海での生命活動

February 01 [Fri], 2013, 13:06
生命活動の拡大と海洋環境の変化

27億年前以後、シアノバクテリアによる光合成が盛んに行われる。
光合成は二酸化炭素と水から有機物を合成する化学反応で、
副産物として酸素分子を放出する。

それまで海水中は酸素分子の存在しない還元的な雰囲気であったが、
生命活動による酸素の生産が続いて海水成分の変化が始まった。

まず当時海水に大量に溶解していた2価の鉄イオンが酸化され、
水に溶解できなくなって海底に沈殿・堆積し始めた。

この堆積は19億年前まで継続し、その堆積物が縞状鉄鉱床となった。
これが現在世界中で採掘されている鉄鉱石鉱山の起源である。

海中の鉄イオンの殆どが沈殿した後、酸素は気体として溜まり始め、
大気中の酸素濃度が上昇し始める。

またこのころ二酸化炭素の減少による温室効果の減退に起因する寒冷化が進み、
それを反映した氷河期があったとされる。

19億年前に、火山活動が非常に活発になって大きな大陸が形成され、
同時に大気中の酸素濃度が上がり始めた。

最初の真核生物が生まれたのもこの時期であり、
環境の変化と生命の進化の相互関係について検討がなされている。


水の品質

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:どんとく
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nomero/index1_0.rdf