超高出力レーザーポインター

August 13 [Wed], 2014, 12:41

IRとは『Infrared=赤外線』の略称で、RFは『Radio Frequency=ラジオ波』の略称です。

IRは受信機の方を向けて使用しないと感知せず、角度的や距離的な制限があります。TVのリモコンは身近なIR技術を利用した製品です。その様なIR製品は、一番安価でワイアレスのコントロールができるという利点があります(ランニングコスト=直接製品単価が安い)。また基本的には電波法に抵触しないので申請や認証の必要がなく、製品開発に関わる初期費用や期間が短くすみます。



一方RFはラジコンなどで使用されている、わざわざ受信機の方を向けなくても感知する電波です。当店のパワーポイント対応の超高出力レーザーポインターである『パワーポインター』は全てこのRF を採用(レッドレーザーIRパワーポインターのみ例外のIR仕様)。つまりプレゼン中も、パワーポイントのページをスクロールする際に、わざわざPCの方に向いて操作する必要が無いため、より自由にプレゼンができるのです。IRと異なり物陰などの見えない所にあるPCに対しても、RFならばリモートコントロールをする事が可能です。500mW超強力緑色 レーザーポインター



更にRFの中には、周波数が27MHzと2.4GHzの仕様が主流としてあります。100mまで届くような仕様も可能ではあるのですが、電波法の関係上、ある程度の通信距離に制御をせざるを得ないのですが実情です。マウスなど、通常はあまり離れた所で使用しない(1〜3m)場合は27MHzで十分でしょう。

しかしプレゼンテーションシーンを考えてみると、やはり10mほど離れても操作できる機器の方が適しています。その場合は2.4GHzの方が優れていますが、電波法上はより厳しい規格審査が必要となるのです。



当店のRFパワーポインター『パワーポインター』は、ユーザーシーンをより的確にとらえた2.4GHz仕様のグリーンレーザーポインターを取り扱っています。


メーカーでは保証していませんが、実はパワーポイント以外の多くのソフトウェアでも使用する事が出来るのです!

本体から送信されるパワーポイント向けのページスクロール信号は、PCのキーボード上の「↑」や「↓」と同じ信号なので、アイデア次第で応用範囲は拡がります。 



当店独自の検証では一般的な『インターネットブラウザー』、Windows標準の『スライドショー』、Macの主流プレゼンソフトの『 Keynote(キーノート) 』、無料のオフィススイートであるOpenOffice(オープンオフィス)のプレゼンソフト『Impress(インプレス)』、GoogleのWEBアプリであるGoogleドキュメントのプレゼンソフト『プレゼンテーション』、AdobeのPDFリーダー『 Acrobat Reader 』などでもページスクロール機能は正常動作しました。 



実はこれらが使用できるのであれば、あなたのレーザーポインター 高出力での可能性はもっと拡がるのでは無いでしょうか?? 



但しPC、OS、ソフトウェアのバージョンの組み合わせは無数に存在する為、正直、個別には保障致しかねます事をご理解ください。 



そこでワンポイントアドバイス。

お手持ちのPCとソフトウェアの組み合わせが「↑」や「↓」のキーで思った様に動かす事が出来るのであれば、当店の『パワーポインター』でリモートコントロールができると思っていただいて構いません!!


url/:


http://manage.geekblog.com/posts?done=464790


http://nomimono1.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html


http://www.wholesalejp.com/c-2/p-1465.html


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nomimono
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nomimono21/index1_0.rdf