うひひひ 

November 03 [Wed], 2004, 22:32
今日は24のレンタル開始の日。
だけど、TUTAYAに行ったのは12時過ぎ。
まだ残ってるかなーと思い急ぎ足で店内にはいる。

???
なんか急いでるにーちゃんいるぞ!!
もしかしてあの人も24狙いか!!!
私の脳内アドレナリンが活性化し、一気にボルテージが上がる。


やばい!急がねば殺られる。
しかし・・

がんばった努力もむなしく、タッチの差で24のDVDは奴の手の中。
ショック。

しょうがないので、ビデオを借りた。
でもDVDをあきらめきれず、3巻まで出ているので、一つくらいDVDであってもいいんじゃない?っておもって探したら発見!!

さっきのこにくったらしいやつが3巻目を借り忘れていたのだ!!

うひひひひ
3巻目はこっちだぜ!!
ちょっとだけ劣等感を感じていた私は最後の1巻をDVDで借りれてご機嫌

ふと横を見るとさっきのおにーちゃんが3巻目を必死で探してました。

「おにーさん、最後のDVDはここにありますよー!」

必死に、探し回っているおにーさんを尻目に最後は優越感に浸りながらお店を出ました。
ちょっとざまみろって感じ。。

やっぱり私って負けず嫌いかも♪

しかし、後で考えてみると、彼は2巻DVD、私は1巻DVD・・・



「???全然勝ってねーじゃん!!」


そして、借りることのみに執着した私は未だ24観てない。。
この分だと延長だな

ホントのお馬鹿だな。

遺体は何も語らない 

November 02 [Tue], 2004, 5:18
遺体は何も語らない。
彼は死ぬ気で行ったのだろうか。
ビデオによると彼の最後は覚悟していた様子が伺える。

人は死を現実問題として捉え、直視したときどのような行動に出るのであろうか?
彼は抵抗が無駄であることを理解し抵抗しなかったのか。
今となってはそれを知るすべがない。

なんでも自分の目で確かめようとした好奇心旺盛な若者。
その結果が死であったのは神が下した罰だったのだろうか。。

ビデオの映像を直視してもあまり何も感じなかった私は異常なのでしょうか…
こんなやつはいつか同じ方法で殺されてしまっても何も言えないな。

矛盾 

November 02 [Tue], 2004, 4:46
テレビを見ていた。

新潟の牛くんたちは、ヘリコプターで救出されるらしい。
1時間130万円のヘリコプターチャーター料

「お金じゃないですから」

オーナーのお言葉立派です。





最後にアナウンサーは付け加えた・・・

「なお出荷直前の牛から運搬されたそうです」




人間お金じゃないですよね?

ドナドナドーナ・・・牛くんの悲鳴が聞こえてきます
2004年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nok
読者になる
Yapme!一覧
読者になる