自転車によるツーリングの日記と、その他、日々の雑記を載せています。 旅に出ていないときは雑記を、旅に出てるときは、携帯から旅のリアルタイム報告を行っていくつもりです! 母体であるホムペのBBSも兼ねています.御意見、ご感想、あまり関係ない話題、などのコメントお待ちしております!

書籍情報2
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
ご協賛・ご協力
(インナー・ミドルウエア)
■株式会社ファイントラック様
(アウターギア・シュラフ他)
■株式会社モンベル様
(南極用自転車整備)
■自転車屋ビッちゃん様
(南極用航空券、現地滞在手配)
■トライウエルインターナショナル様
(自転車パーツ)
■株式会社シマノ様
(順不同)
facebook
サラリーマン自転車旅行ノウハウ集
クリックでカテゴリ「サラリーマン自転車旅行ノウハウ集が開きます。
□はじめに
□日々の準備編
_■有給休暇取得の方法
__・旅に出る人、という暗黙の了解
__・夢を人に語ろう。
__・旅の計画は半年前に伝えておく
__・有給休暇の申請は少なくとも3ヶ月前に
__・有給休暇をとるタイミング
__・自分の仕事を自分で抱え込まない
__・周囲への感謝を忘れないでおく
_■旅の準備をする時間のつくり方
_■効果的に体力をつける方法
_■旅のお金はどうやって貯めるのか
□旅の準備編
_■目的地の決定
_■旅に適した自転車
_■旅の装備について
_■航空券の確保
_■連絡手段の確保
_■出発前夜に
□旅の後片付け編
_■帰国日程について
_■手際の良い後片付けの方法
_■帰国後に仕事向き合う
_■アウトプットについて
□あとがき
☆プロフィール☆
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
■名前■  大島義史
■地元■  広島県広島市
■職業■  サラリーマン&チャリダー
■趣味■  自転車の旅、筋トレ、格闘技、マラソン、水泳
■所属■  某重工業の工場勤務
大学1年の時に、生まれて初めてのマウンテンバイクを購入し、自転車旅の虜に。
大学4年間で日本をはじめ北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなどで14カ国52,000kmを走る。
社会人になってからは有給休暇を利用して学生時代に走った場所を繋ぐサラリーマン自転車世界縦断プロジェクトを行う。2012年に10カ国10,000kmを走って終了。
その後、南極大陸を自転車で走る「サラリーマン自転車南極行」プロジェクトを開始し、2016年1月に南極点到達。
現在は、世界一暑いデスバレーの砂漠を自転車で走れないかと試行錯誤している。
詳細は順次カテゴリ「終着点。」にてレポートして参ります。
まだまだひよっこですが、どうぞよろしくお願いいたします。

アクセスカウンター
最新コメント
アイコン画像おーしま
中華そば 陽気 (2017年10月15日)
アイコン画像もちづき
中華そば 陽気 (2017年10月13日)
アイコン画像おーしま
(閲覧注意) 階段。 (2017年10月12日)
アイコン画像テキーラ
尾道ラーメン 東珍康 (2017年10月11日)
アイコン画像テキーラ
(閲覧注意) 階段。 (2017年10月11日)
アイコン画像おーしま
秋のヒロさん  (2017年10月08日)
アイコン画像ヤマピー
秋のヒロさん  (2017年10月04日)
カテゴリアーカイブ
2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
メールフォーム
タイトル

内容
« 「進入禁止」に萌える旅 2.ゆるふわ、あうとどあ らいふ☆ | Main | 神出山田自転車道と垂水。 2.恋人岬も、雨。 »
「進入禁止」に萌える旅 1.マクドナルドへ行くか?それとも、谷へ行くか? / 2017年04月15日(土)

「進入禁止」に萌える旅 1.マクドナルドへ行くか?それとも、谷へ行くか?




(芦屋、どこをみても、気品、ありますよね〜)




本日、芦屋川に集合したのは、朝10時。

朝、10時!!

マジでやる気あるんですか?と言いたい、その人は大手アウトドアメーカー社員の倉内けんじさん。

久しぶり〜。

前日のモンベルでの仕事が遅くまであったらしく、かなりお疲れ気味。
そんなけんじさんには、ゴールデンハンマー(49円)をあげますよ!

(参考)エナジードリンクは元気の前借。
   https://matome.naver.jp/odai/2141407626295230901


同じところで働く、I君も加わって、本日は六甲へ。

目指すは、東おたふく山。小学生の遠足の定番コースですよ!

ちなみに、I君はワンゲル部主将……このメニューで果たしてよかったのかは、未だに疑問の残るところ。
しかし、30を超えたおっさんには、小学生の遠足コースでも、もう、ぐったりなんですよ。

当初は、今日はルンゼをガッツリ攻めるプランが組まれていたのですが、
僕が全力で阻止したんですよ。

サラリーマンの人は高いところに行くと飛び降りたくなる習性があるので。
けんじさんとか、僕とか、やばいんじゃないですか。








おたふく山は、山道らしい山道もない、ふんわりとした穏やかな丘陵が続いているんですよ。

ゆるふわ、なんですよ!




と、その前に、城山。




ついでに、岩梯子。



こちらは、以前、登ろうと思って、断念してるんですよね。
僕は、少なくとも50cm以上の高さの場所では、怖くて動けなくなるんですよね。







でも、今日は、寝不足で意識がぶっとんでいたのか、恐ろしいほど、恐怖感を感じず、すいすい登ることができました。

いい眺め〜 でも、落ちそう〜 














そこから、荒地山まではサクサクと進み、




いよいよ、ここから下って東おたふく山へ!

いくつもりが―――



なんか、道を間違えて、谷筋へ降りてきてしまいました・・・

そして、意味ありげな標識。


一つは「高座の滝」 (マクドナルド行き)

一つは「荒地山」 (さっき来た道)

一つは「進入禁止」



・・・・・・進入禁止!

なに? その露骨で、甘い誘いは!!



そう言われたくなると、行ってみたくなるのが、人の常。

けんじさんは、「高座の滝におりて、そのままマクドナルド行きて〜!!」と言わんばかりの視線。

帰り道行きの矢印、しっかり握っちゃってるし。



一方で、I君の目の奥には、キラリと光るものが。



これはもしかして・・・・・・

「ここは、若いI君に決めてもらいましょう!」

そういって、僕がI君に降れば

「進入禁止に、行きましょう!」と若者らしい答えが!!

いいですね。実は僕も「進入禁止」に行きたかったんですよ!

きっと、看板立てた人もどこかで「進入禁止」に入ってほしくて立てているに決まっているんですよ。

だって、ここは谷筋。それも六甲で一番の迷路と言われる高座谷なんですから。


一度超えると引き返せなくなるような、大きな堰堤や滝、そういったものがあれば、迷わず引き返すということにして、僕達は久しぶりに湿った薄暗い森の奥へと歩を進めていったのでした。




(東おたふく山はどこへ?!)




ブログランキング参加しました。1日1クリックしていただけると、うれしいです☆

@人気ブログ(自転車の有名ブログ一覧へリンクします)

□公式HP「Non-Stop-Run-To-」はこちら

□「サラリーマンが行く!」企画詳細はこちら

□「とまらない好奇心」ブログトップはこちら

Posted at 22:47 / 山登りとか / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
http://yaplog.jp/nonstoprun/archive/4050
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R
書籍情報
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
amazon
































JAL


JAL日本航空 先得

JAL日本航空 JMB入会

じゃらん


宿・ホテル予約ならじゃらんnet

アシックス


ASICS FAMILY CLUB  アシックスファミリークラブ

ミズノ公式


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ビアンキ バッグ&アクセサリーならセレブレネット ビアンキ バッグ&アクセサリーならセレブレネット

リンクシェア


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

☆ブログランキング☆
ブログランキングが開きます。
☆再び参加しました!
クリックしていただけると嬉しいです!
   
 Powered by yaplog!