ダチョウがアメリカンショートヘア

April 22 [Fri], 2016, 8:07
ひどいにきびができてしまった時には、洗顔石鹸でピーリングをおこなうようにしています。
初めてピーリングを行ってみた時には、少しヒリヒリ感が残りました。それで、怖くなってしまってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そんなヒリヒリ感は消えて、とてもきれいにニキビ“思春期や大人”が治ってくれました。
それからは、にきびができるとピーリングをおこなうようにしています。ニキビ“思春期や大人”というのは潰してしまっても良いのでしょうか。

実は、潰しても良い状態のニキビ“思春期や大人”と潰してはダメな状態のニキビ“思春期や大人”があります。潰してしまっても良い状態のにきびとは、肌の炎症が落ち着いてきて、中に溜まった膿が白く盛り上がっているものです。

この状態になったニキビは、膿が外に出ようと芯が出来はじめている時ということですから、専用の器具や針といったものを使えば、潰すのもいいでしょう!!ニキビを潰してしまうと、そこから膿が出ます。

さらに潰してしまうと芯が出てきます。

これがニキビ“思春期や大人”の元なのですが、潰して中から芯を出すことは決しておすすめはできません。

無理矢理に潰すことになるのですから、さらに炎症は広がります。ニキビ“思春期や大人”跡としても残ってしまうので薬をつけるなどしてゆっくりと治していってください。自分で出来るニキビへの対応は、どんなに寝たくてもメイクは必ず落として眠ることです!!メーキャップすることにより、肌へのダメージが大きいと思うので、お肌に休息を与えたいのです。

メイク落としにも気を配っています。



オイルで落とすタイプやシートで拭うタイプなど数々のものを試してきましたが、ミルク系のメイク落としがお肌への刺激が少ないと思いました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココミ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nonmrceriinpcg/index1_0.rdf