自転車によるツーリングの日記と、その他、日々の雑記を載せています。 旅に出ていないときは雑記を、旅に出てるときは、携帯から旅のリアルタイム報告を行っていくつもりです! 母体であるホムペのBBSも兼ねています.御意見、ご感想、あまり関係ない話題、などのコメントお待ちしております!

ご協賛・ご協力
(インナー・ミドルウエア)
■株式会社ファイントラック様
(アウターギア・シュラフ他)
■株式会社モンベル様
(南極用自転車整備)
■自転車屋ビッちゃん様
(南極用航空券、現地滞在手配)
■トライウエルインターナショナル様
(自転車パーツ)
■株式会社シマノ様
(順不同)
facebook
サラリーマン自転車旅行ノウハウ集
クリックでカテゴリ「サラリーマン自転車旅行ノウハウ集が開きます。
□はじめに
□日々の準備編
_■有給休暇取得の方法
__・旅に出る人、という暗黙の了解
__・夢を人に語ろう。
__・旅の計画は半年前に伝えておく
__・有給休暇の申請は少なくとも3ヶ月前に
__・有給休暇をとるタイミング
__・自分の仕事を自分で抱え込まない
__・周囲への感謝を忘れないでおく
_■旅の準備をする時間のつくり方
_■効果的に体力をつける方法
_■旅のお金はどうやって貯めるのか
□旅の準備編
_■目的地の決定
_■旅に適した自転車
_■旅の装備について
_■航空券の確保
_■連絡手段の確保
_■出発前夜に
□旅の後片付け編
_■帰国日程について
_■手際の良い後片付けの方法
_■帰国後に仕事向き合う
_■アウトプットについて
□あとがき
☆プロフィール☆
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
■名前■  大島義史
■地元■  広島県広島市
■職業■  サラリーマン&チャリダー
■趣味■  自転車の旅、筋トレ、格闘技、マラソン、水泳
■所属■  某重工業の工場勤務
大学1年の時に、生まれて初めてのマウンテンバイクを購入し、自転車旅の虜に。
大学4年間で日本をはじめ北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなどで14カ国52,000kmを走る。
社会人になってからは有給休暇を利用して学生時代に走った場所を繋ぐサラリーマン自転車世界縦断プロジェクトを行う。2012年に10カ国10,000kmを走って終了。
その後、南極大陸を自転車で走る「サラリーマン自転車南極行」プロジェクトを開始し、2016年1月に南極点到達。
現在は、世界一暑いデスバレーの砂漠を自転車で走れないかと試行錯誤している。
詳細は順次カテゴリ「終着点。」にてレポートして参ります。
まだまだひよっこですが、どうぞよろしくお願いいたします。

アクセスカウンター
最新コメント
アイコン画像おーしま
横浜にて (2017年07月22日)
アイコン画像もちづき
横浜にて (2017年07月21日)
アイコン画像ヤマピー
「10Lウォータータンク」の末路 (2017年07月17日)
アイコン画像ヤマピー
「10Lウォータータンク」の末路 (2017年07月17日)
アイコン画像ヤマピー
姫路・書写山ラン 2 (2017年07月13日)
アイコン画像ヤマピー
姫路・書写山ラン 1 (2017年07月11日)
カテゴリアーカイブ
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
メールフォーム
タイトル

内容
« ところで、新居が決定したんだが・・・・・・・。 | Main | アメリカ縦断第2期 9.涙ながらの峠 »
アメリカ縦断第2期 10.リムが割れた際のホイールの応急措置について / 2011年08月19日(金)

アメリカ縦断第2期 10.リムが割れた際のホイールの応急措置について (2011/8/13)


リムが割れた際に、応急措置を行った。

その際の記録をここに残しておきたい。

ちなみにこの修理は、

―――一時的なものでしかなかった。

その証拠に、次の日ぼくのタイヤは完全に使い物にならなくなる。

(リムの割れが拡大。タイヤごと外れそうな勢いまで悪化する。)




事前のリムの状態はこちら。
(2か所、手でできるだけ直したけれど、これが限界・・・)











ぼくのとった方法はシンプルなものである。
基本的にキャンプをするチャリダーであれば、
持っている装備を利用した。


1.まずは金属の板を用意する。

ぼくはMSRドラゴンフライ(火器)の風避けを利用した。
アルミ製だったので加工しやすかった。
しかし、次の日、タイヤの割れ(ふくらみ)が結局大きくなってしまったのは、
この柔らかい金属板を使用したからである。



諸兄には、スチール缶など固い金属板を使用することを勧める。




2.それを適当な大きさに切って、割れたリムを覆うようにタイヤの内側にはりつける。








3.金属板が動かないように固くビニールテープで補強する。







(これで完成)







この方法をとることで、
とりあえず、タイヤそのものが傷つくことはなくなった。
タイヤのふくらみは抑えられないが、チューブがタイヤの下から、
飛び出すことがなくなるので、バーストの心配はなくなった。

しかし、上にも記述したとおり、ぼくはアルミの板を利用していた。
これは固い板の方が望ましい。
次の日結局、板ごとタイヤの圧力に曲げられて、タイヤがどんどん膨らみ、
リムの割れも進行することになったからだ。

ビニールテープもやがてはがれてくる。
布テープなどをもっていたら、そちらを利用した方がいいだろう。

ちなみにこの方法をとっても、
タイヤのふくらみは解消されないので、
ブレーキが使用的ない、という問題は残り続ける。

よって、ぼくは次の日も下りは押し続けることになったのだった。





ブログランキング参加しました。1日1クリックしていただけると、うれしいです☆

@人気ブログ(自転車の有名ブログ一覧へリンクします)

□公式HP「Non-Stop-Run-To-」はこちら

□「サラリーマンが行く!」企画詳細はこちら

□「とまらない好奇心」ブログトップはこちら

Posted at 23:56 / 【サラリーマンが】アメリカ縦断第2期【行く!】 / この記事のURL
コメント(1)
この記事のURL
http://yaplog.jp/nonstoprun/archive/2220
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

はじめまして。突然のコメント。失礼しました。
Posted by:グッチ バッグ at 2012年10月17日(水) 18:39

P R
書籍情報
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
amazon
































JAL


JAL日本航空 先得

JAL日本航空 JMB入会

じゃらん


宿・ホテル予約ならじゃらんnet

アシックス


ASICS FAMILY CLUB  アシックスファミリークラブ

ミズノ公式


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

ビアンキ バッグ&アクセサリーならセレブレネット ビアンキ バッグ&アクセサリーならセレブレネット

リンクシェア


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

☆ブログランキング☆
ブログランキングが開きます。
☆再び参加しました!
クリックしていただけると嬉しいです!
   
 Powered by yaplog!