自転車によるツーリングの日記と、その他、日々の雑記を載せています。 旅に出ていないときは雑記を、旅に出てるときは、携帯から旅のリアルタイム報告を行っていくつもりです! 母体であるホムペのBBSも兼ねています.御意見、ご感想、あまり関係ない話題、などのコメントお待ちしております!

書籍情報2
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
ご協賛・ご協力
(インナー・ミドルウエア)
■株式会社ファイントラック様
(アウターギア・シュラフ他)
■株式会社モンベル様
(南極用自転車整備)
■自転車屋ビッちゃん様
(南極用航空券、現地滞在手配)
■トライウエルインターナショナル様
(自転車パーツ)
■株式会社シマノ様
(順不同)
facebook
サラリーマン自転車旅行ノウハウ集
クリックでカテゴリ「サラリーマン自転車旅行ノウハウ集が開きます。
□はじめに
□日々の準備編
_■有給休暇取得の方法
__・旅に出る人、という暗黙の了解
__・夢を人に語ろう。
__・旅の計画は半年前に伝えておく
__・有給休暇の申請は少なくとも3ヶ月前に
__・有給休暇をとるタイミング
__・自分の仕事を自分で抱え込まない
__・周囲への感謝を忘れないでおく
_■旅の準備をする時間のつくり方
_■効果的に体力をつける方法
_■旅のお金はどうやって貯めるのか
□旅の準備編
_■目的地の決定
_■旅に適した自転車
_■旅の装備について
_■航空券の確保
_■連絡手段の確保
_■出発前夜に
□旅の後片付け編
_■帰国日程について
_■手際の良い後片付けの方法
_■帰国後に仕事向き合う
_■アウトプットについて
□あとがき
☆プロフィール☆
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
■名前■  大島義史
■地元■  広島県広島市
■職業■  サラリーマン&チャリダー
■趣味■  自転車の旅、筋トレ、格闘技、マラソン、水泳
■所属■  某重工業の工場勤務
大学1年の時に、生まれて初めてのマウンテンバイクを購入し、自転車旅の虜に。
大学4年間で日本をはじめ北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなどで14カ国52,000kmを走る。
社会人になってからは有給休暇を利用して学生時代に走った場所を繋ぐサラリーマン自転車世界縦断プロジェクトを行う。2012年に10カ国10,000kmを走って終了。
その後、南極大陸を自転車で走る「サラリーマン自転車南極行」プロジェクトを開始し、2016年1月に南極点到達。
現在は、世界一暑いデスバレーの砂漠を自転車で走れないかと試行錯誤している。
詳細は順次カテゴリ「終着点。」にてレポートして参ります。
まだまだひよっこですが、どうぞよろしくお願いいたします。

アクセスカウンター
最新コメント
カテゴリアーカイブ
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム
タイトル

内容
« 小豆島自転車旅行 2.メカニックトラブルの嵐の中で | Main | 大阪の北のほうを走る旅 4.五月山動物園 »
小豆島自転車旅行 1.Dear my angel / 2017年06月18日(日)

小豆島自転車旅行 1.Dear my angel


エンジェルロード。

「道の真ん中で手をつないだカップルは結ばれる」(by wiki)

そんな謂れをもつこの美しい奇跡の道に、どうして恋愛至上主義者である僕が行かないことがあろうか。



当然に、行く!






仕事帰りの金曜日、くしゃくしゃにシワのついたYシャツを部屋に脱ぎ捨てて、
僕は、神戸発深夜1:00のフェリーへと乗った。

全ては、道の真ん中で、運命の人(当然、家内、由佳。)と手を繋ぐために!!

さあ!妄想の中の由佳! ひらひらフリルのついた純白のメイドさん服を着て、僕を手を繋いでくれ!

「ふわぁっ!ごしゅじんしゃまと、おてて、つないじゃったぁっ?!(照萌)」とかなんとか、可愛い、声で鳴いてくれぇぇっ!←変態)




(小豆島にはジャンボフェリーという船を使う。キャラクターは「トラやん」という強烈なキャラ)




(車両室のこの臭いが好き、いよいよ接岸)




(走りだせば美しい海が広がった)




坂手港へ着いた僕は、自転車に跨って颯爽と走りだした、
潮が引いた時だけに現れる、その神秘的な砂浜は、僕の目指す先にある!

瀬戸内海を左手に臨み、小豆島の海はいよいよ蒼く、美しい。
道も整備されていて、ものの1時間で僕はエンジェルロード公園へと到着した。


自転車を降りて、歩いて砂浜へと向かう。

「いよいよ、ご対面か・・・」僕はゴクリと唾を飲み込んだ。




―――が!



―――が!!




「なっ!!?  し、沈んでる」








「沈んでる・・・だと?!」



なんと、エンジェルロードは、海に沈んでいた/(^o^)\




こんなの道の真ん中で手を繋ごうと思っても、水没するだけじゃん・・・



「このために・・・このために、僕は往復5,300円もかけて、船でここまでやってきた、というのか??」

僕は自分の身に起こった事を未だ信じられずにいた。

どうして、このまま帰ることができようか? どうしてこのまま―――


「待ってやる! こうなったら、潮が引くの待ってやる!」

長い、長い、本当の戦いがここから始まった。





(追記) エンジェルロード、現れました・・・1時間待ったよ・・・





ブログランキング参加しました。1日1クリックしていただけると、うれしいです☆

@人気ブログ(自転車の有名ブログ一覧へリンクします)

□公式HP「Non-Stop-Run-To-」はこちら

□「サラリーマンが行く!」企画詳細はこちら

□「とまらない好奇心」ブログトップはこちら

Posted at 22:52 / 自転車やツーリングの話題。 / この記事のURL
コメント(4)
この記事のURL
http://yaplog.jp/nonstoprun/archive/4078
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

>ヤマピーさん
最近、JRのポスターで一気に有名になっちゃいましたね。
あの先の島、実は私有地なんです。ホテルかどこかが所有していたのかなと思います・・・たしか・・・
Posted by:おーしま at 2017年06月21日(水) 22:01

>テキーラさん
エンジェルロードは、待てば現れてくれたので、まぁ、よかったなぁ、と。
しかし、待った結果、満ち潮になってたら、流石に泣いたと思うよ・・・
Posted by:おーしま at 2017年06月21日(水) 22:00

小豆島は釣りで何度も行きましたが、
エンジェルロードは知りませんでした。
いつからあったのかご存知ですか?
いっそのこと渡った先に縁結びの神社か何か作ったらガッポリと・・・
なんてやましいことを考えるのは私くらいですかね。笑

Posted by:ヤマピー at 2017年06月21日(水) 00:27

トラブル続きは辛いですな〜

最近は慣れたけど
Posted by:テキーラ at 2017年06月20日(火) 10:35

P R
書籍情報
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
amazon
































JAL


JAL日本航空 先得

JAL日本航空 JMB入会

じゃらん


宿・ホテル予約ならじゃらんnet

アシックス


ASICS FAMILY CLUB  アシックスファミリークラブ

ミズノ公式


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ビアンキ バッグ&アクセサリーならセレブレネット ビアンキ バッグ&アクセサリーならセレブレネット

リンクシェア


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

☆ブログランキング☆
ブログランキングが開きます。
☆再び参加しました!
クリックしていただけると嬉しいです!
   
 Powered by yaplog!