27時間テレビ 

2004年07月25日(日) 0時50分
今年もなかなかに27時間つきあってみた。
といってもHDD+VHSビデオ大活躍で、まだ見てないコーナーもかなりある。
けど楽しみなんだ♪深夜のカマ騒ぎとかベストテンとかジャンボバカとか。
片岡飛鳥マンセー!!
ここのとこ、通常放送のめちゃイケは退屈ちゃんだったりしたわけですが、
時代はもうはねトビなのかしらんと思ったわけだったりしたわけですが、
(やはりコント集団はナマに弱いわね・・・なんかかわいそうだったわ)
ああマラソン加藤の救助犬ネタとか大好きだった。くだらなーい!(喜)
スマップさん登場時はいつも「木村、長い長い!」とテレビのコチラガワから
ぐるぐる巻きサイン出してたのに通じず(当たり前だ)ドキドキしましたが、
クサナギ御大がいつキレ演技に照れ笑いをはじめないかドキドキしましたが
(もちろん頭皮にもね!)、わちゃわちゃしている彼らは
30過ぎのオトナが4人もいたのにもかかわらず、かわいかったのう。
ああそれにしてもああそれにしても!
私の最大の萌えはキクちゃん
嗚呼、あなたの仕切りがなければ27時間みな乗り切れなかったに違いないよ。
ちうか場をいつもひきしめてくれましたねありがとうありがとうありがとう。
来年は次の日の仕事を気にせずのんべんだらりと
27時間リアルタイムでつきあえるといいな。
ああ無駄にさらに無駄に時間を過ごしたいなぁ。
楽しさを、笑いを、もっと私に!!(って精神状態やばいんかなー私・・・)

京都旅行 

2004年07月17日(土) 13時30分
くうちんと東山のホテルで待ち合わせ。
「新選組のダンダラ衣装が着れる!」
が売り文句の霊山歴史館へ向かう。
八坂神社前でバスを降り、石畳の道を歩いて
京都気分を満喫しているところへ、
人力車のお兄さんにつかまった。
「人生のうち何度も乗らないでしょ?」
という唄い文句と、お兄さんの
日焼けした屈強な筋肉美とともに、
だがしかし、そのたたずまいは
「80年代メガネ高校生風」・・・
というギャップ萌えに負け、
人力で引いてもらうことにした私たち。
すごく暑い日だったが、人力車はなかなかに
爽快な風を運んで来てくれる。
ちょっと高いところからの違った眺めも楽しい。
他の観光客の「京都らしい風景の一部」として
かなりのファインダーに収まったのではないだろうか。
・・・なんつってモデル気分も満喫。

霊山歴史館は大賑わいだったが、どうにもオトナと子供ばかりで、
私らのような負け犬世代適齢期のお嬢さん方は皆無。
重要資料が余所へ貸し出し中だったせいだろうか。
松下幸之助翁もからんだ資料館だとわかりちと驚く。
お目当ての「ダンダラ」は・・・受付に申し出さえすれば
貸し出してくれるシステムのようだったが、
なぜかいつもおふざけな私たちでも声が出なかったのは、
最後の良心というやつだったのだろうか?と旅を終えた今は思う。

御大ご生誕日 

2004年07月09日(金) 22時28分

本日は、クサナギ御大ご生誕30周年というよき日であった。
「30代の抱負は『現状維持』」
とはすばらしき言葉よの。
あちきもがんばろう。

さて、最近の「イタイ私」報告といえば、
「おーいお茶」ペットボトルのオマケについてた
御大似(アスキーアート的に表示すれば < ̄! ̄> )
のキャラストラップ集めに精を出していたこと、
だろうか。
花咲かじいさんタイプがいちばんかわゆし★

管理人について 

2004年07月07日(水) 0時00分

ここ2年はxoxxで通してはみたけれど、
やっぱりnon2に戻りたくなった。

「正式には 『 (NON)2 』(←2は二乗の意)
 だよね。」

とオーケン先生にサインをいただいたことが
私のなによりの思い出なのだ。

はじめてのひともそうじゃないひとも、
今後ともよしなに。

みうらじゅんin東京ドーム 

2004年06月06日(日) 21時28分
6/5(土)〜6(日)と、友人A(お笑い好きなオーケンファン)とともに
東京ドームへあそびにゆきました。

大物産展旅行記

DVDが出たら、絶対に私たちの笑顔が入ってるにちがいない。
嗚呼、悲しいくらいに笑顔なんだろうなぁ。(遠い目)
2004年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:non2_chiyonov
読者になる
Yapme!一覧
読者になる