自転車によるツーリングの日記と、その他、日々の雑記を載せています。 旅に出ていないときは雑記を、旅に出てるときは、携帯から旅のリアルタイム報告を行っていくつもりです! 母体であるホムペのBBSも兼ねています.御意見、ご感想、あまり関係ない話題、などのコメントお待ちしております!

ご協賛・ご協力
(インナー・ミドルウエア)
■株式会社ファイントラック様
(アウターギア・シュラフ他)
■株式会社モンベル様
(南極用自転車整備)
■自転車屋ビッちゃん様
(南極用航空券、現地滞在手配)
■トライウエルインターナショナル様
(自転車パーツ)
■株式会社シマノ様
(順不同)
facebook
サラリーマン自転車旅行ノウハウ集
クリックでカテゴリ「サラリーマン自転車旅行ノウハウ集が開きます。
□はじめに
□日々の準備編
_■有給休暇取得の方法
__・旅に出る人、という暗黙の了解
__・夢を人に語ろう。
__・旅の計画は半年前に伝えておく
__・有給休暇の申請は少なくとも3ヶ月前に
__・有給休暇をとるタイミング
__・自分の仕事を自分で抱え込まない
__・周囲への感謝を忘れないでおく
_■旅の準備をする時間のつくり方
_■効果的に体力をつける方法
_■旅のお金はどうやって貯めるのか
□旅の準備編
_■目的地の決定
_■旅に適した自転車
_■旅の装備について
_■航空券の確保
_■連絡手段の確保
_■出発前夜に
□旅の後片付け編
_■帰国日程について
_■手際の良い後片付けの方法
_■帰国後に仕事向き合う
_■アウトプットについて
□あとがき
☆プロフィール☆
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
■名前■  大島義史
■地元■  広島県広島市
■職業■  サラリーマン&チャリダー
■趣味■  自転車の旅、筋トレ、格闘技、マラソン、水泳
■所属■  某重工業の工場勤務
大学1年の時に、生まれて初めてのマウンテンバイクを購入し、自転車旅の虜に。
大学4年間で日本をはじめ北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなどで14カ国52,000kmを走る。
社会人になってからは有給休暇を利用して学生時代に走った場所を繋ぐサラリーマン自転車世界縦断プロジェクトを行う。2012年に10カ国10,000kmを走って終了。
その後、南極大陸を自転車で走る「サラリーマン自転車南極行」プロジェクトを開始し、2016年1月に南極点到達。
現在は、世界一暑いデスバレーの砂漠を自転車で走れないかと試行錯誤している。
詳細は順次カテゴリ「終着点。」にてレポートして参ります。
まだまだひよっこですが、どうぞよろしくお願いいたします。

アクセスカウンター
最新コメント
アイコン画像おーしま
なの葉。 (2017年05月06日)
アイコン画像もちづき
なの葉。 (2017年05月06日)
アイコン画像おーしま
なの葉。 (2017年04月28日)
アイコン画像I君
なの葉。 (2017年04月28日)
アイコン画像おーしま
なの葉。 (2017年04月28日)
アイコン画像おーしま
なの葉。 (2017年04月28日)
アイコン画像pinus
なの葉。 (2017年04月27日)
アイコン画像ヒロ
なの葉。 (2017年04月27日)
アイコン画像テキーラ
15分で行ける異国、淡路島。 (2017年04月23日)
カテゴリアーカイブ
2017年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム
タイトル

内容
« 東中国地方を走る旅 3. 何度目だよ、鳥取。 | Main | ヤバすぎる銀行口座 »
東中国地方を走る旅 2.若狭鉄道を巡る旅 / 2017年05月17日(水)

遅ればせながら、ゴールデンウィークの旅の記事をアップします・・・


東中国地方を走る旅 2.若狭鉄道を巡る旅




若狭鉄道・・・・・・知ってる?
 ↓これです・・・
若狭鉄道wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E6%A1%9C%E9%89%84%E9%81%93


昔鳥取に住んでいた時、氷ノ山によくスキーに行ったのだが、
その途中に、若狭町という町を通ったのだ。

この町、殆ど記憶にないのだけれど、美しい桜並木があった事だけは覚えている。
でも、あそこ、本当に若狭だったんだっけ?



若狭鉄道、とにかく、深い、深い山の中に、若狭という駅に向かって走る小さな電車。

第三セクター、旧国鉄。
どこか大都市に繋がっているわけでもない。

こう聞くだけで、もう廃線間近なんじゃないかと思うのだけれど、これが意外と、まだいけるのだ。



なんで、頑張っているかと言えば、観光。

若狭鉄道の駅は、どれも、木造の古い小さな駅舎。
これがまた、味があるのだ。

列車も1両から2両の小さいもの。
しかし、この列車の運行体験や、
SLの運行、
更には自転車乗りには嬉しいサイクルトレインの実施等、
なかなか大都市圏を走る列車ではできない体験を提供している。



その若狭鉄道の終点、若狭駅から、僕は北に向かって自転車を走らせた。


1.若狭駅






この若狭駅。いきなり味がある駅舎。

駅舎だけではない。周りも古い町並みが残っていて実に趣深い。
むかしの宿場町だったのかもしれない。







ここから先は、深い山の中、戸倉峠を越えて、その向こうは宍粟。

昔の旅人が稲葉の国で一息ついた、最後の場所がここだったのかもしれない。



2.丹比駅


凄く小さな駅舎。なんと、散髪屋さんが同居している。






しかし、ホームからの眺めは格別。
向こうに見える山が美しい。





若狭駅〜丹比駅間には、小さなトンネルが連続。切りとおしも味が出ている。













3.徳丸駅

よく気をつけてみていないと、通り過ぎてしまいそうな駅。

ホームのみが、広大な畑の真ん中にぽつんと建っている。




駅舎はなく、無人駅と思われた。

でも、このホームに座って、のんびり時間を過ごしたらどんなに気持ちいいだろう。

晴れた春の日に、この駅を見ていると、どこか、心が和んでいく。



4.八東駅

ここは僕のお気に入りの駅。
改札口の向こうに見える、眩しいくらいの緑に圧倒された。






その向こうには古い車両が。
色が塗り直されているのがわかる。

きっと地元の人に愛されているのだろう。















5.安部駅

こちらは、映画のロケ地にもなったという駅。
なるほど、やはりこちらも木造の駅舎。





若狭鉄道の駅の中でも、特に小さな駅舎で可愛らしい。

ちょうど電車がやってきた。
ホームに駆け上がってカメラを構える。






6.隼駅

ライダーの聖地と化したこの駅。
隼乗りが沢山。でも、カワサキのニンジャもいてくれたので、そこは嬉しいところ。






萌え系美少女も駅構内で活躍。





駅には車両が展示されていて、ちょうど色の塗り直しを職人さんがされていた。
子ども達に列車の話を語って聞かせる職人さん。
とても微笑ましい光景だった。





7.因幡船岡駅

こちらも、駅前のロータリーが大きな木造駅舎。
この辺りになると段々と都会になってきた。



鳥取が近いのだろうと感じる。
ゴールの郡家駅は直ぐ傍だ。


8.八頭高校前駅

ここは惜しかったーーー!まさか道路に隠れて見逃してしまうとは!
痛恨の一撃。
写真なし。


9.郡家駅

ここ、衝撃なんだけれど、若狭鉄道とは思えないくらいに近代化された駅。
どうやら、2015年に建て替えたみたいで。

JRとの共用駅。



古い駅舎のほうがよかった!



そのような感じで、戸倉峠を越えてから、ひたすら若狭鉄道を追って走って北まで来た。

駅舎も味があるが、沿線の風景も素晴らしい。
まさに、田園、とくに八東あたりでは果樹園が広がる。

ぜひサイクリングで!



そうそう、戸倉峠付近で、興味深いお堂を発見。

なんと―――岩の中にお堂がつくられている!





岩の中のお堂といえば、三仏寺投入堂が有名だけれど、
近くでみるのであれば、やはりこちら。

不動院岩屋堂というらしい。



ちなみに戸倉峠は雪がガッツリ残っている・・・・





ブログランキング参加しました。1日1クリックしていただけると、うれしいです☆

@人気ブログ(自転車の有名ブログ一覧へリンクします)

□公式HP「Non-Stop-Run-To-」はこちら

□「サラリーマンが行く!」企画詳細はこちら

□「とまらない好奇心」ブログトップはこちら

Posted at 21:09 / 【サラリーマンが】東中国地方を走る旅【行く!】 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
http://yaplog.jp/nonstoprun/archive/4074
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R
書籍情報
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
amazon
































JAL


JAL日本航空 先得

JAL日本航空 JMB入会

じゃらん


宿・ホテル予約ならじゃらんnet

アシックス


ASICS FAMILY CLUB  アシックスファミリークラブ

ミズノ公式


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ビアンキ バッグ&アクセサリーならセレブレネット ビアンキ バッグ&アクセサリーならセレブレネット

リンクシェア


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

☆ブログランキング☆
ブログランキングが開きます。
☆再び参加しました!
クリックしていただけると嬉しいです!
   
 Powered by yaplog!