けいかくせい 

2005年08月13日(土) 20時45分
計画立てるのが苦手です。
なんとか計画立てても、実行するのはもっと苦手です。
なので、今、自分の計画性の無さに、気分が鬱々とする毎日。
もう大人なのに、これじゃいかんですね。
いかんの、いかんのよー。
何もしていないのにぐっと疲れる。
そして、今日思ったのですが。
わたしは小さい小さい世界で生きていて、そこには心を許せる人達がいて、とても心地よくて、この世界に引きこもっていられるのなら、新しいものはいらないのかもしれない。
でも、まあ、基本的に人間好きなんですが。
人間嫌いと言いつつ、サイト作ったりソーシャルネットに参加したりチャットしたり出会い系やったり、そういう人って本当は誰よりも人間が好きなんでしょうね。そして自分が大好きなんでしょうね。
うらやましいのです。
わたしは、人間なんて嫌い! って言ったとして、じゃあお前なんでみくしやったりしてんだよ、どうして営業職やるんだよ、どうしてお外に出るんだよ、どうして自分から人間に触れ合うようなことばかりするの! と、言われるのが気まずいので。
いや、本当に人間好きなんだけど。
でも、人間嫌いな人が生きていくのは大変なのですね、きっと。
と、唐突に思った次第。
まあ、あれです。
てんぱってるんです。

みつあみ 

2005年08月09日(火) 18時23分
今朝は寝癖がひどかったので、みつあみをして出掛けました。
今まで無駄に長く伸ばしていた髪を先月切り、襟足が少し長めのショートボブになっているので、襟足のところでおさげ。
ちょっとスウィングガールズっぽいべ、とか思っていたのですが、トイレで鏡を見たところ、わたしがみつあみおさげにするとただのイモに…。
そんな衝撃で始まった本日、ホワイトバンドをしている人を3人見掛けました。
ホワイトバンド、少し前に知りました。取り扱い店では品切れ続出らしいですね。
別に斜にかまえるつもりは無いですが、わたしはあんまり…。
ああいう形で訴え、身につけるものを用意したのは、方法としては素晴らしいと思います。皮肉じゃなく。
まあ、品切れだ、話題だ、で、熱上げちゃう人もいるでしょう。それは仕方ない。ホワイトバンドの意味を大切に思う人は、大切に身につけ、大切に伝えていくだろうし。
けれど、思うのです。例えば黒柳徹子。彼女はもうずっと以前からユニセフの活動をしていて、謝礼なんて無いも同然なので、旅費から何から全部自腹だと、何かのテレビで言っていました。誰もが彼女と同じようにはできないと思う。でも、何年も、ずっと、当たり前のこととして何かしらの形で続ける。そこをはずしてはいけないのでは無いでしょうか。
今、ホワイトバンドを身につけている人達は、これから先もずっと、ホワイトバンドを外さない。当たり前のことなので、わざわざ書くのはあれかもしれないけど。
例えば明日ホワイトバンドを外してそれきりにしてしまったとしても、その人は困らないし、忘れることもできる。でも、世の中にはホワイトバンドやそれに準ずるものを外してしまったら、自分のすぐ身近で大切な人が野垂れ死にするような状況にいる人もたくさんいるのです。
だから、続けてほしい。そして出来れば、貧困だけでなく、たくさんの人災が、海を越えない、自分の生活圏にあることを知ってほしいです。
わたしは、ホワイトバンドは買ったとしても自分では身につけません。目に見えるものや形のあるものは消えてしまうので、そして消えないものを自分の内側に持っているつもりなので。
うざうざと書きましたが、ほんとに、ホワイトバンド否定してるわけじゃないの。

おあつうございます 

2005年08月07日(日) 19時24分
暑くて暑くて、代謝の悪いはずのわたしですが、汗が流れる滝の如し。
通勤の30分ちょっとの間に、化粧が流れ落ちてしまいます。
頭皮まで汗まみれ。くさいです。おそろしいです。
そして、昨日は、広島に原爆が投下された日でしたね。
4年前に亡くなったわたしの祖父は、戦時中軍医をしていました。原爆が落ちた時、広島のすぐ近くにいたため、被爆直後の広島の町へ、救援の命令を受けて行ったそうです。
それはそれは、衝撃的な光景を見たと言っていました。
祖父の手記を読むと、そのあまりの生々しさに、ひたすらおびえるばかりです。
祖父は理系にありがちな、頭の固い、融通のきかない、頑固な人でした。頭が良いだけに口では絶対に勝てなくて、言い争いでもなんでもない食卓の会話で言い負かされ、悔し泣きさせられたこともありました。
それでも、60年前の広島で、放射能を浴びまくりながら、不眠不休で働いた若い日の祖父のことを思うと、わたしはやっぱり彼にはかなわないのだな、と思います。
広島には、2回、行きました。1度目は友人と、2度目はひとりで。どちらの時も、まず、原爆ドームを見に行きました。平和記念公園の横を流れる川でジェットスキーをしている人たちや、芝生で遊ぶ子供達があまりにものんびりと感じられて、これを祖父にも見せたいと思いました。多分、広島に足を運びたくなんてなかっただろうけれど。
そんなこんなで、8/6は、わたしにはちょっと感慨深い日です。
ひとつ年下の従弟が、どういうことか、8/6生まれです。
彼いわく
「おじいちゃんが怖い話ばっかりするから、8/6になるとその事を思い出しちゃって、全然自分の誕生日だというのにお祝いされたい気持ちにならない。むしろ気分が重くなる」

かてない 

2005年08月03日(水) 22時09分
些細な段差に、いつも勝てません。
バランス感覚が非常に悪いと、高校時代の体育の先生に言われました。
それを証明するように、マラソンの授業では毎回転び、1ヶ月の間に2着のジャージが擦り切れました。
膝から大量出血し、履いていたルーズソックスに染みができたこともありました。
本日も、道を歩いていたら、ほんのちょっとの段差に見事にひっかかり、まんがのような転び方をしましたよ。
目の前にマクドナルドがあり、窓側の席に座っていた人達の目線をひとりじめしました。
ストリートミュージシャンのお兄さんが、お歌を中断して助けてくれました。
先日の花火の際も、下りの坂道の最後のところですっころび、左足が傷だらけです。スカート履けません。すね毛も剃れません。
これはおかしいです。
保育園時代、わたしはすこぶるバランスがよかったのです。目をつぶって片足でいつまでも立っていられた記憶があります。組体操でも大活躍だった記憶があります。マッチやシブがき隊の振り付けもテレビの前で華麗にこなしていたような気がします。
わたしの母親は運動神経がとてもいいです。本人いわく足は遅いらしいですが、水泳以外の種目はなんでもこなします。
わたしの父親は、水泳しかできません。
成長とともに、父親の血が色濃くなってきたのでしょうか。
二十代も半ばになって、父親と瓜二つと言われるのですが。化粧をしていても。
血筋には勝てないということなのでしょうか。


あー、足首痛い。

びみょうにこうしん 

2005年08月02日(火) 19時07分
トップページに、リンクとかバナーを貼ったりしました。
さんぷんさんぶんを新しいのにしました。


今日は暑さのせいか、ものすごく頭が痛くて、眠くて、よくわからないうちに昼間が終わってしまいました。
仕事で有楽町に行ったのですが、サマージャンボの最終日なのですね。駅前の販売所の横に、当選祈願の小さい鳥居とがらがらするやつが用意されていて、いい年齢のおじさまが笑顔でそこに手を合わせているのをみて、おもわず微笑みでした。
そういえば、宝くじって、買ったことが無いです。


さて、トップに貼ったリンクでございます。
はじめてです。
自分の名前を出すということ。
すごく簡単で、でもこわいですね。
ちなみに、Sweets Timeという曲の詞を書きました。
自分が普段書かないようなタイプのものなので、とても大変でした。でも、おもしろかったのです。
まだ試聴しかしていないですが、自分の書いたものと音楽と歌声が一緒になって、まったく新しいものができている、その感覚がたまりません。
テキストエディタの上にあった文字だけでは見えなかった世界が見えたような感じです。
ものを書くというは非常に地味な作業で、忍耐の無いわたしはモチベーションを持続させるのがしんどいのですが、しばらくこれでいけそうです。

かたりべあらわる 

2005年07月31日(日) 19時54分
花火に行きました。
友達に誘われ、車に乗せてもらい、神奈川某所へ。
このあたりの駅で、仕事してたな先月…と思ってみたり。
花火はすてきでした。
個人的な花火大会なのに、でかい打ち上げがあったりして、夏を満喫です。
昨日の花火パーティーは、30人近い人がいたんですが、わたしが知っている人はその中で3人だけ。あとはみんな知らない人。その中で、河原にシート広げて酒を飲み、誰かが火をおこして焼いた鮎を食べ、焼いた肉を食べ、とりあえず隣に座った人とビールで乾杯し、ガッチャマンについて語り、ナウシカごっこをし、花火に拍手をする。
すごく不思議な感じでした。
こういう空間に入っていくことは、もう自分の人生ではないのだろうと思っていたのです。
本当に、年齢があがるにつれ、新しい人と知り合い、親しくなる機会はどんどん減りますね。さらには、見知らぬ集団に入っていき、よくわからないままに楽しい時間を共有するなんて。
でも、悪くはないなあと思ったのでした。
友達の新車はかわいくて快適だったし。


そして、サイトをりにゅしました。
ちょっとずつでも、書いたものをアップしていきたいです。
書いたものをサイトで公開ってびみょうかしら、と思うようになり、ずっとインターネット放置プレイだったのですが、別にいいかな、と思い。
もう、おたく色でいくのです。
がんばるのです。
日記も、それまで、友達しか読まないというのを前提に書いていたのですが、それもちょっと変えてみたいのです。
もうちょっと、オープンな感じに。
ひとりごとだけどさ。
えいえいおー。

れいめんたべました 

2005年07月26日(火) 22時48分
バイトの人たちとの飲み会で、食わずに飲みすぎ、睡眠不足も手伝っていろいろ大変でした。
大人になれないです。
何をする気力もなく、ぼんやりしています。
バイトに行きたくない病。でも働かねば。
二日酔いで、でも酒の後にはラーメンだ、と思い、バイト先の近くのラーメン屋で冷麺を食べました。おいしかったけど、胃が泣いていました。あららら。
ここ1ヶ月くらい、ずっと気持ちがふさぐことがあったのですが、それが先日解決し、解放された感じで一気にアップになりすぎたみたいです。
気をつけないと。

かみかみかみ 

2005年07月24日(日) 20時05分
本日、バイトでシュレッダー祭りでした。
うちの職場のシュレッダーは、割と小さめです。なので、すぐにオーバーフローします。
すぐに高熱を出してギブします。
だめなこです。
4月からの個人情報保護条例のおかげで、今までゴミ箱にぽいしてたものも、シュレッダーにかけないといけなくなったのです。
大きいシュレッダー買ってください。
まだまだ、細切れにするものがてんこもりです。

おととい書いたマルチ、断固拒否の意思をかためました。
もともと断るつもりでしたが。
みくしでも書いたら、知り合いから
「マルチを勧める時点でその人は友達ではない」
とコメントをいただき。
ほんとにそのとおりです。
そして、そこがへこみの原因でもありました。
少なくとも、わたしはその人に好意を持っていて、仲良くしているつもりでいたので、そして相手も同じように思っていてくれるのだろうと思っていたので。
金づるにされるのがショックでした。
複雑ですな。人間って。
でも、その人の紹介しようとしている会社のことを、ネットで検索してみたら、大手のマルチらしく、色々と興味深いこともありました。
人生は勉強ですね。
マルチに授業料を払うつもりはないですけど。

ゆれましたね 

2005年07月23日(土) 20時00分
地震、すごかったですね。
実家のあたりは震度5でした。
心配になって電話してみたものの、混み合ってしまってまったくつながらなかったです。
メールも送れず。
心配と余震におびえながら…
寝てしまいました。
気がついたら夜になっていました。
父親と母親からメールが来ていて、無事を確認できて安心して、また寝てしまいました。
よくわからないけれど、猛烈に眠かったんです。
実家は、本棚が倒れたそうですが、怪我や家屋破損は無かったそうです。
二度寝していたら、友人から電話がありました。
地震で電車が止まってしまって、帰れなくなったということでした。
翌日バイトがあったので、ごめんしてしまいました。
日付変更間近だったので、赤坂まで出るのも難しそうだったし。
申し訳ないことをしました。

ばかはわたしですか 

2005年07月22日(金) 23時29分
今日は厄日でした。
バイト中、ガイキチみたいな女性に絡まれ。
そりゃあもう、ねっとり激しく。
疲れたところに、バイト仲間にマルチ商法の勧誘を突然受け。
マルチは宗教というのは本当ですね。
そして最後に、3つ年上の幼馴染の訃報。
これにかんしては、まったく実感が沸いていません。最近会っていなかったというのもあるけれど。
信じられない、びっくり。
だから、まだぜんぜん悲しくないのです。
同じ、もう会えない、もう会わないというのにしても、相手が死んでしまっていることを知っているといないでは、ものすごい差があるのだということを、いまさら思いました。

2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像みかそ
» かつあげみすい (2005年08月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:noidea
読者になる
Yapme!一覧
読者になる