永沢だけど高野太郎

July 24 [Sun], 2016, 17:13
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルを置いて語れません。高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くことも考えるべきです。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界中の歯科医が研修を受けています。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。それは本当のことではありません。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてそのため、MRI検査は問題なくできます。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。普段よりも静かに過ごすようにして普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっており決定的な違いが出てくると考えられます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが良いと言えます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タケシ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nolu4ashheto6g/index1_0.rdf