February 12 [Sun], 2006, 22:03
止まってるじゃないか、背後ー(呆れ気味)

別の人のランララはわかったから、そっちばっかじゃなくてこっちも動かしなさいって…
とりあえず、アリスから発言復帰で。
相変わらず、皆変わってないことに少しばかり安心した。
…駄目だな。安定を求めるのは、年なんだろうか。
いつの間にか、アリスで最年長だということに気付いた、そんな日曜日。
…若いなぁ、皆。

そういえば、かまくら初めて見るし、餅つきも初めてだ。
…筋肉痛が来るのが翌日なら、まだ25歳としてオーケーだろうか(悩)
(冒険者としては失格っぽい)

ランララと、特務部隊と。 

February 07 [Tue], 2006, 15:20
ロールの感覚を取り戻す為に、
暫くここはこまめに更新しようかと…
旅団は、もうちょっと後で。


街角はすっかり、ランララ一色になってしまって…
相手もいないし、試練出す気にもならないし。
…当日、試練で落とされて、
スタート地点に帰ってくる冒険者見るのは楽しいのだけれども。(趣味悪い)

どちらかというと、街角がランララになってしまって、
忘れられそうな、対ミュントス部隊の方が、私には気になるのだけれど。
…もっと力があったら、志願してたのに…背後を恨もう。
ま、「別の人」は落ちたから、私が志願しても落ちてたかもしれないけれど。
………行きたかったな…。
そろそろ出発した頃か。
どのような情報が持ち帰られるのか、楽しみだね。

微復活 

February 06 [Mon], 2006, 13:01
数ヶ月ぶり…?前のは解散した時か。
…半年振りじゃないか、背後。
そろそろ隠居もやめて、背後の課題にけりがつき次第、徐々に復帰しようかなーとか。
(所属旅団の団長皆様、ホント幽霊団員ですみません_| ̄|● )

来年度はまた潜ることになるのだけれども。
…前半だけでも動かせたら良いよね、うん。
ちょっと余裕があるんで動かしたくなったらしい。
背後曰く。

「また、ちょっとクオンでアトリエ頼みたくなって…」

…最悪(笑)


旅団はどうするかな…一度リセットするべきか。
……新しいところ探すのも面倒なんだけど。

終幕 

September 08 [Thu], 2005, 0:02
鍵束を片手に屋敷を歩く。

ホールから一階。
ここはいつも皆で集っていた談話室に、キッチン、食堂がある。
突き当たりを折れると、整然と個室が並ぶ廊下に出た。
月明かりが今はもう誰も居ない、その回廊を照らしている。
静かに明るい一回の廊下を抜け、螺旋階段を上がると、自室もある見慣れた廊下が見えてくる。
一部屋ずつノックをし、鍵を掛けて廻る。
ひっそりと静まり返った夜の中に、鍵同士がぶつかり合う音が響き、何とも言えぬ寂しさが漂った…。

そうして最後の部屋。
めったに人を入れることのなかった書斎。
此処からの眺めは、随分と気に入った。名残惜しい気もする。
ドアノブに伸ばした手。
ひやりとした感触に躊躇うように、一呼吸置いて扉を開く…
するとそこは、正面にある大きな窓から、双つの月が眩しいほどの月光で部屋を照らしていた。

眩しそうに目を細めた彼の唇が僅かに動き、言葉を紡いだ。

(ありがとう。)



全ての部屋に鍵をかけ、青年はホールへと戻ってきた。
次の主の為に、鍵束を扉の脇に据えられたテーブルの上へ。
代わりに扉の脇に置いたトランクを手にすると、ゆっくりと屋敷を後にした。


…ギィ………バタン。

重々しい音と共に扉が閉まり、屋敷はすっかり元の姿に戻った。





何ヶ月…何年、何十年と経っても、此処は変わらないのだろう。
月光と、湖と、森に包まれてひっそりと存在し、全てを受け入れるのだろう。
月明かりに迷わされた者が流れ、漂い付く果て。

――月迷館

月迷館は、こうしてひとたび終幕を迎えた。
また次の迷い人を迎えるまで……

解散 

September 05 [Mon], 2005, 22:12
がらんとした部屋。


先ほどまで書き物が散らばっていた机も、
古めかしい本の並べられていた棚も、
少ない服が丁寧に掛けられていたクローゼットも、

全てがこの屋敷を見つけた時の姿に戻った。
こうして入り口に立つと、まるで時が逆行したかのような錯覚を覚える。


少ない私物の詰まったトランクを部屋の隅に降ろし、彼は大きく息を吐いた。
その赤い双眸をゆっくりと部屋に走らせて、ここに居た一年に満たないを振り返る。

まさか人が来るとは思っていなかった。
ひとところに落ち着いて生活するのも、
他人との共同生活も……
戸惑いもあったが、わりと楽しくやれていたように思う。

そんな思いを頭から追い出すように、首を振る。
過去に、囚われるなんてらしくない。


「ここ出たらどうするかな……」


アリスもアノフェレスもあるけれど…
また、放浪者に戻るのも良いか……

てすと。 

August 25 [Thu], 2005, 14:39
移動完了ー。
これからはこっちで書く予定…たぶん。
ヤプログは初めて使うけどどんなだろうか。
…重いと噂なんだけど…ドリコムより軽ければいいや(ぁ)
P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
http://yaplog.jp/nonet/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nonet
読者になる
Yapme!一覧
読者になる