

コチラ


次の日記からあっちに書きます。

さみの日記へのコメント。 

February 07 [Tue], 2006, 12:37
  羨ましさ、憧れ、尊敬etc...

  これはあたし個人の考えだけど、
  根拠がどこにあっても、理由がなんであっても頑張れること自体に憧れる。
  たぶん沙美はそれじゃ納得できないんだと思う。
  もっと純粋な、打算のない「頑張る人」になりたいんだと思う。

  けど、どんな理由があっても頑張れない人間には
  そんなの関係ないんだよ。

  ・期待に答えること。・褒めてもらうこと。・いいこに見られたい。
  沙美にとったらそれがすごく大切な理由なんじゃないかな。
  例えば本能的に(笑)

  あともうひとつ、朱紗がずっと抱いていた想い。
  羨ましさ。悪く言えば妬みだね。

  高校のとき、沙美は英語ができないのに英語コースへ進んで
  「be動詞ってなに!」ってわざわざ隣の教室の朱紗のとこまで
  聞きに来た沙美の姿がまだ目に浮かぶよ。
  朱紗が英語コースにひっぱっちゃったんじゃないかとか
  日文に進んでたら国語の先生になる夢も叶ったんじゃないかなとか色々考えたよ。
  でも、結果的に沙美は朱紗よりも前へ、高みへ飛んでいった。
  
  朱紗は高校2年の時の一瞬のサボリのおかげで、
  希望した大学へは進めなかった。
  自業自得なのに、誰かのせいにして入学した大学で
  置かれた状況では頑張ろうとはしなかった。挙句に退学。

  沙美が羨ましかった。
  心のほんとに端っこで、
  「なんであたしより英語ができなかったはずの沙美が」って
  沙美が行った当時は、少し思ってみたりもしたよ。
  ひどいよね朱紗って。ごめんね。
  
  沙美、みんなの思う沙美ってどんなの?
  朱紗は沙美を疑ったことはないよ。沙美は沙美だよ。
  笑っていても、泣いていても、寝ていても(笑)
  かわいい顔してイビキをかくのは沙美。
  妙に落ち着きのある、肝が据わってる沙美。
  すぐ赤面しちゃう沙美。
  
  例えば頑張ることに疲れて、全部投げ出したとしても
  朱紗の中の沙美は沙美だよ。大丈夫

  ふぅ、わけわかんない熱烈ラブレターになってしまった。

戦力外通告。 

February 04 [Sat], 2006, 14:21

 なーんかこのブログの眺めてたら、うっすいねー全体的に
 まぁいいけどね。フフン

 最近更新してなかったのは、更新する気になれなかったから。
 
 10年後、いや5年後、自分はどこで何をしてるんだろうなぁーって思った。
 それは高校生の頃みたいに、ぽわわ〜んって感じよりも
 木枯らし吹いちゃいそうなテンションでね。
 17歳の5年後はもぉ過ぎた。あ!そっかそうなんだね、、、
 よくいう「あの頃の未来に僕らは今生きていて」ってやつだわね。
 うっわーそりゃ小じわも増えるっての。

 あと5年したら、いわゆる「まじで焦る年頃」だね★アハハ
 どうじようね、、、。
 
 なんでそんなことを思ったかっていうと
 最近、オンラインで懐かしい友達と再会する機会が多くて
 それは5年ぶりだったり8年ぶりだったりするわけですよ。
 必然的に思い出すじゃない?昔の自分。
 5年前は高校生。
 8年前は中学生。

 あまり思い出したくないのは中学時代。
 なんでかって、あの頃の自分がすごく嫌いだから。
 思いやりなくって、どんくさくて、弱虫で、臆病で、
 人のこと傷つけて、ぶさいくで、いもくさい。

 って振り返ってると気づくんだ。
 その頃と今と大して変わってないなぁ、、、って。ね。

 再会した友達の中には、結婚して子どもがいたり、
 海外にいたり、後輩なのに既に就職してたり。

 あたしたちの年代は、若くもあり、「もぉいい歳」でもある。
 なにかを始めるには決して遅くはないものの、
 勢いは今までよりももぉ一押し必要。
 こんなこと、年上の人がみたら怒りそうだけど。

 将来の自分に結婚を重ねてしまう場合、なおさらなんじゃないかな。
 やっと共働きが日本で定着し始めた最近、
 日本の10年先を行くといわれる欧米では
 専業主婦、内助の功みたいな古きよき日本みたいな女性が増え、
 必要とされている。らしい。

 日本も10年後はまたそういう空気になるのだろうか。
 どっちにしても、結婚して子どもをもつなら
 専業主婦になりたい。
 そうなるとまたなぜか失速する。
 結婚できなかったらどうする気なんだろう。自分。

 あ〜ヤプログの文字制限が憎らしい。

 話まとまんないけど終わらせなきゃ

10年。 

January 26 [Thu], 2006, 1:19

  『あなたは10年前に愛した人をいまでも愛していますか?』

  最近テレビを観るんです。
  で、最近みてるドラマでこの↑テロップが出たの。

  テレビを観て深くじゃなくても考えることなんて滅多にないんだけど、
  なんか考えちゃったなぁ。

  と、いうわけで今日のテーマは『愛』わーむずかしい・・・。

  10年前。
  あたしは13歳。
  まだ愛なんてもの知らなかったかもね。
  頭では。
  感覚としてはその時の方が真っ直ぐになんの疑いもなく
  愛を感じたりできていたかもしれない。
  ただ、その頃抱いていた感情が愛っていう単語にあてはまるとは
  知らなかっただけで。
  
  「これは愛なんだろうか。ただの情なんじゃないか。」なんて
  悩んだりしなかったよ。
  「この憎しみは愛されたいが故なのかな。」とかね。
 
  13歳。
  あたしは中学1年生?
  心の中は荒れ放題だった。
  残酷で、悲観的で、絶望してて、混乱して、悲しかったんだろうなぁ。
  当時の自分を冷静に分析すると。
  
  10年前、あたしは誰を愛していたんだろう。
 
  今現在、あたしは誰を愛しているんだろう。
  
  愛ってなんだろう・・・。


  恋愛してる時、あたしはその恋愛の相手が好きすぎて
  泣けてくる時がある。
  でもこれって恋。というか「好き」って感情の境地みたいな気がしちゃう。
  
  愛ってもっとさりげないモノって幻想を抱く。

  友達でも家族でも、ずっとずっとゆっくりゆっくり時間が過って
  やっと愛が熟すんじゃないかなぁ〜って。だったらいいなぁって。ね。

  もぉ10年前の自分に戻すことはできないけど、
  愛ってモノに対して頭で理解しようとはしないでいよう。
  たぶん死ぬ間際、答えが見つかったらラッキー♪くらいな 
  そんなモノだ。そうであってほしいな。


  

ビジョ美女。 

January 22 [Sun], 2006, 0:19
 今日はあっちでもこっちでも雪の話題でしょうねぇ。
 東京はなかなかの雪っぷりでした。
 
 でも東京の雪って、べちょべちょになっちゃうから嫌よね。
 
 しかも、雪が降っても「はぁ〜寒いじゃないのさ」とか思うだけで
 はしゃがなかった自分がいたのね。今日。
 
 加齢を痛感。

 
 犬のヨダレの量がここ2、3日ちょっと異常なので心配です。
 で、動物病院に連れて行こうかとも思ったんだけど、
 あれって保険利かないからちょっと行くと5,6千円とられて
 苦しいので、明日まで様子見。

 でもでもやっぱり心配なので、電話でちょっと聞いてみようと電話かけたの。

 診察券の番号を見て、携帯にまず登録して、それからCALL。

 「ゴホン ン"ン" はい?」
 ぇ、病院?って思ったんだけど、
 「あの、ちょっとお伺いしたいんですけれども、犬のヨダレが〜」
 「ぁ、たぶん番号お間違えですよ^^」って     Σ(゚Д゚;)
 すっごい恥ずかしいよこれ。

 だってさ、自分の家の電話が鳴って、「はい」ってでたら
 いきなり犬のヨダレって ォィコラー みたいな・・・。

 赤面でしたよ。 
 さみバリに赤面だよ。まったく。

 今日はいい夢みれそうです

 おやすみ。


 

 
 

縁結び。 

January 19 [Thu], 2006, 23:23

  mixi あかさまだやってるんだけどねぇ
  われらが母校の子、なんにんか発見したよ!

  未○ちゃんとか、珠○とか、ま○とかそのへん?

  ついでに中学の時の剣道部の後輩もみつけて
  MSNで思い出話して盛り上がった〜。はずかしぃ〜。

  
  なんか面白いよねぇ。
  仲良かったはずなのに、連絡とってなくて、とりたくてもわからなかったり。
  時々思い出したりして。

  昨日ね、いろんな人からもらった手紙を放り投げてた箱を
  整理してて、ついでに読んだりしてたんだ。
  授業中にまわした手紙とか、
  テストの問題用紙の裏に書いたやつとか。
  すごい懐かしくて、こんなにいろんな人と同じ時間に笑ったり
  怒ったり、悩んだりしてたのに、今はなんの繋がりもないんだなぁーとか
  ちょっとしんみりしてたのね。
  (手紙の内容に爆笑しつつ)

  それで今日じゃん。
  珠○とかメッセージ送ろうと思ったんだけど
  なんとなく恥ずかしかったので明日送ってみます(*ノェノ)

  きっと、あたしが心のなかで今でも忘れていない人たちと
  また、まだ、どこかで繋がれてるんじゃないかなと思って
  少し嬉しく思ったよ。

  あたしって欲張りだねー(笑)
  いま繋がっている人たちだけじゃ満足できないのかなぁ・・・?
  いろんな関わり合いがあった人たちと、また繋がりたいって思ってるよ。

  今日はフジコヘミングのCDを買ったので聴いてみます。

  そしてそのまま寝たい。
  おやすみ。
  
  

遠し。 

January 18 [Wed], 2006, 17:52
  ついこの前、外に出てみるとなんだか違和感を感じた。
  その違和感はなんだろうとかぼんやり考えながらしばらく歩いて気がついた。
  気がついたと同時にみぞおちのあたりがぬるいモノで溶かされていくような
  なんともいえない嫌な感じがした。

  なんだったと思う?

  それはね、空気。
  匂いだったり、湿度だったり、気温だったり、いろいろが混ざったもの。

  その日は、なんていえばいいのかなぁ。
  ほっぺになにも触れてない感じ。
  風もあまり吹いてなかったせいもあるんだけど、
  冬だったら、ピンっと張った空気がヒヤリとほっぺに触れてるじゃない?
  夏なら日差しがジリジリと。

  でも、その日はなにも触れてないような感じがしたの。
  それが「違和感」だったんだなぁ。

  で、なんで「嫌な感じ」かっていうと、
  あたしは春が苦手だからなんだ。
 
  春といえばやっぱり、新しい出発とか、出会いとか、
  そういうのがあるじゃない?
  そういうその『区切り』っていうか、『新しい』っていうのがとても苦手。
  沙美みたいにワクワクする人のほうが多いだろうし、
  寒くて肩が凝る冬の終わりに喜ぶ人も多いと思うんだけど。
 
  でもでもあたしは冬が好きだし、新しいことが苦手。

  今年、あたしは自分の今やっている仕事に見切りをつけようと思う。
  親もそんなに気長じゃないし、それよりなによりもあたしが焦ってる。
  
  「月給」という安定を得られる仕事。
  朝早くおきて夕方に帰宅して、次の日のために12時に寝る生活。
  毎日外に出かける(家から会社とか)仕事。
  
  そういうのが欲しくなった。

  手が届くことからひとつづつ、片付けていくよ。
  今日はとりあえず目の前に詰まれた洗濯物と本の山をどうにかします

  あ、そうだ、結局春みたいな日はその日だけで、
  また重たいコートを着て、マフラーに顔を埋めて歩いてるよ。(首が短いから)
  
  イギリスもまだまだ寒いね。
  風邪引かないように、もりもり食べるのよ
 
  あかさ。

謹賀新年。 

January 13 [Fri], 2006, 0:07

  たいへん遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

  っまー実家でのお正月が一言で言えば最悪でしたね。アハハ
  それについてはまだ頭を冷やしてるから書かないもん。
  
  
  お正月に言及しないとすると書くことがないね。

  
  今日、犬がねぇ、公園を散歩してたらねぇ
  枯葉がカサカサーって飛んできたわけ。
  んでね、それをまだお子ちゃまなうちのチビ助が追いかけて
  そのまま池にドボーーーーン
 
  そのときの顔ったら・・・大爆笑でした。ハイ。
  でも文章にするとたいしておもしろくないんだねこれが。
  
  まぁいいけどね。
 
  寝るよ。おやすみ。。。(寂)


にせんごねん。 

December 28 [Wed], 2005, 1:41

 明日から実家なので年内の更新は最後なり。
 ってまだ3つ目だけどね。リセットしてからね。

 なにはともあれ、ベタに今年を振り返ってみる。
 短く簡潔に。

 やっぱり大学を辞めたことが大きかったかなぁ。
 どうかなぁ。でも辞めるべくして辞めたって感じで、
 大学に行ってたのなんてだいぶ前の話みたい。

 辞めたことはほんとによかったと思う。
 ただ思うのは「もっと早く辞めておけばよかった」
 あの大学に行ったこと自体は後悔はしてないんだ。

 なぜなら、いい友達に出会えたし、
 あそこしか選択肢がなかったのは自業自得。
 親の信用を得ていなかった。
 「あんたはやればできる子」っていうのが
 驚くほどなかったんだもん。
 (進路指導質で泣きながら土下座してもだめだったことが物語る)

 人のせいにはできない。

 んー例えばこの日記をさみ以外の人が読んでいるとして
 一言添えておこう。
 
 目的って後から付いてくるものなんだ。 
 だから、目的がないからといって、じっとしてないで。

 難しく考えないで、やりたいことはやってみようぜぃ。ヒュー

 って感じ。

 簡潔にまとめる予定だったんだけど、、、。

 
 よしじゃーこうしよう。
 今年1年を一言で。(めずらしく自分に厳しくしてみる)
 
 よし。さて。えっと。えっと・・・。

 
 『楽』

 かな。

 
 来年はもぉ少し自分に厳しく、人に思いやりを。
 んでもって ちゃんと生きよう。よし。

 では、よいお年を。

 おやすみなさい。

 

すヴぁらすぃ。 

December 26 [Mon], 2005, 1:07

 連日更新万歳。

 大学時からの友達総勢8名(1人欠席)で忘年会でした。
 わいわい。

 楽しかったんだよおおおおおおおお
 声ガラガラになっちゃったけど
 彼氏らしき男は仕事だったけど、いいのいいの。
 
 むしろそれでよかったの。

 
 今年は、誕生日もクリスマスもそうでない時も
 なんだか温もりに囲まれた?包まれた?年だった気がする。
 
 こんなどうしようもない、だらしのない子なのに。
 神様がいるとして、その人はあたしに甘すぎるよ。

 ものはたくさんはいらない。
 お金もたくさんはいらない。(あぁでもたくさんあってもいいよね)
 友達もたくさんはいらない。
 ただ、しっかりと繋がっていけたらと思うんだなぁ。

 んでもってなんか今年はそれを実感したなぁ。

 相変わらず、自信はないけど、でもたぶん、
 大丈夫。
 なにが大丈夫なんだかわからないけどとにかく

 だ い じょ う ぶ 。

 
 おやすみなさいまし。



 
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nooproad
読者になる
Yapme!一覧
読者になる