ud 

May 19 [Sat], 2007, 13:14

葵バ小説ー 

January 22 [Mon], 2007, 17:08
本日は1月20日。ガゼット葵の誕生日でございます。
楽屋はハピバムード全開で幸せたっぷりの…はず…





「〜〜〜(イライラ」
「あ、葵くーん。おはよー」
「…あ? 何」
「Σッぁ…な、なんでもない(怯」


ガゼのゴリ天使こと戒くんがエンジェルスマイルで話しかけても無愛想で応えているのは、本日誕生日を迎えたはずの葵さん。
今はソファーに脚を組んでイライラオーラを存分に醸し出しつつ時々舌打ちしています。恐ろしいです。


「な、何があったの葵くん…?」
「わ、わかんねー。てか今日誕生日だよな? あんなオーラ出してたら祝うどころか近づけねぇんだけど!」
「つーか麗来ないっぺよー何してんだあいつ」


イライラオーラを免れるところに移動している3人は輪を作り相談中。


と、その時。






「やっほー! ちょっと遅れたぁ〜」

「お! やっと来たぁ、うる…………は?」






バタン!とドデカイ音を立てて扉が開かれたかと思うと、そこにいたのは――



自分の体の100倍はあるんじゃねーかと思うほどのでかさのくまのぬいぐるみを軽々と持った麗…。




「Σぶははははは! 何そのデカさ! つーかなんでくまのぬいぐるみ!? でかすぎて笑えるー!! ぎゃははは!」
「いやあ、これ手に入れるのに苦労したわけよ〜」


爆笑する流鬼にバカにされていると気付かずに、麗はニコニコとしながらドアよりでかいぬいぐるみをギュウギュウと押し込めてなんとか楽屋に侵入(Σ)

キョロキョロと辺りを探ったかと思うと、彼の標的になったのは――イライラモードの葵さん…。




「おはよう、葵☆今日は何の日かなー?」

「…もやしの日。」

「ぶっぶー! 愛しの葵の誕生日!! つーことで、誕生日おめでとー☆」



麗さん、巨大ぬいぐるみを葵さんへ贈与!!
葵さん埋もれた。



「……(怒)」
「…あれ? 喜ばないの? てかなんか怒ってる?」


「〜〜〜〜お前のせいやろうがあほんだらーッ!!!!」



『!!!??』



ついにブチ切れた葵さん!!
その声のでかさに4人は一斉に飛び跳ねます。(キモチワルイ)



「俺がイライラしとんのはお前のせいやろがっ麗!!」
「は!? 俺!? なんで!?;」
「毎年毎年でっかいでっかいくまのぬいぐるみを俺の誕生日にプレゼントしてきやがって…っしかも年々デカさが増していくし!
 しかもなんやねん今年のデカさは!! 家のどこに置けばええねん!!」



書き途中

所詮、それは戯言だろうけど。 

December 17 [Sun], 2006, 13:56

2回目のアンコールを終え、楽屋には戻らずに舞台袖で蹲っていた。
動けない。
脚が震える。

緊張、いや、
興奮している。


汗が止まらなかった。




「…っはぁ」

「大佑くん、大丈夫?」



ユアナが、心配そうに話しかけてきた。
そして、小さな手を差し出される。

その手は震えていた。




「…っだいじょうぶ」


その手を握り、立ち上がって。
楽屋へと覚束無い足取りで向かう。



楽屋では、カズくんと静海がスポーツドリンクを飲み、衣装を脱いでいた。

カズくんは俺に気付くと、ニコッと笑って。



「さっきの暴れっぷり、かっこよかったじゃん」



俺にスポーツドリンクを差し出す。
その顔には、たくさんの汗が伝っている。


やがて、ステージの方から客の泣き声とアンコールの叫びが聞こえてきた。

皆は無言で衣装を着替え、落ち着きを失い楽屋を動き回る。



一番落ち着きを失っているのは、



俺だ。






震えが止まらない。
次の曲、なんだっけ。

――あー、


もう、これで…。







「大丈夫か?」


「…それ、さっきユアナくんにも言われた…」

「だって今にも倒れそうだし」

「……大丈夫だよ、

 俺……」




「まだいけるよな?」





有無を言わせない、
静海の力強い声。


その笑顔に、

心なしか力を貰った。






「…当然じゃん」



静海の差し出してきた拳に自分の拳を合わせ、
気合いをいれる。






たくさんの客が俺たちを待つそのステージに飛び出た瞬間は、

本当に永遠だと感じるほど長く、儚いほどに短く感じた。


***

蜉蝣の、ラストライブはこんな感じだといいなあと痛い妄想を繰り広げるアイタタタ。

トイレ行きたい。

縮小運営。 

November 10 [Fri], 2006, 17:40
理由は明日、メルマガにて。

そしてこの日記も暫く経ったら書き込まないことにします。
これからの日記は横のちっちぇー日記で。

縮小っていうくらいだからちっちゃくシンプルにしたかったのに、
なんかごちゃごちゃだ。ゲフン。

時間がねぇ 

November 06 [Mon], 2006, 7:44
○見たらスグやるバトン ←コレ重要!
▽▲ルール▲▽
見た人は全員やること!絶対です!

○好きなタイプを外見で答えよう!
極端にチビか極端に背が高い、痩せてるひと。
顔は池じゃなくても、気に入った顔ならいい。

○年上が好き?
超イエス。男は30から

○財布はどんなのを使ってますか??
小4の時にビンゴで当てたワインレッドの

○携帯電話はどんなのを使ってますか??
auのこじんまりした奴
よくわかんね

○使ってる携帯ストラップは??
水曜どうでしょう

○バッグはどんなのを使ってますか?
色々使ってるけど黒のショルダーバック最近使ってる

○[バッグ]の主な中身は??
財布、携帯、ゲームボーイアドバンスSP、化粧道具、ポータブルオーディオプレイヤー

○今はいてるパンツの色は?
何色だっけ?

○星に何を願う?
世界が平和になればいい
 
○もしクレヨンに生まれ変わったら、何色がいい?


○好きなスポーツは?
バドと柔らかいボールのバレー

○好きな日
ない

○最後に観た映画は?
なんだろ? わからん

○怒ってる時どうする?
寝る

○夏か冬どっち?


○最近泣いたのはいつ?なぜ?
ガゼの新曲で泣いた

○ベットの下に何がある?
布団ですが?w

○昨夜何した?
ご想像にお任せ

○好きな車は?
広いの

○好きな花は?
牡丹

人生って、よくわかんない。 

November 04 [Sat], 2006, 11:42
つまんない。
けど、楽しい。
人生って、そんな感じ。

つまんないと感じる中で、少しも楽しいと感じることがなければ、生きてる意味はないと思う。
それはある意味しょくぶつと一緒で、寝て食べて明日を待つだけ。でも、明日が来たって何もすることはなく、ただ同じことを繰り返す。
それは本当につまんない生き方だと思う。
皮肉でも、いいから。楽しければ、いいと思う。
そんな大それたことじゃなくて、もっとちっぽけで、つまんないことを、楽しいと思えたら、それは勝ち組。

あー、今日の夕飯私の好きなおかずだ。
この芸人面白い。
今日は、気持ちいい天気だ。
この曲、いい曲だな。

そんな些細でちっぽけなことが、生きる資源になってるって、気付いて欲しかった。


自殺するひとの気持ちなんて理解できなかった。
どうして、どうやってきみが死んだかなんて、知らない。

ただ、生きることから逃げてしまったんだね、と思った。

君が死んだせいで、私の友達があんなにも悲しんでいる。
生きる気力も失うほどに。
死んだら、帰ってはこれないと。
周りにどれほどの迷惑をかけるのか、知っていて自殺なんてするのか?
悲しむひとが大勢いると、わかってるのに?

最近、ニュースで自殺してく子供がいっぱい取り上げられてる。
私の知り合いも、この世界から逃げたひとの1人。


よく、わかんない。
不謹慎だと、思う。自分が。
死についてここでダラダラ書いても、誰かが何かを考えるってことはしないと思う。

ただ、理解って欲しい。
私の友達にも、リスカしてる子はいるし。
生きることが辛いひとの気持ちが、わからないわけじゃない。
だけど、世の中には生きたくても生きれなくて、死んでしまうひともいる。
自分を産んでくれた母は、ほんとうに死ぬ思いで自分を産んでくれたということを、理解してあげてほしい。

というか、自殺なんてナンセンスな話だ、と思う。
何が辛いかにもよるけど、たとえばいじめられて辛かった場合、私の怒りの矛先はいじめた奴に行くと思う。
恨んで恨んで死んだって、結局自分をいじめた奴は何も後悔しないのだろうから。
私は自分が死ぬよりも相手を殺すことを考える。
ただ、どちらにしてもどちらかが死ぬのは変わりない。
100年くらいたったら、世界は結構変わってると思う。
エネルギーやら原料やら森林やらが減って、それに比例して人間も生息していくことが困難になってくると思う。
だから、今生きなくてどーするんだ、と、思う。

この話に結論は無いんだけれども。
なんとなく思ったことを書いただけ。


「生きてればきっと楽しいことがある!」ってのは、ただの思い過ごし。
自分から道を切り開いていかなければ、楽しいことは訪れないと思う。
たとえば、寝るか、テレビを見るかを選ぶとき。
テレビを見たら、面白い番組が入ってるかもしれない。
寝たら、楽しい夢を見れるかもしれない。
そーゆーイイ傾向の選択をすること自体を、面白いと思えばいい、…と、思う。


死ぬってすげー勇気いることだ。
安楽死とか病死とかじゃなくて、自分から死ぬって、すげーありえないほど勇気ある人じゃないとできないと思う。
でも、どうして死ぬの? もう死んじゃっていいの? まだ楽しいこといっぱい残ってるかもしれないよ? 自分をいじめた奴に痛い目見せなくていいの?
その勇気は尊敬には値しない、その勇気、生きる勇気に変えればいいよ。


貴方が逝った世界は幸せですか。
今、貴方は幸せですか。
残酷だけを残して、責任だけを押し付けて逃げたんだね

選択肢はいくつもあったのに。




うん、まあ、人生って色々だ。
そう思うと結構私は楽な人生歩んでる。
幸せを望むことを諦められないから。



あ、おピンク様、誕生日おめでとうございます!!

色々ばとん 

October 30 [Mon], 2006, 15:07
●麺の中身になったら…バトン●

1:まず、貴方がなりたい麺は?バンド名と共にどうぞ
あー…とりあえずディル。京さん…うーん、心夜? あ、やっぱ京さん!

2:その麺の中身になったら、まず最初に何をする?
今トイレ行きたいからトイレ行く!

3:トイレやお風呂…どうする?
え? あ、普通に。

4:その麺の顔と体で、どんな服(私服)着る?
ゴスロリ。

5:ライブの時、バンド内の誰とどんな風に絡む?(ただのパフォーマンスでも可)
敏弥の傍に寄って脇腹にパンチ。
堕威に頬擦り。
爺の頭撫で撫で。
心夜を煽る。

6:ライブの時、ファンの子にどんな事してあげる?(タッチとか)
箱だったら手ぇ伸ばして最前ドセンの(可愛い女の子)客にヨシヨシしてあげる、手上げてたら手握って指絡めて遊ぶ。あとは最前の可愛い子の頬撫でる。
あと手の届く範囲で可愛い子に飴アーンして食べさせてあげたい。

無理だ。

7:どんなキャラ演じたい?
寡黙孤独でも甘えん坊、みたいな。
京さんがやったら可愛いだろう、と思うこと全部やる。

8:次の衣装(&化粧)、どんなの着てみる?
ゴスロリゴスメイク。

9:どのバンドと対盤したい?
…カリガリ。

10:喜んで答えてくれそうな5人の方に回して下さい
えー。どうなん、だろ。
アンカー!

応えたいひとはどうぞ応えてください、ねー。


今バトン

今何聴いてる?
カリガリ ママパパ

今何処にいる?


今誰といる?
ひとり。…(・ω・`)

今欲しいもの何?
金と暇、自由と美貌

今好きな人いる?
いる

今何食べてる?
チョコカール〜冬のココア仕立て〜
同時進行でチョコケーキアイスバー

今何してるの?
バトンに応えてる時点でパソコンとしか応えようがない。

今どんな格好?
白黒ボーダーアームウォーマーに黒パーカージーパン
黒いマニキュアが剥がれかけてる。
スピソ(・∀・)

今暇?
そんなことはない

今嫌いな人いる?
いる

今暇そうな人5人に回してください
暇田さん。
暇田さん。
暇田さん。
暇田さん。
暇田さん。


麺バトン

●好き嫌い関係なく一番歌が上手いと思うボーカルは?
美人形 ジュイ

●一番女形が似合う麺は?
ラレーヌ えみる

●一番保育士が似合いそうな麺は?
神楽 女雅

●自分が一日だけなれるならどの麺になりたい?
孫 戮

●本命麺に着て欲しい衣装はどんなの?
あー、アレ。パンキッシュ燕尾服。可愛いと思う。
ちっなんだこのキーボード、壊れてるYO!泣

●本命盤に自分のためだけに一曲演奏してもらえるとしたら、どの曲が良い?
カリガリ青春狂騒曲(青雲立志編) !

●妄想が得意そうな人にバトン回してね☆
えー、誰だろ。
遣りたい人どぞ?笑

すまいるいちばんいいおんな。 

October 30 [Mon], 2006, 14:55
(******'A`*****)
今アンカヘのスマイル〜のPVを見てましたが、
なんで主人公坊でみく坊の恋の話なのさww

坊くん萌え。可愛い! ごめん盲目で!

私基本的にみくの顔大嫌いで、見てるだけで腹が立ってきたり舌打ちしちゃったりあまつさえ「何その顔。ハハッきんもー☆キモイ振り付けしてんじゃねぇよ! その動き可愛くねーんだよウゼー!!!」などと照れ隠しですらない暴言を吐きまくったりしてるのですが、スマイルのPVに一箇所だけみくが可愛いって思うところがあった。

「がんばったね」って言ったところ。

…アレ、みくか? 一瞬だけすげー素敵に見えた。
何コイツ。池じゃん。

しかし次の瞬間映ったキモイ動きするみくてぃ(死語?)に吐き気を覚えましたが、
あのみくはすげー可愛かった。

てかてるきwwカワイソスww輝→坊が健気すぎる。笑


スノーシーンもねー、アレはスルメだ。
てかみくの歌い方キモすぎる。ありえなすび。
顔もキモイし歌い方もキモイ。…でも、声は好きだ。
歌ってるときの声張り上げたときとか、マジでかっこいいと思う。
なんなんだアレ。みくマジック? それとも幻想?

クソゥこれだからアンカヘは抜け出せないんだ…orzスンマセンアンカヘ好きです。

あーあーーあーカリガリが今一番キてるんだけどねーーーカリガリきてるき。




暇だからバトンでもやるか。小説書けって話だ。



さきっる! 

October 22 [Sun], 2006, 18:44
2のヘドバンスレで、外国のすごいヘドバンしてるバンドが、いた、な(日本語変)
円形ヘドバン…じゃなかった回転ヘドバン?でいいんだよね?こーちゃん!
試しにフィルスなんたらに合わせて回転ヘドバンしてみたけど、やっぱり、髪長くないと見た目が微妙みたい。
てか最近ボディバンしかできなくなってる…困った。Vバンやっても自然とXになる。ほえぇぇぇ。


拍手で言われた、先生×生徒の咲瑠。
書いてみます。


鬼畜ツンデレ編と、ピュアピュア編書きます。(予言)



**

初めて見たとき、どうもソイツが気に食わなかった。
「イイ大人」の代表みたいな、スカした顔の男。
もちろん生徒皆に好かれてて、――ってここは男子高だから好かれてもあんまり嬉しくないだろーけど。

なんか、仮面を被ってる、気がしたから。




「じゃあ今日はこれで授業終わり。わからないことがあったら聞きにきてね」


そう言って、国語の担当教師――阪口咲人は、爽やかな笑顔で教室を去っていった。
授業中は、常に色の入った目線で生徒皆が咲人(呼び捨てかい)を見つめている。

いけ好かない、けど。


「ねぇ瑠樺さん。…瑠樺さん?」
「ん? あぁ、黄泉。どうしたよ」
「昼飯一緒に食べよ」


1年下の黄泉が、すぐ傍にいて。
黄泉は自分の持ってきたパン数個を俺の机の上に広げ、俺の前の席の奴の椅子に腰掛けて、楽しそうにパンを食べ始めた。

黄泉は、この男子高でも結構人気のある生徒。
可愛いしちっこい。人気あるのもわかる。
なんで俺に懐いてんのかは、よくわかんない。


「ねぇねぇ、4時間目、咲人先生の授業だったの?」
「あぁ」
「えーっ! いいなぁ、羨ましー! 先生、滅多に自分では授業しないのにねぇ」


そう。
咲人は、何故か自分ではあんまり授業をせず、ほぼ副担に任せているのだ。
めんどくさがりなのか、それとも授業を暇つぶしだとでも思っているのか。

だけど。


「でも、俺のクラスではいつもアイツが授業するぜ?」
「…1組でも4組でも7組でも、10回に一度しか授業しない咲人先生が?」
「あぁ」
「……謎が多いねぇ…」

むぅ、と顔を顰めてまたパンを一口。
大して腹が減らない俺は、黙ってそれを見つめる。
すると、黄泉が零すように言った。


「そういえばねぇ、咲人先生って、いつもあそこにいるんだってさ」
「…あそこ?」
「知らない? 有名でしょ。もう使われてない第3保健室」
「それってこことは違う棟だろ。俺あっちに知り合いいないし。つーかなんで使われてねぇんだ?」
「5年前ある生徒の自殺。」

「…お前パン食いながらよくそんな話できるな…」


にこにことパンを食べながら言う黄泉がちょっぴり怖い。
ふぅん、保健室とあの先公。まあイメージに合うっちゃ合うけど。


「あの保健室にいるのを遠巻きに見たひとは何人かいるんだけどねぇ、皆幽霊が出るからって怖くて入れないらしいよ」
「…アホらし」

「……瑠樺さんは、咲人先生のこと好きじゃないの?」
「さぁ。つーか興味無い。つーかイケ好かない。完璧な大人って感じでさ」
「あの色気がいいんじゃん! 可愛いしかっこいいしー」

煩い黄泉の口をパンつっこんで塞ぎ、俺は立ち上がった。


「ふははんほほひふほー?(訳:瑠樺さんどこ行くのー?)」
「コーヒー買ってくる」


くだらねー。
あんな大人のどこがいいんかね。皆。

…ただ、俺は。

なんとなく、――…。











放課後。
何故か来てしまった、第3保健室前。
秋の空はもう暗くて、生徒の殆どはもう帰ってる。

あー、なんで俺、ここに来てるんだろ。

別に、咲人に会いたいわけじゃない。のに。



そのとき。



「…アレ? 狩野くん」
「?――ッ!!」



後ろから声がしたかと思うと、瞬時に口を塞がれ、保健室のドアを素早く開けられ中に押し倒された。



「何してんの? ここ、俺だけの休憩室なんだけど。」
「……っ!!」


片手で俺の口を塞いだまま、俺の上に馬乗りになり俺を見下す――咲人。
その顔は、月明かりに照らされて一層艶っぽく、キレの長い鋭い目に睨まれて、動けなくなった。


***

(*n´ム`n)エ?続くの?サキチャン困ッチャウ

ハッピーエンドがあるのなら、それは終わりではなく始まり。 

October 21 [Sat], 2006, 12:10
ガゼの新曲2曲聴きました。

ヤラれましたorz

え、とうか、2週連続発売ってなんだよ! とか思ってたんですが歌モノ→暴れ曲という流れだったので、なんかもう…私のツボをストレートについてきた!って感じです。
や、知らねーよって話。

Rなんとかは置いといて、フィルスなんたら!…ふぃるすいんざびゅーてぃー?
フィルスなんたら良かったです。ライブ行きたくなりました。
ライブというよりは、あのアイツら(特に流鬼)のヘドバンを間近で見たいんだ…!
というか、ドレッドのせいなのか、円形ヘドバンがあったような気がしましたが気のせいですかね。頭で円を描くヘドバン。捥げるぞ首。
私は横バンとVバンしかしませんが流鬼の蟹股縦バン!カコヨス!はぁ、もう、死んでもいいや。うそ。死にたくない。

うっかり、フィルスなんたら買いそう。
Dirを取るかガゼを取るか、それが問題だ。

あ、でもね、なんたらスクリームオブマゴッツも、良かった、よ!
でもなんか、確実に洋楽ロックに近づいてきてる、感じ。デスメタ?
…ごめんなさい意味不明なシャウトする京さそが限りなく愛しいんです…!(***'A`**)盲目


あああああ。
12月の、盛岡ヴィドール。
行きたかったなー。
でも金ないしな!
12月はヴァジュイールもくるし。
おかんのバカ。
ぶきぃぃぃぃ。

メアの新曲、買いに行ったけど、売り切れだった。
予約してきた、けど。
店員愛想悪くてなんかムカつく。


ジャイ痛DVDほしぃぃぃぃぃぃorz
金ねぇぇぇぇぇorz

あ、7位、おめでとう!