大人って・・・ 

2006年08月18日(金) 18時53分
大人になると子供とは違うものさしが自分の中にいろいろできてしまうんだ、
と言うことを、今日改めて思い知らされた!

それは、夕方のテレビで「おでんくん」というアニメをかのしのと見ていた時のこと。
そのアニメは、おでんのネタのキャラクターがいろいろうんちくを述べつつ、
子供になにげにいいことわるいことを伝授するという内容。

ま、そんなアニメはよくある。
が、そのアニメは’リリーフランキー’監修なのである。

最近露出の多い、人気作家となれば母の方が知っている。
そして、そのくだらないアニメがその人気作家が一枚かんでるとなれば
思わず見ちゃうのよね〜

「星の王子様」にも書いてあったっけ。
大人は数字が大好きだって。
わかりやすい判断基準だからって。

それと似てるよな〜、今日のわたしは。
自分の気付かないうちに、相当大人になっていたことに
(まあ、当たり前といえば当たり前。子供も産んでるし・・・)
今日、相当驚いたのです。

鹿児島へ行ってきました〜あく巻きづくり〜 

2006年05月17日(水) 16時44分
鹿児島では5月5日の端午の節句には、
普通のちまきでなく、あく巻きというものを作るんだそうだ。
ちなみに、あく巻きのことを鹿児島ではちまきと呼ぶらしい。
(普通のちまきはないんだろうか?)

で、とにかくまめな義父は、毎年このあく巻きを手作りするのだと。
と言うわけで、鹿児島に来てから洗濯・炊事は義父と義母に
お世話になりっきりのできない嫁のこのわたしも、
イベント大好きなので、もちろんお手伝い
前日から仕込みに入った。

裏の山で拾ってきた竹の皮の使えそうな大きさのものを選別し、
バケツに水を入れて、それを一晩つけておく。
もうこれが終わる頃には、義父は隊長でわたしは隊員な感じ。
そう連帯感
もち米を大量に洗って、あく汁に漬けてこれも一晩置いておいた。

わ〜明日が楽しみ

しかし、やっぱりパパの実家だと言うのに緊張感のかけらもないわたしは、
次の日、寝坊・・・。
起きてノーメークのまま、駆けつけると、まこちゃんと義父がもう始めていた。

竹の皮を折って、もち米を詰めて、竹の皮を細くしたもので縛る。
1時間半くらいかかって、40個くらい包んだかな。
そのあと、隣のお宅の大きな釜で2時間煮て、できあがり

このあく巻き、わたしはあの独特の鼻に抜ける香りと味が好きなんだけど、
みんなはどうやらくせがあって嫌だという。
「来年も手伝ってもらわんとね」と笑って義父が言った。

できない嫁でも、たまには役に立つみたい

鹿児島へ行ってきました 

2006年05月12日(金) 21時33分
わが家のゴールデンウィークは、鹿児島へ行ってきました。
3月に他界したかのしのの祖祖母の四十九日の法要があって。

2日から8日までの7日間の意外と長い旅でした。
かのしのは久々の飛行機にも、
かっこよくイヤホンなんか着けちゃって
音楽を聴きながら、お絵かき(どこでも)をして、
あっという間の1時間半のフライト。
で、レンタカーで、いざおばあちゃんのおうちへ!

前日から来ているまこちゃん一家に会うのも楽しみにしながら、
着いてみると、
あれ??だれもいない・・。
「確か、言ったよね、今日着くって・・・。」と
一家でぽか〜ん。
義母の携帯に電話すると、みんなで出かけているらしい。

そういえば、パパの家族はみんなB型
パパは奇跡的にO型なんだけど。

パパの家族らしいお出迎えに「あれ〜??」と思いながらも、
笑える到着1日目。
ビバ!B型家族
                   〜つづく〜

牡丹の花、咲く頃 

2006年04月27日(木) 20時56分
今日、ニュースで「牡丹の花が見ごろを迎えます」と。

牡丹と言えば、思い出すのはわたしのおじいちゃん。
わたしが5才の時に亡くなってしまったのだが、
小さい頃は「大のおじいちゃん子」だったわたし。

そのおじいちゃんが大切に育てていたのが、
庭にあった牡丹の木だったのだ。
毎年、ピンクの大きな花を咲かせていたっけな。
牡丹の木の前にあった大きな石の上に座ったり、
おじいちゃんとおままごとして遊んだり。

お母さんに叱られるとおじいちゃんの部屋に逃げて行って、
おじいちゃんに缶の中にいつも入っていた
豆板のお菓子もらって食べたよな〜。
(そういう訳で今でも豆板が大好きなわたし。)
幼稚園の参観日に給食のナフキンを忘れた時、
おじいちゃんが持っていた白いハンカチ貸してくれたよな〜。
ほぼ毎日、自転車の後ろに乗っけてもらって、
近所のおじいちゃんが集まる喫茶店に連れて行ってもらったよな〜。
と、孫の中で一番にかわいがられていたわたし。

今でもうちにはおじいちゃんとおままごとしている写真が飾ってある。
もう少しおじいちゃんが長生きしていたら、どんなだっただろう?
おじいちゃんが亡くなってから30年。
牡丹の花を見るたびに、思い出すんだよな〜。

5つ葉のクローバー 

2006年04月22日(土) 23時18分
今日、久々にわが家は公園で軽くピクニック。

コンビに弁当を食べたり、バトミントンしたり、
サッカーしたり、シャボン玉したり、と。
まったり、楽しく過ごした。

帰りにはまだ4月だというのに、公園の水場に裸足で入って
きゃっきゃと遊ぶかのしのを見張りながら、
ふと、目を下に落とすと、
「あれっ?」

なんと4つ葉ではなく、5つ葉のクローバー発見
35年間、産まれて初めて目にする5つ葉
パパなんか40年間にして初めて目にした5つ葉。
何だか悔しかったらしく、闘争心むき出しでそこら辺を探し出したパパ。
が、見つからない。

で、わたしもまだないかな〜?と探していたら、
あるわ、あるわ
5つ葉の見つかった近くに、4つ葉が4つも
合計5つのクローバーをゲット

前にも2度ほど4つ葉のクローバーをパパの目の前で発見したことのあるわたし。
「そういうことだけは、すごいよね〜」
パパにもわたしのハッピーを分けて進ぜよう。

2年生になりました 

2006年04月05日(水) 15時48分
今日から新学年の新学期が始まった
まいどまいど、朝はガツンと怒鳴られて、
逃げるようにして「行ってきま〜すっ!!」と出かけたふたり。

そういえば、今日はクラス替え。
そして、入学式では、新2年生として、
1年生に言葉をかける役をふたりともゲットしていたのだ。
かのんは、「一年生の皆さん」という口火を切るトップバッター。
しのんは、「勉強はむつかしいけど、楽しいよ」と言うらしい。
うまく言えるかな?

帰ってきたふたりは、というと、
クラス替えも仲良しのお友達と一緒になれたし、
(もちろんかのしのはクラスは別々)
先生も怖いと恐れていた先生ではなかったし、
入学式の言葉も、緊張したらしいのだが、
納得のいく出来ばえだったらしい。

また今年も楽しい学校生活となりそうである。

そういえば、とわたしの小さい時を思い出した。
クラス替えの度に「学校に行きたくない」とぐずっていたっけ。
入学式で新一年生に言葉を発する役に立候補するなんて、
考えただけでめまいがしそうな子供であったことも、たしか。

それから比べれば、かのしのってやっぱり強いな〜
なになに、意外としっかりしてるんじゃん
わたしはなんてへなちょこな子供だったんだ。と。

お母さん、お父さん、小さい時からいろいろご迷惑、ご心配をお掛けしたことを
この場をお借りしてお詫び申し上げます。

風邪をひきました・・・ 

2006年03月03日(金) 11時40分
おとといから喉がなんか痛いな~と思っていたら、
その夜から発熱!!
いや〜、何年ぶりに熱が出たんだろう?
確か、前厄の31歳の時には、毎月毎月熱出してたから、
4年ぶり??

熱はそんなに高くないものの、関節は痛いし、頭はふらふらするし、
気分は最悪
仕事も休んで、一日中寝てました。

かのしのは、お友達のお母さんにお稽古事に連れて行ってもらい、
帰って来てからも、冷えピタを貼ってくれたり、
作ってきた小さなお雛様を枕元に飾ってくれたり、
お手紙を書いてくれたり。
そして、ふたりで仲良く宿題をし、
明日の準備をし、おとなしくテレビを観てました。

意外とやるね〜
いつもガミガミ言い過ぎて、ごめんなさい。
心配してくれてどうもありがとう

初めての大冒険?! 

2005年12月02日(金) 22時41分
今週、大変な事件が起こった。というか、わたしがしでかしたのだが。

毎週水曜日は、そろばんの日。
かのしのを車でぶ〜んと1駅離れたところにある幼稚園まで送って、
教室まで送らずに、「じゃ〜ね〜」なんて。
そしてそのまま仕事に帰ったわたし。

30分後、かのしのが事務所に入ってきた。
「おかあ〜さ〜ん!!今日そろばん教室なかったよ〜!!」
へ???
で、どうやってあそこから返ってきた訳??
と???がいっぱいのわたしに、かのしのは、
「ふたりで歩いて帰ってきたんだよ〜!!」

ごめんよ〜!!!

歩くと言っても、未だかつて一度も歩いたことがない道。
信号のない横断歩道だってあるし、
すごい急な上り坂もあるし、
暗いトンネルもあったりするし、
なんせ電車で一駅隣だから、相当な距離。

ごめんね〜。お母さんがほんとに悪かったよ〜。

しのんは号泣し、
かのんは捨て台詞を吐く!「これからは予定表ちゃんと見てよね!」

おっ、そう来たか!と思いつつも、今回ばっかりはわたしが悪いので、
ひたすら謝って、おやつで許してもらったのだが。

いろんな所で小学1年生の女の子が被害に遭う事件が多発しているというのに、
わたしは子供を捨ててきてしまいました。とほほ。

落ち着いてからかのしのに道中を尋ねたところ、
これまたわたしの想像を遥かに越える道中だったみたい。

まず、信号のない道は(信号のある横断歩道はあるのだが、ちと遠い)
右見て左見て猛ダッシュ!
急な坂道は歩道もなくて、車もよく通るが、
歩いているおばあちゃんが励ましてくれたり、
車の人が道を譲ってくれたり。(譲ってもらっているのに、大人ぶって譲り返したみたいだが。)
暗いトンネルは、怖いけど勇気を振り絞ってふたりで手をつないで走ったり、
工事中の道は、警備員のおじさんが通してくれたり、と。

いろんな人に助けられ、ふたりで力を合わせて、声を掛け合い、
一生懸命に帰ってきたのだ。

えらいぞ、かのしの
自己嫌悪に陥りつつも、ふたりのものすごい成長に感動した大事件だった。

いや〜、「はじめてのおつかい」なんて目じゃないね。
かのしのの「はじめての大冒険〜捨てられた双子の巻〜」
めでたし、めでたし

胃が痛い 

2005年11月28日(月) 14時02分
ちょっと前から胃がひどく痛むことが増えた。
お腹がすいている時だけでなくて、そりゃもうしょっちゅうという感じで。

あ〜、やっぱりかのしののストレスかな〜。
あ〜、すごい病気だったらどうしよう〜。

今年、いとこが胃がんの手術をしたこともあって、
内心ちょっとびびっていたが、
今日、仕事が休みだったので、それ〜!!と病院へ。

月曜日なので、混んでる混んでる。
一時間半もゲホゲホする人たちの中で待った。

やっと呼ばれて、先生に症状を説明。
ついでにいとこの胃がんの話までしてみた。
(ただの胃痛だと思われちゃあね〜)
ベットに寝かされて聴診器と触診までしてくれた。

先生の診断はいかにっ!!

「胃と腸が炎症を起こしてますね〜。
 お腹いっぱい食べないで、腹八分目にしてください。
 薬出しときます。」

あれ???
食べすぎなだけ???

そして先生は一言。
「最初から胃がんは心配しなくていいですよ〜」

看護婦さんにもちょっと笑われて、たった5分の診察は終わったのであった。
チャンチャン

帰省 

2005年08月12日(金) 16時00分
夏休み。
毎日毎日、かのしのと仕事とうちのことと、めいっぱいで忙しい。
が、もうすぐ帰省。
今日は帰省土産と新幹線のチケットを取りに行った。

実家から遠く離れて暮らして丸4年。
どこででも暮らせる得な性格だけれども、
やっぱり全く違う言葉や、味や、空や、
そういう中でけっこうがんばって生きていると思う。
うるさい双子を抱えながらね。

疲れるとたまに、実家が近ければな〜と幾度となく思ったり。
好きで始めた仕事だけれど、実家が近ければもっといいのにと思ったり。

帰ると言ったら、みんなが待っていてくれる。
家族や友達や先輩やママ友や。
そういう帰る場所があるっていうことも、
毎日をがんばれる源なのかもしれないな。

みなさん、もうすぐ帰ります!!
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像のんのんママ
» 鹿児島へ行ってきました〜あく巻きづくり〜 (2006年06月30日)
アイコン画像sorasora
» 鹿児島へ行ってきました〜あく巻きづくり〜 (2006年06月25日)
アイコン画像ちゅうりっぷママ
» 帰省 (2005年09月01日)
アイコン画像ちゅうりっぷママ
» アンチエイジング (2005年06月22日)
アイコン画像ちゅうりっぷママ
» 春、近し (2005年03月16日)
アイコン画像akemi
» オトナの役目 (2005年02月28日)
アイコン画像のんのんママ
» 簡単便利でおいしい! (2005年02月23日)
アイコン画像のんのんママ
» 簡単便利でおいしい! (2005年02月23日)
アイコン画像ちゅうりっぷママ
» 簡単便利でおいしい! (2005年02月23日)
アイコン画像akemi
» 簡単便利でおいしい! (2005年02月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nonnonmama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる