愛について考えてみた。 

2005年11月03日(木) 11時28分
愛って、そんなにいいことじゃないかもしれない。
愛とは、自己との同化だと思っていて。
その考え方でいくと、だけれど。

マザーテレサは
自分がご飯を食べたいのと同じように
世界の人にご飯を食べて欲しいのだとしたら。
自分の不幸と同じように
人の不幸を哀しめるのだとしたら。

世界に向った愛が
そこにはあるのかもしれない。

友人の嬉しいこと、悲しいことを
心から喜べる、哀しめる場合
やっぱりそこには愛があると思う。

私みたいな人間には
せいぜい数人しか
自分のことのように思えないかもしれないけど。

愛と、一人の人間としての尊重は
ある意味反対に位置するところで
自分の中に取り込んでしまうと
一人の人間として尊重していくのは
結構難しい。

愛と、尊重のバランス。
一つになりたいけど
なりたくないんだ。

彼と別の人間である意味。
思いやり。

バランスをとるのって難しい。

やきとり。 

2005年10月04日(火) 11時36分
親が旅行なので
彼がおうちにお泊り。
一緒にやきとり屋さんで夕食した。

お酒を飲みながらおしゃべり。
美味しかったし
なにより楽しかった。

二人は、すごく居心地がいいよ。

お仕事。 

2005年10月03日(月) 11時28分
お仕事をはじめた彼。
いつものバイトと違って
正社員じゃないけど。
ある程度しっかりした仕事。

精神系の病院だから
かなり心配。

そういうのは
かなり影響を与えるから。
毎日そこに居るのは
かなり大変なんじゃないかな。

私のお友達がそうで
相当辛かったから。。

彼が、笑っていられますように。

さぷらいず。 

2005年10月02日(日) 11時32分
今日は二人でカラオケ。
私が服を見てる間
別のとこに居てもらったら。

絶対買おうと思ってた
ひととようのシングルを
こっそり買っておいてくれた。

凄く嬉しい。
ありがとう。

カラオケにはまってる彼。
声も出るようになっていいかんじ♪
一緒にいろんなことが楽しめて嬉しいなぁ。

いつか。 

2005年09月28日(水) 11時20分
両親が海外に行っているので
祖母を預けている、施設に
お見舞いに行った。

いいよ、って
何事もないみたいについてきてくれる
そんな彼が大好き。

帰りに
「前は無理だと思ってたけど。
 両方落ち着いてきたから
 今、もし子どもができたら生みたいって
 言うと思うよ。」

と伝えた。

今までは子どもができても
まだ二人とも子どもだから
きっと無理って思ってたけど。

就職して。
彼もちゃんとしてきて。

きっと生みたいって思うだろうって。
そう思ってたから。
ずっと伝えようって思ってた。

「支えになるから
 きっとそうしてほしいって
 思うと思うよ。」


そういってくれた彼。

結婚は、タイミングが大切だから。
一緒に住んで、二年くらいしたら。
そしたらいいかもって。
未来のことなんてわからないけど。
きっと、支えになる。

ひさびさディズニー 

2005年09月27日(火) 9時47分
お仕事帰り。
一週間に一度の13時で帰れる日。
しゅうちゃんとピザ食べ放題に行く。
安くて美味しい♪


食べてる途中
なんだかディズニーの話になり。
行ってきました、アフター6!

ランドとシーと
どっちにしようか迷ったけど
ハロウィンのランドに決定☆

今年のハロウィンには行けないと思ってたのに。
すっごく楽しかった。
やっぱりディズニーは、ハロウィンが一番好き。
可愛すぎ(*ノ_<*)

平日だったけど
やっぱり混んでました。
アフター6であの混みっぷりじゃ
あんまり乗り物には乗れないけど。
園内歩くだけですっごく楽しい。

ディズニーシーで新しい乗り物ができたし
来年中には行きたいなぁ。

帰りにサプライズで
プーのシャーペンボールペンセットをもらった。
サプライズ好きの私のために
こっそり買ってくれたんだなぁ。
ありがとう。

愛論。 

2005年08月15日(月) 19時30分
愛とは、同一化。
自己との融合だと思う、と以前書いた。

でも、だったら。
思いやりとか、
相手を個人として大事にする、とか。
そういったものは
なくなってしまうんじゃないか。

最近考えてたお話。



最近また考えが変わって
愛とは
のっけた絵の陰陽みたいに
そういう風に、ひとつになるものじゃないか、と思った。

溶け合って一つのものになるなんてこと
きっとできないし
そうしようとすると、無理が生じる。

個人同士、一つの人間として
でも一つのものになる。
境界線を譲り合って
一つの円を描くのじゃないだろうか。

中には、私の中の彼。
彼の中の私。

私は、愛なんてまだ見つけてないと思う。
でも、この気持ちの中に
何か凄く大切なものが見え隠れ。
本物かもしれないし
そうじゃないかもしれない。

幸せ探しは、まだまだとちゅう。
それが幸せかもしれないし
そうじゃないかもしれない。

こいばな。 

2005年07月30日(土) 0時45分
お友達のこいばなを聞いて、
すごく励まされた。

やっぱり、気持ちが一番大事なんだよなぁ。
両思いに甘えてしまって、そんな簡単なこと忘れてしまう。
ちゃんと、気持ち大事にしなきゃ。
一番大事なこと、忘れないように。

見栄とか、お金とか、地位とか。
そんなものに惑わされない
たったひとつの真実を見つけたい。

微妙。 

2005年07月28日(木) 1時25分
働くところが決まった。

彼に報告。
でも、悩んでるみたい。
あんまし、喜んでくれない。

一人暮らししたい、彼。
かいごの仕事はお金が安い。
かけもちで別のバイトをしても
かなりつらい。

かいごの仕事をやめようかな。
そして何か別の仕事を見つけようか。

彼の考え。
逃げかなって思う。
いつも、やり途中で投げちゃう、彼。
ほんと、いやんなる。

そんなに一人暮らししたい理由も。
「わけがあるの」って
教えてくれない。
たいした「訳」じゃないんじゃない?
いつも、そうでしょ。

お金だけが目的なら、
ちゃんと考える妨げなら、
そんなに一人暮らしがしたいなら、

だったら、一緒に暮らそう。
いつかは、一緒に暮らしたいと思ってた。
ちょうど、いいじゃん。
家賃折半なら、そんなにかからないもん。

彼が言ったショックな言葉。
食費も半分にしよう。そう云った私に
「のんこが多めに払う?」

私は、彼のために二人暮らししようっていった。
なんで、私が多めに払わないといけないの。
そんなの、変じゃん。
一緒に暮らさなかったら
楽だし、お金も全然かかんないのに。

それでも一緒に暮らそうって言ったんだよ。

今年中には、そういうことになった。
どうなるのかは、わからない。
一緒に暮らすかもしれないし
暮らさないかもしれないし
別れちゃうかもしれない。

私は、とりあえず頑張るだけ。
先に、歩き始めるよ。
ちゃんと追いかけてくれないと
どっか、行っちゃうかもよ。

郷愁。 

2005年07月20日(水) 20時20分
私の短い人生の中で
一番見て良かったのが、オーロラ。
あんなに、胸が締め付けられるような感動を
ものから受けたのは初めて。

なんて、自分はちっぽけなものなんだろう。

隣にひとが居ても。
自然と、自分という個の対面で。
自分というものの儚さを感じた。

例えわたしが居なくなっても
何事もなく時間は過ぎて、せかいは変わらない。
自分は大きな流れに居て
そして、それを構成する一部なんだ。

言葉では表せない、情報量。
わからなかったものが、いっぺんに見えた気がした。

今まで解けなかった数学が解けた気分。
頑張っても頑張っても解けないのに
偶然にするっと解けて
何が解らなかったのかも、解らない。

人は、自然で。自然の一部で。
人は不自然っていうけど、そんな人間も自然が作ったもので。
どんなに進化しても、抜け出せない。

胸を突くオーロラ。
輝く空気。
私を包む静寂。

もう一度、還りたい。
次は、彼と一緒に。
P R
■profile■
■のんこ■
22歳。現在ニート。就活中。
好きなもの/彼・姉・犬・レストローズ・チョコ。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nonnco-cocoro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる