変換スタジオ4 Complete Box の基本操作編5 動画の編集 (動画の長さを調節してみよう!)

September 27 [Fri], 2013, 15:34
さて、前回はいくつかの動画をそのまま使って、結合という作業をしました。
今度は1つの動画を編集して、短くしてみることにしましょう!(この機能の事をトリミングと言います。)

通常、この場面を編集したいな!と思うのは、家庭用ビデオで撮ったスポーツなどでの決定的瞬間だったり、
子供の動画の前後などで映ってしまった要らない部分、消したい部分を削除して、長さを調節したいって感じですよね。
こんなことって、一見、大変そうな作業に感じますが、素人でもこのソフトなら、意外と簡単に出来ちゃうので
楽しいですよ!

1. @ 前回同様、編集したい動画をソフトに読み込ませます。
  A 今回は、編集機能(ボタン)を使っていきます ↓ 。




2. 読み込んだ動画を編集する画面になりました。
“トリム”タブで、元のビデオの長さが表示されていることを確認します。




3.“ 【 ” ボタンで 動画の再生開始(スタート)時間を設定します。





4.” 】 “ボタンで動画の再生終了(エンド)時間を設定し、“次へ“をクリックします。






途中でトリムした部分での再生・終了を確認したい場合は   ボタンを押してください。

 ※ 尚、詳しいボタンの説明は、製品ホームページのマニュアル 動画編集のあたりをご参照ください!



5.もとの画面に戻りますが、トリム後の長さが変更されているのが確認できます。





6.スタートボタンをクリックして、編集開始!






7.待つこと数十秒!(トリム後、5〜6分の動画で。)






8.ファイルの完成です。






9.やった! 変換スタジオのフォルダーにトリム後のファイルが出来ています。







この作業をしていて一つだけ気になったのは、一本の動画からいくつかの場面にコマ割りして
くっつけることは出来ないようでした。その場合は、ちょっと手間はかかるけど、この作業を繰り返して、
最終的に出来た動画を結合させるしかないのかな? まぁ、私の場合は上記のトリミング位で十分ですが・・・。


ちなみに、Wikipediaではトリム(trim, trimming)って、“一部を切り除くこと”って意味で、

・写真や画像の周辺部を切って構図に手をくわえること。
・映画の映像の左右(または上下)を切り取って縦横比を変更すること

ですって。 ちょっと豆知識でしたぁ〜。



それから・・・、出来た動画は保存先によって、mp4などに変換してお楽しみください。

このソフト自身は動画を圧縮したり出来るのらしいけれど、やはり圧縮すると
どうしても画質が荒くなるなどするみたいなので、支障がなければ今回のように編集したりして
ファイルを小さくする方がお勧めのような気がします。