自転車によるツーリングの日記と、その他、日々の雑記を載せています。 旅に出ていないときは雑記を、旅に出てるときは、携帯から旅のリアルタイム報告を行っていくつもりです! 母体であるホムペのBBSも兼ねています.御意見、ご感想、あまり関係ない話題、などのコメントお待ちしております!

ご協賛・ご協力
(インナー・ミドルウエア)
■株式会社ファイントラック様
(アウターギア・シュラフ他)
■株式会社モンベル様
(南極用自転車整備)
■自転車屋ビッちゃん様
(南極用航空券、現地滞在手配)
■トライウエルインターナショナル様
(自転車パーツ)
■株式会社シマノ様
(順不同)
facebook
サラリーマン自転車旅行ノウハウ集
クリックでカテゴリ「サラリーマン自転車旅行ノウハウ集が開きます。
□はじめに
□日々の準備編
_■有給休暇取得の方法
__・旅に出る人、という暗黙の了解
__・夢を人に語ろう。
__・旅の計画は半年前に伝えておく
__・有給休暇の申請は少なくとも3ヶ月前に
__・有給休暇をとるタイミング
__・自分の仕事を自分で抱え込まない
__・周囲への感謝を忘れないでおく
_■旅の準備をする時間のつくり方
_■効果的に体力をつける方法
_■旅のお金はどうやって貯めるのか
□旅の準備編
_■目的地の決定
_■旅に適した自転車
_■旅の装備について
_■航空券の確保
_■連絡手段の確保
_■出発前夜に
□旅の後片付け編
_■帰国日程について
_■手際の良い後片付けの方法
_■帰国後に仕事向き合う
_■アウトプットについて
□あとがき
☆プロフィール☆
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
■名前■  大島義史
■地元■  広島県広島市
■職業■  サラリーマン&チャリダー
■趣味■  自転車の旅、筋トレ、格闘技、マラソン、水泳
■所属■  某重工業の工場勤務
大学1年の時に、生まれて初めてのマウンテンバイクを購入し、自転車旅の虜に。
大学4年間で日本をはじめ北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなどで14カ国52,000kmを走る。
社会人になってからは有給休暇を利用して学生時代に走った場所を繋ぐサラリーマン自転車世界縦断プロジェクトを行う。2012年に10カ国10,000kmを走って終了。
その後、南極大陸を自転車で走る「サラリーマン自転車南極行」プロジェクトを開始し、2016年1月に南極点到達。
現在は、世界一暑いデスバレーの砂漠を自転車で走れないかと試行錯誤している。
詳細は順次カテゴリ「終着点。」にてレポートして参ります。
まだまだひよっこですが、どうぞよろしくお願いいたします。

アクセスカウンター
最新コメント
アイコン画像おーしま
なの葉。 (2017年05月06日)
アイコン画像もちづき
なの葉。 (2017年05月06日)
アイコン画像おーしま
なの葉。 (2017年04月28日)
アイコン画像I君
なの葉。 (2017年04月28日)
アイコン画像おーしま
なの葉。 (2017年04月28日)
アイコン画像おーしま
なの葉。 (2017年04月28日)
アイコン画像pinus
なの葉。 (2017年04月27日)
アイコン画像ヒロ
なの葉。 (2017年04月27日)
アイコン画像テキーラ
15分で行ける異国、淡路島。 (2017年04月23日)
カテゴリアーカイブ
2017年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム
タイトル

内容
« 日曜日は全力で休む! | Main | 東中国地方を走る旅 3. 何度目だよ、鳥取。 »
東中国地方を走る旅 4.チャリダー、屋外混浴露天風呂に入る。 / 2017年05月19日(金)
遅ればせながらこの前のゴールデンウィークの旅の記事をアップします・・・


東中国地方を走る旅 4.チャリダー、屋外混浴露天風呂に入る。



「ぐへ、ぐへへっ・・・・・・」


僕は、体の奥底から温泉のようにわき出るリビドー(性欲)を抑えきれないでいた。

鳥取県中部、その深い山奥に、世界一濃度を誇るラジウム泉がある。「三朝温泉」だ。

お湯に含まれる微量の放射線により、その健康効果は計り知れないものがあるという……。

だが、そんなことどうでもいい!









僕が、真っ先に向かったのは、この温泉がわき出る三朝川のほとりにある風呂「川湯」だった。

ここは、なんと、「混浴」であり、しかも、「露天」なのである。

もう一度繰り替えす。「混浴」であり、しかも「露天」だ。



勿論、諸兄は僕が聖人のように心が清らかで、
間違っても、この開放的な露天風呂で裸になって興奮するような男ではないことを知っているはずだ。

ああ、別に小学生のかわゆい女児あるいは、中学生のかわゆい女子に並々ならぬ期待をしている完全変態ロリコン男では、全くない、ということについても、十分に理解してくださっているはず。

なので、僕はこの湯に入る時も、あたかも、オオサンショウウオのように、何の感情もなく、淡々と入ったに違いないのである。






ともかく、僕は砂湯へ向かった。

そこは実に絶妙にポジショニングされていた。









湯船の周りは岸側を除いては川であり、
しかも、水草が生い茂っている。
つまり、基本的には周りから見えないような仕組みになっている。

ああ。
これはチラリズムの意欲を大いにかきたてる攻撃的な配置だ。

また、小さな木でできた脱衣所がある。こちらの周りは、のれんで囲われている。



しかし、油断ならないのは岸側である。

こちらには建物が普通にあって、その建物(おそらく食事処か宿)からは風呂が完全に見える。

さらに風呂のすぐそばに橋がある。
この橋からも風呂が丸見えだ。

つまりこの砂湯は、低い位置から見えないようになっているが、
建物や橋などの高い位置からは丸見えなのである。




僕は全てを脱ぎ去った。

さわやかな5月の風が僕の体をなめとるように吹き抜けている。

「き・・・・・・キモティイイ」

僕は屋外で全裸になるという解放感に包まれ、
しばし、その場に呆然と立っていた。

思い出したように風呂につかる。

が!


「おおおお!露天風呂の前にある足湯に女の子いるうううう!」

僕の体の一部が、まるで間欠泉のように屹立するのを感じた。

「この、背徳感! この、開放感!!」

これは、噴射直前だ!お巡りさん!早く!早く僕を逮捕してください!!




―――僕は新たな世界に目覚めようとしていた。

しかし、真の覚醒には、この後の湯原温泉の混浴露天風呂、「砂湯」の登場を待たなければならない。



この日は、倉吉や投入堂、色々と巡ったのに、殆ど三朝温泉にもっていかれた・・・





































































ブログランキング参加しました。1日1クリックしていただけると、うれしいです☆

@人気ブログ(自転車の有名ブログ一覧へリンクします)

□公式HP「Non-Stop-Run-To-」はこちら

□「サラリーマンが行く!」企画詳細はこちら

□「とまらない好奇心」ブログトップはこちら

Posted at 22:35 / 【サラリーマンが】東中国地方を走る旅【行く!】 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
http://yaplog.jp/nonstoprun/archive/4076
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R
書籍情報
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
amazon
































JAL


JAL日本航空 先得

JAL日本航空 JMB入会

じゃらん


宿・ホテル予約ならじゃらんnet

アシックス


ASICS FAMILY CLUB  アシックスファミリークラブ

ミズノ公式


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ビアンキ バッグ&アクセサリーならセレブレネット ビアンキ バッグ&アクセサリーならセレブレネット

リンクシェア


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

☆ブログランキング☆
ブログランキングが開きます。
☆再び参加しました!
クリックしていただけると嬉しいです!
   
 Powered by yaplog!