不振の坂本にG首脳陣が3人がかりで指導 不振脱出なるか

October 30 [Wed], 2013, 18:53
UGG ブーツ28日の移動日に東京ドームで行われたチーム全体練習。坂本がティー打撃を始めると、原監督、村田、江藤両打撃コーチが集まり3人がかりで指導。原監督は身ぶり手ぶりをまじえてアドバイスを送った。

 指揮官は「明日からはいい形になるでしょう。勇人(坂本)に限らず、このところずっといい投手に当たっているが、それを何とかね。ここっというときに1本が出るような。それが打線だから」と期待を寄せたが、坂本は「しっかり打って、しっかり守るのが一番。(打撃指導は)いつもの確認です」と言葉少なだった。

 坂本の打撃不振はもう長い。9月上旬に右足を痛め、詳細は発表されずじまいだったが、同6日の阪神戦から3試合連続で足への負担の軽い一塁を守ったあたりから、精彩を欠き続けている。

 結局、9月の月間打率は・200、10月は・071と散々だった。UGG ブーツ「故障個所は完治している。ただ、けがをしたときに打撃フォームのバランスを崩し、試行錯誤しているが、なかなか戻らない」というのが首脳陣の見立てだ。

 坂本のフォームは左足を高く上げ、グリップも耳の位置に高くキープする独特な形。それで天才的なミート力を発揮していたが、いったん狂いが生じると修正が難しく、周囲もアドバイスしにくいのかもしれない。

 とはいえ、広島とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ3試合で放った安打はわずか2本だったが、1本は第1戦で放った値千金の同点ソロ。もう1本は第3戦の決勝適時二塁打。このあたりの勝負強さは健在だ。

 坂本を気に掛ける原監督自身も現役時代、1989年の近鉄との日本シリーズでは、当初18打席連続無安打の大不振。ところが第5戦でクロマティ敬遠の後をうけ2死満塁で打席に立つと、初安打が満塁本塁打に。こんな復活ドラマが用意されていないともかぎらないのが、日本シリーズならではの醍醐味でもある。www.stpaulanimalshelter.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ジャ
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nonanguyen/index1_0.rdf