none

 

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:none
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
 
テスト / Monday, June 21, 2004

失うことは容易い。それは、毎日少しずつ、零れ落ちる砂のようにほんの少しずつ失われていく。古惚けた記憶は、新しく生まれた日常の中に成す術もなく埋没していった。砂上の文字が、風の前に無力なように。俺が望むと望まないとに拘わらず、どれほどの努力の甲斐もなく、それは失われてしまうのだ。

それでもふとした出来事、例えば彼女宛に届いた手紙や、確かに彼女が居たということを証明する、或いは過去に付随するいくつかのもの――なんでもない道端の小さな白い花や、柱に残る古い傷跡、ふとした拍子に目に入った窓に映る曖昧な色の空――そういうものすべてが彼女を俺に近づけさせ、その存在を瞬間的に確固たるものにする。しかしそれも時間と共に忘れ去られ、そういう感情に陥る間隔が長くなり、やがて記憶は薄まっていく。だが、性質の悪いことに、それでもそれは完全に失われることはなかった。ほとんどないのと同じくらいに忘れることは出来るのに、それをなかったことにすることは決してできない。

彼女はもうどこにもいないのに、存在の記憶だけが俺の身体に残っている。彼の残した、移り香のように。胸を締め付けられるほどに懐かしく、同時に、疎ましかった。それは目には見えず、重さもなく、だが確かに存在する枷のようなものだった。
continue...?  
Posted at 23時44分36秒 JST / TEXT / URL
COMMENT(0)
GRAND REAL 0-01 / Saturday, July 31, 2004
高層ビルの一室、一面がガラス張りにされ開放感溢れる雰囲気の部屋は、華美ではないが趣味よくシンプルに整えられている。部屋の主の性格を模したように機能性を重視した家具類には余計な装飾は一切ないものの、訪れる人間に圧迫感やストレスを与えないよう色彩豊かで柔らかなフォルムのものが選ばれているようだった。

軽く室内を見渡したゾロは、そこで興味を失ったように一直線に部屋を横切って楕円を描いたデスクを回り込み、腰を下ろした。本来ここに座るべき人間は、他ならぬ彼自身を議題にした会議が長引いているらしくいまだ現われる気配はない。防音は完璧らしく外の慌しい喧騒は聞こえず、ただ天井に嵌め込まれた空調だけがごく静かな音を立てていた。黒い皮靴を履いた足が毛足の短い絨毯を蹴り、鮮やかなオレンジ色のデスクチェアごとスーツに包まれた身体を反転させる。少し眠たげな切れ長の目が、曇りひとつなく磨かれたガラス越しに乱立するビル群を見下ろしていた。
 
Posted at 14時45分05秒 JST / GRAND REAL / URL
COMMENT(0)
GRAND REAL 0-02 
完璧な存在は許容されない。それが世界の恒常であることを証明するかのように、ゾロが心地よいと感じた完全な静寂は突如あっさりと破られた。微かに険を含んだ声と共にドアが開き、複数の足音が流れ込んでくる。秘書の制止の声を、「良いじゃない」というメッゾソプラノが穏やかに、だが断言的に遮った。不自然ではない程度の速度を保ってゾロがゆっくりと立ち上がる。闖入者を振り返った浅黒い額に、深く刻まれた皺の名残はどこにも残されていなかった。

「あら」

先客に気付いた女が、小さく声を上げる。胸を強調した白いラップタイプのミドリフ・トップに、歩くとそのまま足の形が露になるぴったりとしたフラワープリントのスカートと、長身を更に高く見せるピンヒールのサンダル。どれも一流メゾンの品だろうが、一番金がかかっているのはそれを纏うボディの方だろうとゾロは思う。形の良い大きな乳房、胸の下までしかないトップスから覗く腹部は程よく鍛えられた薄い筋肉が蔽っていた。理想的な曲線を描く臀部に続いた脚はすらりと長く、張りがある。

「お邪魔だったかしら?」

肯定される可能性などまったくないことをよく知っている声音だった。突然の事態にも鷹揚さを失わない態度は彼女が見かけほど若くはないことを証明していたが、それでも彼女は十分若々しく美しかった。緩くカールしたライトブラウンの髪、サロンで程よく焼いた肌は薄い小麦色で、ヌーディーなメイクを艶やかに光るリップが引き締めている。

「とんでもない」

諦念の篭る溜息を付いた秘書がドアを閉じるのを目の端に捉えながら、ゾロは女の前に足を進めた。ゴールドのバングルを重ね付けした華奢な手首が緩く手前へ差し出される。細部まで丁寧に手入れされた楕円形の爪には、淡いピンクのネイルが施されていた。普段の鋭利さを巧妙に潜めた視線が、左手の薬指に嵌められたデコラティヴな指輪を素通りする。だがゾロがその手を取った瞬間、バンッという音を立てて乱暴にドアが開かれた。
 
Posted at 14時50分15秒 JST / GRAND REAL / URL
COMMENT(0)
 
   
Global Media Online INC.